加藤ジャンプの徒然ジャンプ

文筆家・加藤ジャンプの日記 〜コの字酒場探検家、ポテトサラダ探求家、09年からお客さん参加型『即興小説』やっています。 kato_jump115*ybb.ne.jp(*を@に変えて送信ください) ノンフィクションライター白石新のお問い合わせもこちらへどうぞ。

ごくごく最近の加藤ジャンプ:
*週刊朝日書評ページ『最後の読書』書きました
*dancyu東京特集で『立ち飲み番付』書きました
*dancyu 酒場特集で『きたやま』さんのことを書きました。
*テレビ東京系『二軒目どうする?』に出演しました〜
*HAILMARY magazineで毎月『終着駅でギムレットを』連載中
*ウェブ漫画「今夜は『コの字』で」を集英社インターナショナルHPで連載中(原作担当)http://www.shueisha-int.co.jp/
*dancyu中華特集で『味坊』さんのことを書きました。
*新潮社「考える人」で折り紙サークルについて書きました。数学の話デス。
*ALBAのノンフィクション、町工場で復活した伝説のクラブ屋について書いてます
*ALBAのノンフィクション、障害者ゴルフについて書いてます
*すみだ水族館「夜のスズムシ〜すみだ虫聴き〜」クリエイティブやりました。
*文化放送”くにまるジャパン”でコの字酒場のことをおしゃべりしました!
*すみだ水族館イベント「ウミガメQ」企画クリエイティブやってます。
*J-WAVE "GOLD RUSH"でコの字酒場のことをお話させていただきました!
*Free & Easy 7月号でもてなし料理を作ってます。パエリアとパスタ。そのレシピと使った調理器具が渋谷の東急ハンズでコーナー展開中です。
*dancyu7月号「記憶に残る名居酒屋」でコの字酒場の三四郎を紹介させていただきました。
*週刊現代5/11・18ゴールデンウィーク合併号『竹中直人さんインタビュー』素敵。この一言につきます。
*アルバ4月11日号『地図に載っていないゴルフ場 〜五島列島・小値賀島、浜崎鼻ゴルフ場の人々〜』
 五島列島にある島に島民自らが作ったゴルフ場があります。それはただのゴルフ場ではありません。自立のシンボルなんです。
*すみだ水族館 「すみだ水族館があなたの夢をかなえます〜ペンギン研究員〜』クリエイティブをやらせていただいてます。
*dancyu『日本一のレシピ』〜最強のポテトサラダを作る〜再掲載 見逃した方、ぜひ。むせかえるポテトサラダ実験の涙のレポートです
*Free & Easy 6月号 男のもてなし三ツ星料理 もてなし料理3品、作ってスタイリングして書きました。

2015年04月

こんにちは、加藤ジャンプです。
告知です。
今発売中の週刊新潮で
白石新名義で
五島列島の小値賀島のことを特別読物として書きました。
いいところなんです、小値賀島。
よかったらお読みくださいませ。

 

パンツのストックがなくなってしまい、干してあるドーベルマンワイフのパンツを拝借しかけたライター加藤ジャンプです。

ひきつづきパンツです。
職質されて、うっかりノーパンだったりしたら言い逃れができなさそう…
それゆえノーパンは避けたい。
新調しようとAmazonで検索しました。パンツで検索したら32万件もヒット。
ページを繰っていると、どういう場面で使うのかわからないようなマニアックな商品が出てきました。
そこで検索ワードをトランクスに変更。
それでも2万件もヒットしました。
2万枚。トランクスの海で溺れそうです。どうせ溺れるならパンティーの濁流のほうがずっといい。
とにかくネット上は手に負えないほどパンツだらけなので、これはお店で買うほうがいいな、と 思ったのですが、ここでふと思う。
「世のアラフォー男性はどこでパンツを買っているのか?」 
 下着にこそお金をかけるのがオシャレ…みたいなことを仄聞したことがありますが、
よくわかりません。かの坂口安吾先生も見えない裏地にこだわるなんてバカだという旨のことを書かれています(ちょっとニュアンス違ってたかもしれませんが…)。

とりあえず、とスーパーの下着をあつかっている売り場へむかいました。
生まれてからずっと股間には天然素材でとおしてきました。執着しているのはそのくらいで、あとは安価かつ心地よければなおよし。
お買い得マークのついた一枚のパンツを手にとったのですが……
世界のどこかで誰かが搾取されている感じビンビン伝わってきてしまったのです。
だめだ。これ買うのやめようーー
下着売り場でパンツをにぎってサイコメトリー状態になっている私に、
「なにかお探しですか?」
と聞いてきた店員さん。ぼくは世界のことを考えていたんです。

 

20枚くらい持っていたパンツが一気に寿命をむかえてしまい、風呂上がりに当惑しているライターの加藤ジャンプです。

人生風通しよく、が僕の座右の銘ですから、はいているのはトランクスです。スースーしてないとダメです。ボクサータイプもためしたことがありますが、鏡に写った自分はガードルはいたおばちゃんにしか見えませんでした。万万が一、何かの時に、ベストの自分をプレゼンしたいので、やはりトランクスを常用しております。
トランクスというのは大雑把に言うと4つくらいのパーツでできてます。これが寿命をむかえると見事にパーツごとにバラバラになるのです。最初はスリットみたいに、横が裂けてきます。ミッキー・ロークがボクシングで着用して村上里佳子がきゃあきゃあ騒いでいたあのセクシートランクスみたいです。そのあとは、左右の尻パーツ、股間などの糸がほつれ、最終的には、アダモちゃんの腰蓑というか、鯉のぼりの吹き流しを着ているようなものです。この状態でズボンをはいたら、地肌がくっつきかねない、最早下着としての機能はほとんど放棄した状態です。
そんなことになる前に手を打てばいいんですが、寿命ギリギリのパンツの生地の風合い、みなさんは知ってますよね? それはガーゼを越えたシルキータッチ。一人の男の人生が生み出す究極の肌触り。なにものにも代え難い、極め付きの心地よさなのであります。ゆえに、暖簾みたいに成り下がるまで使いつづけてしまうのです。そんなところに暖簾を掛けておいても、
「まだ、やってる?」
なんて入ってくる人もいませんし、これは寿命と諦めて、新調しようとAmazonを見てたら、疲れてしまいこれを書いているわけです。
ちなみに、僕はエコおじちゃんなので、寿命をむかえたパンツで靴を磨いたら、ものすごく奇麗に仕上がりました。
 

↑このページのトップヘ