加藤ジャンプの徒然ジャンプ

文筆家・加藤ジャンプの日記 〜コの字酒場探検家、ポテトサラダ探求家、09年からお客さん参加型『即興小説』やっています。 kato_jump115*ybb.ne.jp(*を@に変えて送信ください) ノンフィクションライター白石新のお問い合わせもこちらへどうぞ。

ごくごく最近の加藤ジャンプ:
*週刊朝日書評ページ『最後の読書』書きました
*dancyu東京特集で『立ち飲み番付』書きました
*dancyu 酒場特集で『きたやま』さんのことを書きました。
*テレビ東京系『二軒目どうする?』に出演しました〜
*HAILMARY magazineで毎月『終着駅でギムレットを』連載中
*ウェブ漫画「今夜は『コの字』で」を集英社インターナショナルHPで連載中(原作担当)http://www.shueisha-int.co.jp/
*dancyu中華特集で『味坊』さんのことを書きました。
*新潮社「考える人」で折り紙サークルについて書きました。数学の話デス。
*ALBAのノンフィクション、町工場で復活した伝説のクラブ屋について書いてます
*ALBAのノンフィクション、障害者ゴルフについて書いてます
*すみだ水族館「夜のスズムシ〜すみだ虫聴き〜」クリエイティブやりました。
*文化放送”くにまるジャパン”でコの字酒場のことをおしゃべりしました!
*すみだ水族館イベント「ウミガメQ」企画クリエイティブやってます。
*J-WAVE "GOLD RUSH"でコの字酒場のことをお話させていただきました!
*Free & Easy 7月号でもてなし料理を作ってます。パエリアとパスタ。そのレシピと使った調理器具が渋谷の東急ハンズでコーナー展開中です。
*dancyu7月号「記憶に残る名居酒屋」でコの字酒場の三四郎を紹介させていただきました。
*週刊現代5/11・18ゴールデンウィーク合併号『竹中直人さんインタビュー』素敵。この一言につきます。
*アルバ4月11日号『地図に載っていないゴルフ場 〜五島列島・小値賀島、浜崎鼻ゴルフ場の人々〜』
 五島列島にある島に島民自らが作ったゴルフ場があります。それはただのゴルフ場ではありません。自立のシンボルなんです。
*すみだ水族館 「すみだ水族館があなたの夢をかなえます〜ペンギン研究員〜』クリエイティブをやらせていただいてます。
*dancyu『日本一のレシピ』〜最強のポテトサラダを作る〜再掲載 見逃した方、ぜひ。むせかえるポテトサラダ実験の涙のレポートです
*Free & Easy 6月号 男のもてなし三ツ星料理 もてなし料理3品、作ってスタイリングして書きました。

2014年01月

 住居は横浜市だが、ここ最近仕事はほとんど東京の右側ばかりである。したがって飲むのもそちら方面ばかりになっている。今年に入ってのべ13軒を訪れたが、そのうち11軒が江東区、墨田区。もはや江戸っ子、すっかり「本所の銕」気取りである。
 下町、と一括りにされたら地元の人に申し訳ないが、こう通いつめていると、たびたびザ・下町な光景に出くわす。
 先日、住吉駅の四つ目通り沿いのバス停に向っていると、列から怒号が聞こえる。
「あんた払えるの!」
 すわケンカか? 急いでいくと黒いスウェット上下の女性が激怒していた。矛先は並んだ中学生の集団。
「あぶないんだからね。投げるもんじゃないんだよ」
 どうやら中学生の一人が道路に傘を投げて遊んでいたらしい。とても危ない。女性の怒りは当然だ。
 とまれ公衆の面前で激怒している人をひさかたぶりに見た。女性のすぐ後に並んだぼくは、なんだか自分が怒られているような気がしてくるほどの怒りっぷりだ。地震・雷・火事・おばちゃん。
 怒りつづける女性の真後ろでビビっている中、バスが到着した。ようやく怒号がおさまると思ったが女性は車内でも激怒しつづけた。
「後であんたの中学に行くからね」
 頼もしい。列に並んでいた人々は皆そう思っただろうが、バスに乗っていた人達はまったく事情が把握できず、「ひたすら怒っているわけのわからない女性」に当惑している様子。ふつう、ここで怯む。それでうやむやになるが、この女性は違った。運転手さんに報告する体で「あのね、聞いてよ道路に傘を投げているやつがいたの!とんでもないでしょ」
 そして女性は容疑者中学生にむかって
「道交法違反。親が罰金払ってあんたは親にも世の中にも迷惑かけてんの。事故がおきたらどうすんの? 責任とれんの?」とすべての状況を過不足なく説明したではないか。
 怒り慣れている。雄弁な弁護士のようである。バスの乗客=陪審員の評決は有罪決定である。女性の黒のスウェット上下は背広、胸のKappaというマークが弁護士バッヂに見えてきた。
 後日、友人でバリバリ下町出身の本物の江戸っ子 に
「やっぱ下町って叱り上手なんだねえ」
 と話したところ
「俺だったらバス停で殴ってるね」
 と笑われた。ちょっとびびった。 

 久しぶりに全裸を鏡で見たら『千と千尋の神かくし』に出てきた『おしらさま』を連想した。決してあのまんまではないが、まあ遠くもない。ふわっとして白く、でれってとしている。年末風邪をひいて「栄養とらなくちゃ!」とせっせと補給していたら補給し過ぎたのだ。

久しぶりにウォーキングすることにした。

厳冬である。朝は寒いし、夜はこわい。幸い、取材のない日は昼間っから歩ける。暖かい季節には河原の遊歩道をコースに選んでいたが、冬の河原の寒さは尋常ではない。川面をなでた風がぴゅーっとふくと、

「どっか適当な店ないかな、こんな寒いと呑まなきゃやってらんねえよ」

となって、ついでに肉豆腐なんか注文してしまいかえって太る。それは大変な危険な行為なので、冬場に歩くのは店、飲食店はおろか酒屋もない住宅街を選んでいる。

今日もえっちらおっちら坂をのぼって古い住宅街をつっきった。

途中、どこかの小学校の先生であろう。生徒数名をひきつれて歩いている女性から

「こんにちは」

と挨拶された。ハイキングでもないし、下町でもないのに、いきなり挨拶っていいなあ、なんて思ったが、どうも意図は別なところにあったのではあるまいか?

午前中、あまり人気のない住宅街を歩く。そんな時間の住宅街で歩いている人はほとんどいない。いちばん見かけるのは、老婆とか、おじいさんとか、「あ、まだゴミ屋さん来てなかった〜」とポリ袋をぶらさげた御夫人(いささか高齢)あたりである。

そんな中に、年齢的には働き盛りの中年の俺がふらふら歩いている。中身はおしらさま、でも身軽なDBである。手ぶら。スニーカー。ダウンジャケット。中はフリース。そしてニット帽。ヒゲもそっていない。

「その気になればいつでも空き巣スタイル」である。

犯罪抑止に挨拶は効果的、とクローズアップ現代かなにかで見た気がする。

それでも

「こんにちは」

とこたえた時の気持ちよさったらなかった。明日は、こっちからあの集団に「こんにちは」と言ってやろうかと思う。逃げるなよ。


↑このページのトップヘ