加藤ジャンプの徒然ジャンプ

文筆家・加藤ジャンプの日記 〜コの字酒場探検家、ポテトサラダ探求家、09年からお客さん参加型『即興小説』やっています。 kato_jump115*ybb.ne.jp(*を@に変えて送信ください) ノンフィクションライター白石新のお問い合わせもこちらへどうぞ。

ごくごく最近の加藤ジャンプ:
*週刊朝日書評ページ『最後の読書』書きました
*dancyu東京特集で『立ち飲み番付』書きました
*dancyu 酒場特集で『きたやま』さんのことを書きました。
*テレビ東京系『二軒目どうする?』に出演しました〜
*HAILMARY magazineで毎月『終着駅でギムレットを』連載中
*ウェブ漫画「今夜は『コの字』で」を集英社インターナショナルHPで連載中(原作担当)http://www.shueisha-int.co.jp/
*dancyu中華特集で『味坊』さんのことを書きました。
*新潮社「考える人」で折り紙サークルについて書きました。数学の話デス。
*ALBAのノンフィクション、町工場で復活した伝説のクラブ屋について書いてます
*ALBAのノンフィクション、障害者ゴルフについて書いてます
*すみだ水族館「夜のスズムシ〜すみだ虫聴き〜」クリエイティブやりました。
*文化放送”くにまるジャパン”でコの字酒場のことをおしゃべりしました!
*すみだ水族館イベント「ウミガメQ」企画クリエイティブやってます。
*J-WAVE "GOLD RUSH"でコの字酒場のことをお話させていただきました!
*Free & Easy 7月号でもてなし料理を作ってます。パエリアとパスタ。そのレシピと使った調理器具が渋谷の東急ハンズでコーナー展開中です。
*dancyu7月号「記憶に残る名居酒屋」でコの字酒場の三四郎を紹介させていただきました。
*週刊現代5/11・18ゴールデンウィーク合併号『竹中直人さんインタビュー』素敵。この一言につきます。
*アルバ4月11日号『地図に載っていないゴルフ場 〜五島列島・小値賀島、浜崎鼻ゴルフ場の人々〜』
 五島列島にある島に島民自らが作ったゴルフ場があります。それはただのゴルフ場ではありません。自立のシンボルなんです。
*すみだ水族館 「すみだ水族館があなたの夢をかなえます〜ペンギン研究員〜』クリエイティブをやらせていただいてます。
*dancyu『日本一のレシピ』〜最強のポテトサラダを作る〜再掲載 見逃した方、ぜひ。むせかえるポテトサラダ実験の涙のレポートです
*Free & Easy 6月号 男のもてなし三ツ星料理 もてなし料理3品、作ってスタイリングして書きました。

はまりもの

f4905ee0.jpgやきものの本を作っているのでいろんなお店に取材に行っています。
で、行く先々で、ついついよき器との出会いがありまして。そのたびに買ってしまうのです。この本に本腰を入れてから、ただでさえ多かった僕の家の器が、またまたどばーっと大増員。店でもやっか?

そんななか、昨日、同じ大学を出てしっかり会社員をやりながら、お店をやっている女性を紹介してもらいました。楽しい人のお店は楽しい。あれもこれも欲しくなりましたが、まあそこは、たしなみのある人間ぶって、物欲を抑えつつ…。

で、やっぱり、抗し難い出会いがありまして。
この酒器。
動物の顔がいいんです。飲めばどんどん笑顔になっちゃうんですな。今時の鳥獣戯画、高山寺といいましょうか。

さっそく今日の夜しっぽり使い初め…。
くちあたりもよく、こりゃあたまらんよ。

一人暮らしは、どうしても家じゃ飯が食えない日も多いんですが…。ま、コンビニの総菜も、器にうつすだけでおいしくなるし、もっと使わないとねえ。なんてしみじみと日曜の夜はふけるのでした。

2a55a3bc.jpg「叫び」。ムンクのほかの絵なんて知らなくても、この絵を知らない人はいないだろう。
だいたいムンクって何人?いつごろの人?女?男?
そんなもんである。
ぼくもそんなもんである。
だが、この絵がオスロの美術館から盗まれたニュースも、それを取り戻したというニュースも記憶にあった。
この本は、そのムンクの「叫び」の盗難から奪還、それをめぐるスコットランドヤードの特命刑事の囮捜査の顛末を描いたもの。
事件そのものの描写はもちろん、ひいては美術をめぐる裏のビジネス、スコットランドヤードの組織(つぶされそうな特命係なんて小説だけに登場するものじゃないのだ!)まで描かれ、読み続けるばかり。
面白い。
登場する人物がまた魅力的で。主人公のスコットランドヤードの刑事。
写真も出ているんだが、とてもとても、そんな仕事をしているようには思えないほど牧歌的な相貌。
こういう人がきれるんである。
原文の言い回しが透けてるような翻訳がときおり鼻につくけれど、まあいい。とにかく、つまらないミステリーを読んでる時間なんかない。これを読む。
ただし、美術館の警備員は夜勤の眠気覚ましには読まないように。夢中になって、目玉の展示物の1つや2つ盗まれても気付かないといけないから(いまいちな翻訳風に結んでみた)。

bce53447.jpg日曜に日本民芸館に行ってきた。
駒場東大前からてくてくと東大の産業ナントカの方へ歩いていくと7分くらいのところ。このあたりは立派な家も多いし、なんだか目黒のくせに気温が少し低く感じる。
はたして今日で何度めか、ここへ来るのは。
まず建物がよろしい。幅の広い玄関を入ると、ポーチは大谷石。夏に行くとひんやりして気持ちいい。
正面には大きな階段。黒光りしてまたよろしい。踊り場から左右にわかれ、ポーチ上に大きな吹き抜け構成している。闇雲にガラス張りにして開放感を声高に言う建築家がいるけれど、そういうのとは違う。
床から柱からどれも気持ちのいいものばかり。
肝心の展示は、今回は茶碗なんかが多くて、芋煮のせたい、茶漬けに使いたい、わさび漬け入れたい…なんていう気持ちで見て回る。愉快。
土産に、充実しているここの売店で蕎麦猪口一つ。墨と青の縞。家に帰ってから茶を入れて飲む。
贅沢な一日。

遅まきながら映画「ALWAYS 三丁目の夕日」を見ました。
渋谷の映画館ではあったけれど、おかしな若いのは全然見当たらず。当然と言えば当然。

オープニングですでに落涙。
売れない作家。気が小さいのにプライドが高くて、腕力はからっきしで、女性の前でふにゃふにゃ。そして、その作家の家に居候する少年。彼が自由帳につづった創作を、級友がつづきをせがむ。
感情移入は否応なしに高まり、ぼくは、2時間強のうち1時間は泣いていたでしょうか。
上野駅の群衆シーンで若干違和感を覚えたのですが、そんなことは瑣末。ノスタルジーに対する反感やら、善人を描くために過去を舞台にしたあざとさ、といった見方もあるかと思います。
知るか!
ノスタルジー最高。善人最高。
善人といっても、この映画に出てくる人は、お金なんかどうでもいい、なんて思っていません。上昇志向もあるし、豊かな暮らしをもとめる気持ちも、人並み以上にあります。
ただ、銭ゲバじゃない。
愛情いっぱい。最高。

今回は関係者の方にいただいたチケットで見てしまいました。自腹でもう一回見ます。そのくらいいいです。

301b1304.jpg 本日、丸の内丸善本店にて打ち合わせ。 
 あそこの一番上の階は文具や雑貨が充実していて、いつもよけいなものを買ってしまいます。
 そして、またしても彼らを購入。 
 チェコからはるばるやってきた人形です。
 左の犬君は、巧い具合に右手があがっている。ヨッ。買ってくかい?みたいな。
 右のてんとう虫は「買わないと運悪くなるよ」とニコニコしながら言ってるような気がします。
 そんな会話が脳内で繰り広げられ、ぼくは迷わずレジへ。
 すでに我が家にはこの手の人形が4人います。後輩2人を加え、ついに6人。早いとこサッカーチームにしたい。
 しかし長生きしたら、こういうものは一体いくつ増えるのでしょうか?かわいいからいいんですけね。
 実は今、原稿が進まず、彼らを眺めながら書いています。夜は更ける。いや明ける。彼ら寝ている間に書いてくれないかしらん…

9dbc9074.jpg 今日は夕方から雨がぽつりぽつりと降ってきて。
 雨だし、ビデオを借りた。
 ゆっくり映画を楽しむときは、お酒もいいけどお茶もいい。
 とうぜん好きな茶碗にいれる。これは笠間の大川弘明さんという方のもの。
 表面に椿が彫ってあって、色は渋いグリーン。口当たりといい手触りといい、これがまた買ったときから馴染んでしまって、大好きな茶碗なのである。
 で、この茶碗でお茶を飲みながらみた映画は大概面白い。
 それは今日も同じ。
 モンスターズインクは今更だけど評判に違わぬ面白さ。
 こんなの作ったら、次に作るの大変だろうなと、お茶を飲みながら思う。それはこういう茶碗を作るのだって同じだろうね。ただ、こういうものはつづけて同じものを作るということもしなくてはいけないし、また別な苦労があるんだろうな。それにしても2年ほど前に買ったんだけれど、なんで1組しか買わなかったのか、とお客が大勢来たときはきまって思う。笠間は近いけどしょっちゅう行けるほど近くはないし。それに、今でもこの茶碗を大川さんが作っているかどうかもわからない。
 
 夕方の雨のせいで、またコンビニでビニール傘を買ってしまった。こういものはどんどん増えるのにね。
 とりとめないなあ。
 
 
 

1b89a498.jpg 友達に、イサム・ノグチのアカリ、どのタイプ?との問いかけ多く。
 これです。
 赤いのは今しか買えないよう。ほっとする灯りですよ。
 

30f2d4dd.jpg あけましておめでとうございます。
 年末は、新しい友達や古い友達とも会えてよかった。
 明けて新年、今年はなんとかしたい仕事があり、それに集中…できればいいけれど、なかなかはかどりません。まあ、ちょいちょいっといくよりは、頭かきかき、髪の毛ぐしゃぐしゃっていう状況も悪くないんですが。とにかく、これは形にしないと、なのです。がんばります!
 その仕事の資料がほしくてちょっと本屋に行きました。
 ついでにちょっとしたお店があったので、入りました。
 そこでこの茶碗に会ってしまって…。
 昨年も別なお店でこの人の作ったこの器を見たことがありました。そのときは我慢。村田森さんという作家の方は、名前がなんとなく似ていて。年は一つ上の人で、なんだか同級生のような気がしてました。手に取って、しっくりきて。去年も欲しくてたまらなかったのですが我慢しました。
 で、やっぱり欲しかったなあと、かねがね思っていたら、突然、再会したわけです。目玉が飛び出るほどの値段というわけじゃないし、まあ年初からがんばってるしなあ、なんて言い訳しいしい買いました。2度も会うんだから、これは縁ですもの。待たせたねえ。
 もう朝ですが、こいつに番茶をいれて飲んでます。気分、気分。また一行はかどりそうです。
 
 昨年と概ね似たような調子ですね。
 とまれ、お世話になったみなさま、今年もよろしくお願いいたします。

 明かりというのは大事で。
 クリスマスプレゼントに、イサム・ノグチのakariをもらった。スタンドと丸いペンダント。
 早速つけかえてみる。
 気持ちいい。和紙のシェードに白熱灯は、提灯を思わせる。
 ぼくの家は築年数が30年を越え、随分と底冷えがする。その部屋が随分あったかくなった気がする。
 太陽に代わるものをずっと探しつづけてきたのが蛍光灯の歴史なら、これは、いい陰をつくる逆算の光を探した結果かもしれません。冬休みは谷崎潤一郎でも読んでみましょうか。もちろんakariの光で。

3c2c15c4.jpg 朝になっちゃった。
 コーヒーを飲もうと思ったら、きらしちゃった。
 まいったなあ。こりゃあ、もう寝ろということかねえ。

そういえば、この前デパートに行ったら、会員限定割引というのをやっている。
 しめしめ、と、前からほしかったカップ&ソーサーを買う。ロイヤルコペンハーゲンの白いの。5組しか在庫がなくて、配送手配。早く来ないかな。
 それまでに、おいしいコーヒーを買っておくか。
少しふんぱつしとこうかな。

(左はじがコーヒーの容れ物。お茶の類いはこういう瓶にいれておきます)

家に置いてある鉢植えの勢いがない。
触れると、ぱらりと葉が落ちるようになってきた。


写真家の星野道夫が書いた「旅をする木」。アラスカを拠点に写真を取り続け、カムチャッカで不慮の事故により亡くなったカメラマンのエッセー集だ。
これをさっき読み終えたところ。
池沢夏樹が寄せた文庫の解説(これが、いい。ぼくがいつか死んだら、こういうことをぼくの本に書いてもらえたらと思うよ)が言うように、カメラマンが過ごしたすばらしい時間。ただそれだけを書いた本である。
表題作は、トウヒという木の種が、周り回って育っていくエピソードだけれど、こういうものを読んでいると、ロハスなんて言葉が、なんだかただ金儲けの道具に思えてきてしまう。
照れ隠しというか、飲み屋なんかで、脈絡にもよるけれど、「ぼくは俗物」なんてよく言ってきた。
でも、この本を読んだら、生き物はとりあえずすべからく俗物で、だからこそ誇りを胸にできるように、がんばったりするのかなあ、なんて思ったりして。
禅寺で一週間体験修行みたいなことをやって家に帰り、それまで掃除機も触ったことのない人が朝から雑巾がけしてしまう、みたいな心境。いや、禅寺の修行みたいな辛さはみじんもないんだけどね、この本は。


例の鉢植えを実家の庭に植え直そうと考えている。
風呂にも入らないで野営なんて、ぼくはあんまり好きじゃないけど、かっこいいなと思う人がいて、「その人だったらこうするかな」なんて思ってやる。つまりは真似だけど、いいものを真似るのはわりといいことだと思うのよ。

「東京大学のアルバート・アイラー」という本がすこぶるつきに面白い。
ほうぼうで話題ですけどね、すでに。
菊池成孔と大谷能生の二人のクレジットがあるけれど、内容は菊池氏が東大で行ったジャズ史のゼミの講義録。
そのときのブレーンが大谷氏という構図。
菊池氏の語り口をそのまま活かしていて臨場感たっぷり。また、この人の口調がいいんだなあ。聞いたことほとんどないんですけどね、喋ってるところ。もとの調子がいいから、活字になっても滑らかでするする耳に入ってくる。東大は贅沢だね。

「授業」を受けながら思い出した。

高校のころ、クラスにあだ名が「スコットランド」という奴がいたんだなあ。
物理の先生が音楽好きでスコットランドの音楽の音階は12音平均律じゃないって話をしてくれて。その話を聞いた後、ちょっと音痴だったクラスメートが「スコットランド出身なんだ!」と言って笑いをとったんです。はっきり言って今じゃ全然面白くないけど。
それからしばらく奴は「スコットランド」と呼ばれていました。

にやにやしながら読み進めています。

1d7ab0b2.JPG結構浸透しているようですが、この豆腐。
「風にふかれて豆腐屋ジョニー」
ふざけたネーミング。こったパッケージ。そしてちょっと高めの価格。
こういうのを狙い過ぎって言うのよ、と思って、ぼくはスーパーでもあえて無視しておりました。
気にはなるのだけど。ぼくは優等生。そして彼女はちょとグレている。そんな中学のクラスのように。
しかし、超親友が一丁購入したのを、ちらと分けてもらってびっくり。

まずは手にして驚愕。その大きさに比して、ずしりと重みがある。水気を含み、フルイドのように手の動きより少し遅れて中身が動く。
いきなりセクシー。
笹舟のようなパッケージを覆う和紙風のふた。ぺろりと剥いたそのとき、艶やかな白い肌が顔を出す。
たまらなくセンシュアル。
こらえられない。ぼくはスプーンを…。そうスプーンでなくてはこわれてしまいそうにプルプルしているのです。
だからスプーンを、いや、この豆腐の名前の文脈的には「匙」をぶすりと指しました。それも四角い形のアイスクリーム用の匙を。ぷりんとした弾力。まさにウェストミーツイースト。そして、そこはかとなくインモラル。
おもむろに口へ。おっとその前に塩を一振り。うまい豆腐は塩だぜベイビー。
ぱく。むちょむちょ。やわらかいのに歯ごたえもある。
ふった塩もよかったのか。
甘さを持った豆腐が、塩に刺激され、さらに奥深く。何か乳製品のごとき香りをともなってぼくの舌をすべるのどを過ぎる。
酸味のない超高級ヨーグルト、あるいはくどさのないヤギの乳のチーズ。あーなんておいしいんだろう。
優等生はグレた彼女の魅力にやられた。そういう、ぷち背徳の味がする。なんかしちゃいけないことをしている気分。そして…昇天。

まあ、大げさなんだけどね。はまっちゃった。ジョニー。お前すげえよ。

4fd6f3f8.JPG金曜日はハマりものの日です。
さて、写真をごらんください。コレ、チェコの小さい人形です。コレが最後の一個と思って買っているうちに4兄弟になってしまいました…。
木製で四肢はヒモ。色も鮮やかで実に丁寧に作られています。最近はいろんなお店で売っていまして、よかったら一度見てやってください。誰がどう見ても手作りで、同じ種類でも顔が一つ一つ違います。大雑把な人が作ったのは目があちゃこちゃ向いていたり、几帳面な人が作ったのは口元が笑顔なのに緊張感があったり…と勝手な想像をするのも一つの楽しみです。うちのは割といい顔のをそろえているなと自負していますが、まあ、親馬鹿みたいなものですな。さて、こういう話をしていて思い出すのが、ぼくのアイドル河井寛次郎。陶芸家の彼が「有名は無名に勝てない」と語っておられます。しびれる一言です。何についてもそうだろうなと思うのですが、ともずれば、誰が作ったからいいと思ってしまったりとか、誰が言ったから信じてしまったりとか、「誰」の部分ばかりに気を取られること多いですよね。
今日、有名な占い師の女性が出ているテレビ番組を見ていて、そんなことを思いました。

↑このページのトップヘ