加藤ジャンプの徒然ジャンプ

文筆家・加藤ジャンプの日記 〜コの字酒場探検家、ポテトサラダ探求家、09年からお客さん参加型『即興小説』やっています。 kato_jump115*ybb.ne.jp(*を@に変えて送信ください) ノンフィクションライター白石新のお問い合わせもこちらへどうぞ。

ごくごく最近の加藤ジャンプ:
*週刊朝日書評ページ『最後の読書』書きました
*dancyu東京特集で『立ち飲み番付』書きました
*dancyu 酒場特集で『きたやま』さんのことを書きました。
*テレビ東京系『二軒目どうする?』に出演しました〜
*HAILMARY magazineで毎月『終着駅でギムレットを』連載中
*ウェブ漫画「今夜は『コの字』で」を集英社インターナショナルHPで連載中(原作担当)http://www.shueisha-int.co.jp/
*dancyu中華特集で『味坊』さんのことを書きました。
*新潮社「考える人」で折り紙サークルについて書きました。数学の話デス。
*ALBAのノンフィクション、町工場で復活した伝説のクラブ屋について書いてます
*ALBAのノンフィクション、障害者ゴルフについて書いてます
*すみだ水族館「夜のスズムシ〜すみだ虫聴き〜」クリエイティブやりました。
*文化放送”くにまるジャパン”でコの字酒場のことをおしゃべりしました!
*すみだ水族館イベント「ウミガメQ」企画クリエイティブやってます。
*J-WAVE "GOLD RUSH"でコの字酒場のことをお話させていただきました!
*Free & Easy 7月号でもてなし料理を作ってます。パエリアとパスタ。そのレシピと使った調理器具が渋谷の東急ハンズでコーナー展開中です。
*dancyu7月号「記憶に残る名居酒屋」でコの字酒場の三四郎を紹介させていただきました。
*週刊現代5/11・18ゴールデンウィーク合併号『竹中直人さんインタビュー』素敵。この一言につきます。
*アルバ4月11日号『地図に載っていないゴルフ場 〜五島列島・小値賀島、浜崎鼻ゴルフ場の人々〜』
 五島列島にある島に島民自らが作ったゴルフ場があります。それはただのゴルフ場ではありません。自立のシンボルなんです。
*すみだ水族館 「すみだ水族館があなたの夢をかなえます〜ペンギン研究員〜』クリエイティブをやらせていただいてます。
*dancyu『日本一のレシピ』〜最強のポテトサラダを作る〜再掲載 見逃した方、ぜひ。むせかえるポテトサラダ実験の涙のレポートです
*Free & Easy 6月号 男のもてなし三ツ星料理 もてなし料理3品、作ってスタイリングして書きました。

週末のごちそう

d61a568e.jpg
またしても間があいてしまいました…。
さてさて…
ここのところ何をしていたかというと…。
ここんとこ快調だった、個人的書き物がすすまず、イライラ。
で、ぐだぐだしてしまい…。いろいろ気分転換をはかり、復活でございます。
気分転換には何をしておったか…。
その1。近所にできた映画館へ参りました。
「主人公は僕だった」
 ちょっと長いけど、いいです。
その2。レンタル映画
「ブレイブストーリー」
 その1の映画と同じ日の夜中に家で見たんですが、ゲームにはほとんど興味がないので、そこまではのめりこめず。 
 奇しくも、運命ってなことがあつかわれている映画。基本的には「受け入れなさい」と。
 この手の映画、人生をやり直す、もしくは、起こってしまった悲劇を回避したい!っていう筋書きで、最後には「それを受け入れろ」というのが定石。
 で、つねづね思ってきましたがな。そりゃそうなんだけど納得いかないんだなあ。
 だってね、どうしようもないから運命。それを変えるチャンスがありながら「受け入れろ」ってのはなんだか、諦めろっていうのに近い気がするんだなあ。
 肝心なのは「運命の向こう側」のことだからって思うんですわ。受け入れながら諦めないってのが大事だよなあ。
 そういう意味で、「主人公は僕だった」は、とっても納得がいく、それでいて説教臭くなかったのがステキ。まあ、ブレイブストーリーも、どっちかって言えば、「手段を選ばずってのはおかしいぜ」っていう話だったからちゃんと説得力はありました。
 それにしても、「主人公は僕だった」のパン屋の彼女を、チャーミングと受け取る日本人は、多くはあるまい!俺は好きだけど。

**本日のジャンプ食堂**
ほうれんそうと生ハムのパスタ(2人前)
所要時間7分
経費 約400円

用意するもの(2人前)
ほうれん草適量
生ハム切り落とし 6切れくらい適量
スパゲッティ 200グラム

胡椒
ガラスープ
サラダ油
0スパゲッティを茹でるために、とりあえずお湯をわかして…
1ほうれん草は水にしばらくさらして、適当な大きさにちぎり…
2フライパンにサラダ油をひいて、ほうれん草をいためます。そんなに強火でなくても結構。
3スパゲッティをゆではじめましょう…
4ほうれん草が炒められてきたら、ガラスープを大さじ1杯くらい、それに大さじ一杯半くらい茹で汁を入れて…
5ほうれん草に軽く塩胡椒をふって…
6スパゲッティが茹で上がったら、皿にとりわけ、炒めたほうれん草を汁ごとかけちゃって…
7生ハムを半分ずつにわけて、食べる時はまぜまぜしながら、どうぞ。

スンピョー
写真失敗しちゃって…食べ終わっちゃったイメージ画像でございます。
生ハムは成城石井とかKALDIとかで売ってる『切り落とし』。130グラム入りで300円以下。このパスタだったら6人前はあるからお得ですよん。



d61a568e.jpg
またしても間があいてしまいました…。
さてさて…
ここのところ何をしていたかというと…。
ここんとこ快調だった、個人的書き物がすすまず、イライラ。
で、ぐだぐだしてしまい…。いろいろ気分転換をはかり、復活でございます。
気分転換には何をしておったか…。
その1。近所にできた映画館へ参りました。
「主人公は僕だった」
 ちょっと長いけど、いいです。
その2。レンタル映画
「ブレイブストーリー」
 その1の映画と同じ日の夜中に家で見たんですが、ゲームにはほとんど興味がないので、そこまではのめりこめず。 
 奇しくも、運命ってなことがあつかわれている映画。基本的には「受け入れなさい」と。
 この手の映画、人生をやり直す、もしくは、起こってしまった悲劇を回避したい!っていう筋書きで、最後には「それを受け入れろ」というのが定石。
 で、つねづね思ってきましたがな。そりゃそうなんだけど納得いかないんだなあ。
 だってね、どうしようもないから運命。それを変えるチャンスがありながら「受け入れろ」ってのはなんだか、諦めろっていうのに近い気がするんだなあ。
 肝心なのは「運命の向こう側」のことだからって思うんですわ。受け入れながら諦めないってのが大事だよなあ。
 そういう意味で、「主人公は僕だった」は、とっても納得がいく、それでいて説教臭くなかったのがステキ。まあ、ブレイブストーリーも、どっちかって言えば、「手段を選ばずってのはおかしいぜ」っていう話だったからちゃんと説得力はありました。
 それにしても、「主人公は僕だった」のパン屋の彼女を、チャーミングと受け取る日本人は、多くはあるまい!俺は好きだけど。

**本日のジャンプ食堂**
ほうれんそうと生ハムのパスタ(2人前)
所要時間7分
経費 約400円

用意するもの(2人前)
ほうれん草適量
生ハム切り落とし 6切れくらい適量
スパゲッティ 200グラム

胡椒
ガラスープ
サラダ油
0スパゲッティを茹でるために、とりあえずお湯をわかして…
1ほうれん草は水にしばらくさらして、適当な大きさにちぎり…
2フライパンにサラダ油をひいて、ほうれん草をいためます。そんなに強火でなくても結構。
3スパゲッティをゆではじめましょう…
4ほうれん草が炒められてきたら、ガラスープを大さじ1杯くらい、それに大さじ一杯半くらい茹で汁を入れて…
5ほうれん草に軽く塩胡椒をふって…
6スパゲッティが茹で上がったら、皿にとりわけ、炒めたほうれん草を汁ごとかけちゃって…
7生ハムを半分ずつにわけて、食べる時はまぜまぜしながら、どうぞ。

スンピョー
写真失敗しちゃって…食べ終わっちゃったイメージ画像でございます。
生ハムは成城石井とかKALDIとかで売ってる『切り落とし』。130グラム入りで300円以下。このパスタだったら6人前はあるからお得ですよん。



下北沢の駅からてくてくと7分ばかり歩きます。
茶沢通りをずっとまっすぐ。何もなくなってきて不安になってくると
マッドマンなんて不思議なお店が向かって左側にあらわれ、もう少し先に梅が丘通りと茶沢通りが交わった交差点。その十字路のちょっと手前にその店はあります。
Tambourinタンブラン。

極端なのは何でも実は意外に成り立ちやすい。演技でも文章でも主義でも主張でも。
加減というのが実は難しい。

ひるがえってタンブラン。
国産のワインとおいしい料理が食べられるお店。
偶然、前を通りがかったら店主の女性と目があいまして。
なんか楽しそうだから入っちゃおうかしらん。
という出会いがはじまり。
ここがその加減が実にいい。
賑やか過ぎず、元気過ぎず、お洒落過ぎず、味も洋すぎず和すぎず…
越えない良さがたくさん満ちているお店でして。

先日久しぶりに行ったらやはりうまくて、書かずいられなくなってしまいました。
二人で2杯ずつは好きなものを飲んで、5品食べて5千円かかりません。
ラブリー。

ふと考えた。お店の名前はタンブラン。これってフランスの楽器ですよね。タンバリンのこともいうけれど、それ以前からある太鼓の名前がそう。
で、思い出した。ビゼーのファランド−ル。あれ、タンブランを使っているけれど、ほんとうによくアンコールで演奏されますよね。
この店はまさに、アンコールしたくなるお店であります。ちゃんちゃん。
絶賛してしまったな。

d5b8e18f.jpg今日は一日家にいる。
晩ご飯を作ろう。

ピリ辛マグロ

材料
マグロぶつきり1パック200グラムくらい
ラー油
XO醤 
豆板醤
タマネギ 半分
ネギ2分の1本
(材料は2人前)


ラー油大さじ1XO醤油大さじ2
豆板醤大さじ2
をボウルにまぜて、マグロとからめて5分おく。

タマネギいちょう切り、ネギは短冊に切って、熱したフライパンにサラダ油を入れて、ネギ類を先に炒める。

しんなりしたら、1のマグロをたれごといれる。マグロの表面が白くなってきたら、お酒を適量。アルコールをとばしてしばらく炒めつづけたらデキアガリ。

ビールに最高。これを熱々のご飯にのせるとまたおいしい。

金曜日の夜。我が家で4人で食事の約束。急いで東京から横浜の自宅へ。急ごう。乗るのは新幹線。
週末をひかえた新幹線は、お土産を持ったお父さんらしき人が多い。単身赴任か、出張の帰りか。一駅しか乗らないが、「帰郷」の雰囲気が味わえてよろしい。
さて、この日は中華ナイトを標榜していたので、こんな具合になりました。全部4人前(まあまあ小食な大人4人)。


ヤンタオフー

厚揚げと豚肉の煮込み
厚揚げ 2
豚(あんまり脂身のないもの)200
タマネギ 1
干し椎茸
オイスターソース
香酢
醤油

ガラスープ

いちょう切りのタマネギをごま油でざっと炒める。
厚揚げは8等分。豚肉も一緒に入れてガラスープで煮る。煮立ちはじめたらオイスターソースをドボドボ。香酢ドボ。醤油は少々。また煮立ったたらお酒。弱火で煮てできあがり。ほししいたけ入れるの忘れた。食べてくれたみんな、すみません!ほんとうは、はじめに戻し汁とガラスープで煮始める。そのほうがおいしいのよ。


スーラーXO牛肉
牛肉 しゃぶしゃぶぐらい薄切り 400
キュウリ1本
ラー油
醤油
XO醤
豆板醤

牛肉をお湯でさっと湯通し。レアぐらいでよろしい。お湯はすてない。
ボールには醤油少々(涙ひとつぶぅ)XO醤ドバドバ(大さじ2くらい?)ラー油ダラダラ(大さじ3くらい?)豆板醤(小さじ1くらい?)しっかりまぜる。
湯通ししてザルで水切りした牛肉をボウルのタレにからめる。しっかりからめる。
キュウリはピーラーでたて方向に薄切り。一緒に食べるとナイス。


マグロとエリンギのスイートサワー
マグロぶつきり刺身用200
エリンギ大 1
香酢
バルサミコ酢
みりん

フライパンでエリンギを炒める。火が通ったら。マグロも入れて火をとめて余熱でレアに炒める。もう一度強火でバルサミコ酢、香酢、みりんを一気に入れてだっと火が通ったらおしまい。酢豚のマグロ版


胡麻入り中華水炊き
 材料
鶏水炊き用400
白菜4分の1(ネギ2本)
ガラスープあるいは2のゆで汁
すりごまたっぷり
コショウ

タレ↓
テンメンジャン
サンバル(あるいは豆板醤)
みりん

ガラスープか2のゆで汁に鶏を入れてその上に白菜でフタをするようにいれて煮る。白菜がしんなりしてきたら、スリ胡麻をたっぷり。さらに粒コショウをばらばらと。

テンメンジャン、サンバル(豆板醤にしたときは塩がきいているので気をつける)をぐりぐりと混ぜて、みりんで溶く感じでタレを作る。甘辛ダレをつけて食べる鍋。胡麻を入れるのは京都のお住まいのライターの方の鍋にインスパイア(笑)されました。ありがとうございます。

e472413f.jpg アスパラとツナのスープ

 朝起きたら寒い。あったかい汁がのみたい。冷蔵庫をあける。タマネギのみ。缶詰を探す。アスパラとツナ缶はある。
 ローエミッションでいきたいから、缶詰の汁まで使いたい。ほほほ、いいこと思いついた。
 食ったらしかもうまかった。自画自賛。
 所要時間すべての行程で10分。
 
 材料(4人前・)

 アスラパラ缶 1(4号缶;トマトの缶詰とかあるでしょ、あれと同じ)
 ツナ缶 2
 タマネギ 大きめ1個
 水 3カップくらい
 鶏ガラスープの素 適量
 塩 適量
 あらびきコショー 適量
 
 
 1 タマネギを切る。
 2 熱した鍋にツナ缶を油ごとあけて、炒める。
 3 1のタマネギを入れてさらに炒める
 4 たまねぎが半分くらいしんなりしたら、アスパラ缶の汁を鍋に注ぐ。
 5 水かお湯を鍋に足し入れる(これで鍋一杯くらいになるように)
 5 鶏ガラスープを適量いれる
 6 アスパラを長いようなら切って鍋に
 7 一煮立ちしたら味を見て、あとは塩・コショーを入れてととのえる。
 
※写真失敗。携帯フォトはこんなもんかしら

2560c8bd.JPG

週末じゃないけど、今日はひさびさにアルモノ料理をしました。




アンチョビフィレ ちょいと
オリーブペースト ちょいと
粒マスタード ちょいと
レッチリパウダー
醤油 ちょいと
バルサミコ ちょいと
ミニトマト 4個
エリンギ ちょいと

以上をかきまわします。ちょいと、はだいたいティースプーンで1杯くらいかね。お好みで。
でラップして50秒くらいチン。できあがったら手でつぶしたプチトマトを2、3個入れてかきまわします。
手でつぶしたほうが通っぽいから手でつぶしましょう。それから、エリンギがあったら、薄切りにしてトースターで焼いときましょう。

あとはゆでたスパゲティに混ぜる。
これうまい。所用時間茹で時間入れて10分。

ほんとにうまい
友達のボリビアンダンサーも大絶賛。
お皿の後ろにいるRyohei人形も大絶賛。この人形、青山のABCで売ってます。しましまの部分がバラバラになる構造。木でできていて味です。

ごちそう

週末はごちそうなのです。
土曜は友人を招きました。いろいろ作りましたのでそのレシピ。まあ、行き当たりばったりの無手勝流なので、覚えてる範囲で。お酒には合うと思いますが、まあ手前味噌です。
さて、今回は6品。暑い日がつづきましたので、元気が出そうなものを考えました。
材料はすべて4人前です。といっても大食い4人前です。それぞれ友達の感想を引用しましたが、若干脚色はしています。
?豆腐のぐちゃぐちゃくん
絹ごし豆腐一丁
オクラ(ネットに入った1袋)
青さ(青のり。生か乾燥を戻したもの)
タレ:醤油、酢、バルサミコ、ごま、タマネギのおろしたもの
これは簡単。豆腐と5ミリ程度に切ったオクラと青さと、醤油、酢、バルサミコ、ごま、タマネギのおろしたものを混ぜて作ったタレを混ぜます。よく冷やして。夏の白和えって感じです。おかまの友達が小指を立ててしまうほど美味しいって言ってくれました。
?まぐろのスーパーさっぱり
まぐろ1サク
キュウリ2本
セロリ1本

タレ:かぼす汁、醤油、酢、オリーブオイル、ケッパー
まぐろはブツ切り、キュウリセロリは1センチ角くらいに切って、上の調味料を1:1:1:1の分量で混ぜます。ほかに粒マスタードを入れてもうまいです。なんちゃってマリネですな。マグロ似の友達が泣きながら食べてました。
?かぼちゃとひき肉のインド的出会い
かぼちゃ2分の1個
豚ひき肉250グラム
固形スープか鶏ガラスープ
醤油
味醂
コショウ
カレー粉

かぼちゃをカレー風味で煮ます。まずはひき肉を鍋でいためます。炒めたら、今度はかぼちゃを適当な大きさにしてひたひた程度のお湯をいれます。かぼちゃは固い方を鍋の底、黄色い実のほうは上向きに。固形スープを入れて少し煮えてきたらあとは上の調味料を適当に入れてください。あくとりはまめに。それさえすれば大丈夫。うまいです。それから、最後にごま油をちょいと入れてもおいしくなりますよ。インドの人が喜んでました。
?レモンがしみる冷しゃぶ
豚肉しゃぶしゃぶ用500グラム
水菜
お酒
レモン
みりん
醤油
コショウ

パプリカ
水菜をよく洗って、4センチくらいの長さに切る。水気を切って皿にしきます。お湯をはった鍋にお酒を少々。煮立ったらしゃぶしゃぶしてください。とりあげて、ザルでよく湯を切ったら、水菜の上に山盛りにしましょう。そこへ、上の調味料をまぜたタレをぶっかけましょう。パプリカは最後にふってもいいです。赤くてかわいいですから。ハンガリー時代の親友も大好物です。
?サワラのマヨソース
サワラ切り身2切れ
タマネギ1個
マヨネーズ
ウスターソース
粒マスタード
バルサミコ
サワラの切り身を3センチくらいの幅できりわけたら、フライパンで炒めます。いたまったらお皿にとりあげます。タマネギをみじん切りにして同じフライパンで炒めましょう。透明になったら上の調味料を、そうですねえ、だいたいマヨネーズを5にウスターソースとバルサミコが1ずつで3がマスタードくらいの割合ですかなあ…で炒めたたまねぎとまぜて炒めてソースを仕上げます。それを皿のさわらにかけて出来上がり。西洋風もいいじゃねえか、と言いながら銚子に住んでる漁師の友達も平らげてくれました。
?キノコきのこ
まいたけ
しめじ
長ネギ
醤油
ごま
味醂
がらスープ
これは簡単にできて、冷めてもおいしいおつまみです。はっきり言ってきのこなら何でもいいです。適当な大きさに切ってごま油で炒めます。しんなりしてきたらガラスープをほんの少しいれて、フタをして蒸します。ネギも一緒に。てきとうなところでお皿にあげて、上の調味料をまぜたものを結構多めにかけましょう。冷やしてもいいです。まあ、おいしい。おかっぱでドラマーの友達の好物です。
以上6品。だまされたと思っておためしくださいませ!

↑このページのトップヘ