加藤ジャンプの徒然ジャンプ

文筆家・加藤ジャンプの日記 〜コの字酒場探検家、ポテトサラダ探求家、09年からお客さん参加型『即興小説』やっています。 kato_jump115*ybb.ne.jp(*を@に変えて送信ください) ノンフィクションライター白石新のお問い合わせもこちらへどうぞ。

ごくごく最近の加藤ジャンプ:
*週刊朝日書評ページ『最後の読書』書きました
*dancyu東京特集で『立ち飲み番付』書きました
*dancyu 酒場特集で『きたやま』さんのことを書きました。
*テレビ東京系『二軒目どうする?』に出演しました〜
*HAILMARY magazineで毎月『終着駅でギムレットを』連載中
*ウェブ漫画「今夜は『コの字』で」を集英社インターナショナルHPで連載中(原作担当)http://www.shueisha-int.co.jp/
*dancyu中華特集で『味坊』さんのことを書きました。
*新潮社「考える人」で折り紙サークルについて書きました。数学の話デス。
*ALBAのノンフィクション、町工場で復活した伝説のクラブ屋について書いてます
*ALBAのノンフィクション、障害者ゴルフについて書いてます
*すみだ水族館「夜のスズムシ〜すみだ虫聴き〜」クリエイティブやりました。
*文化放送”くにまるジャパン”でコの字酒場のことをおしゃべりしました!
*すみだ水族館イベント「ウミガメQ」企画クリエイティブやってます。
*J-WAVE "GOLD RUSH"でコの字酒場のことをお話させていただきました!
*Free & Easy 7月号でもてなし料理を作ってます。パエリアとパスタ。そのレシピと使った調理器具が渋谷の東急ハンズでコーナー展開中です。
*dancyu7月号「記憶に残る名居酒屋」でコの字酒場の三四郎を紹介させていただきました。
*週刊現代5/11・18ゴールデンウィーク合併号『竹中直人さんインタビュー』素敵。この一言につきます。
*アルバ4月11日号『地図に載っていないゴルフ場 〜五島列島・小値賀島、浜崎鼻ゴルフ場の人々〜』
 五島列島にある島に島民自らが作ったゴルフ場があります。それはただのゴルフ場ではありません。自立のシンボルなんです。
*すみだ水族館 「すみだ水族館があなたの夢をかなえます〜ペンギン研究員〜』クリエイティブをやらせていただいてます。
*dancyu『日本一のレシピ』〜最強のポテトサラダを作る〜再掲載 見逃した方、ぜひ。むせかえるポテトサラダ実験の涙のレポートです
*Free & Easy 6月号 男のもてなし三ツ星料理 もてなし料理3品、作ってスタイリングして書きました。

2017年07月

先日、友だちのOさんと子安で待ち合わせまして、
市民酒場諸星さんに久方ぶりにうかがいました。
六時半にはもはやほぼ満席だったんですが、
粋な二人組が「おう、俺達もう出るからぁ」と
席をあけてくれました。涙。いい酒場にはこういう粋ってもんが生きている。この出来事だけで二合は飲めます。
入っていったら
「ジャンプさん!」
と声をかけてくださる人が。なんと目の前に先日、敬愛する倉嶋紀和子師匠の講座に漫談ゲストで出たときに受講なさってたユーコさんじゃないですか!なにこれ、即効合流。
いいですなあ、酒って。わいわいと飲みつつ、ユーコさんのことをずっと「サチコ」と呼びつづけた、まったく知らない隣のおじさん(歯は少なめ)も一緒に酔った、
文月や五日もけっこう常の夜には似てないぜ、ってな
七夕の二日前の夜でした。

こないだのdancyu酒場号にて、大塚のお店「きたやま」さんのことを書かせていただきました。
このお店はですね……実は……ということは記事に書いてます。
なんていうんでしょうか、
私はここへうかがうたびにですね、ちょっと成長したような気持になるんですよ。それで、つぎはもうちょっと良いおじさんになって来たいなあとか。お酒って、人によっては無闇に気が大きくなっちゃったりして、あんまりそういうところは僕はないんですが、それでも、でれーっとしたり、いろいろ、「やっちゃったなぁ……」なんて思ってしまうことも多々あったりするんですが、
この店については、そういう思いしたことありません。断言。
すいすいと飲んで、すとんと寝る。
天国です。だから長居しないで、さくっと帰る。
なんて書いてるうちに、もう行きたくなってきた。どこでもドアあったら、日参してんだけどなあ。
写真は大橋仁さんが撮ってくださいました。最高です、言うまでもないけど。



先日、週刊朝日の『最後の読書』というコラムを書かせていただきました。書評ページのなかにある、死ぬ前に何を読むか、というテーマの書評/エッセーです。
私はというと、魔法使いに弟子入りする少年の話しです。ドイツの話しですが、はじめて知ったのは、中学の頃、だいたい今から30年ちょっと前、親父の持ってた文藝春秋のなかで、丸谷才一さんがオモシロイと語っていたのを読んで、「これ読むべ」と思って読んだのが最初の出会いでありました。
あ、「クラバート」という本です。
本にまつわることを書くのは、ほんとうに楽しい、
ああ、俺、本が好きだなあ、なんてコレを書いていて
ひじょーに感慨深うございました。
顔写真入りで、
友人が
「故人感がすごい!」
と激賞してくれました。これからもしぶとく生きる所存です。


あの大漢和辞典の大修館書店で「辞書のほん」というフリーマガジンが発行されていたんですが、毎号辞書にまつわる掌編小説が掲載されていました。それをまとめた『小辞譚』というアンソロジーが発売されまして、不肖ジャンプも一編書いております。書き下ろしでございます。僕以外は、ほんとうに錚々たる方々が書いてまして、
私のはうな丼にくっついてきた漬け物みたいな感じで読んでいただけたら幸いです。漬け物案外おいしいよ。
ちょこっと内容にふれますと、まあ、女子が主人公でして、
独り語りであります。
仲良くしていただいている或るデザイナーの方が読後に
「ジャンプ、カミングアウトしたのかと思った」
と言っておられました。違います。これフィクションですから。
私としては人様の目にふれるフィクションはこれが初めてでして、
デビュー作なのであります。初孫?みたいな感じです。
なにとぞご贔屓に〜



↑このページのトップヘ