お洗濯をしていてふと気づいたのです。
パンツはすぐに着替えが底をつきそうになるのに、
靴下はやけにいっぱいあるな、と。 
 もちろん清潔でかわいいおじさんを
目指していますので、毎日ちゃんと着替えます。
 とまれ、とにかく数が気になって手持ちの
パンツと靴下を数えてみたところ、
 パンツは7枚
 靴下は47足
 ありました。完全に不均衡。
 数字だけ見ると
靴下をパンツ代わりにしている変態と思われかねない。
 で、パンツは毎日かえて洗濯しなくても一週間もつ、
ちょうどいいくらいのボリュームです。
 ひるがえって靴下
「大奥」みたいに肥大化しています。
     籐のカゴのなかに中華の饅頭の花巻みたいに
丸めて並べてしまっているのですが、
そのカゴのなかを見るたび、
「今日は履いてよ」
 と靴下にせまられている気になります。
 すごくこわいキャバクラみたい。
   さらにカゴのなかを見つめ続けていると
だんだん靴下が不憫に思えてきて、なんとか履いてやらないと、
とジリジリしてくるのです。
しかも47足ってなんか物騒。
討ち入りされそうな数だし。
  
で、で、
仮にパンツと同じように一週間で履き尽くすとしたら、
1日だいたい7回くらい履き替えないといけません。
忙しくて仕事になりません。
だったら一度に何足も重ね履きするというても考えられますが、
そんなことをしたら靴が入らない。無理にやると、
ビルケンシュトックしか履かない
いきすぎナチュラルさんになってしまいます。
なんてことを考えて
現実逃避をしている私は今日、はだしで過ごしてます。


IMG_0414