国立劇場小劇場にて
文楽 奥州安達原を観る

環の宮明御殿の段
竹本千歳太夫さんと豊沢富助さん

袖萩が三味線を弾きながら唄うところ、

舞台上ですべてシンクロする瞬間、たまらん
人形の三味線の指の動きと富助さん
そして
千歳太夫さんの声

あーーしびれる
むちゃくちゃかっこいい

いいものを観た

難を言えば一つだけ
途中、二人の掛け声
まったくいただけなかった
静かに観てくれ