加藤ジャンプの徒然ジャンプ

文筆家・加藤ジャンプの日記 〜コの字酒場探検家、ポテトサラダ探求家、09年からお客さん参加型『即興小説』やっています。 kato_jump115*ybb.ne.jp(*を@に変えて送信ください) ノンフィクションライター白石新のお問い合わせもこちらへどうぞ。

ごくごく最近の加藤ジャンプ:
*週刊朝日書評ページ『最後の読書』書きました
*dancyu東京特集で『立ち飲み番付』書きました
*dancyu 酒場特集で『きたやま』さんのことを書きました。
*テレビ東京系『二軒目どうする?』に出演しました〜
*HAILMARY magazineで毎月『終着駅でギムレットを』連載中
*ウェブ漫画「今夜は『コの字』で」を集英社インターナショナルHPで連載中(原作担当)http://www.shueisha-int.co.jp/
*dancyu中華特集で『味坊』さんのことを書きました。
*新潮社「考える人」で折り紙サークルについて書きました。数学の話デス。
*ALBAのノンフィクション、町工場で復活した伝説のクラブ屋について書いてます
*ALBAのノンフィクション、障害者ゴルフについて書いてます
*すみだ水族館「夜のスズムシ〜すみだ虫聴き〜」クリエイティブやりました。
*文化放送”くにまるジャパン”でコの字酒場のことをおしゃべりしました!
*すみだ水族館イベント「ウミガメQ」企画クリエイティブやってます。
*J-WAVE "GOLD RUSH"でコの字酒場のことをお話させていただきました!
*Free & Easy 7月号でもてなし料理を作ってます。パエリアとパスタ。そのレシピと使った調理器具が渋谷の東急ハンズでコーナー展開中です。
*dancyu7月号「記憶に残る名居酒屋」でコの字酒場の三四郎を紹介させていただきました。
*週刊現代5/11・18ゴールデンウィーク合併号『竹中直人さんインタビュー』素敵。この一言につきます。
*アルバ4月11日号『地図に載っていないゴルフ場 〜五島列島・小値賀島、浜崎鼻ゴルフ場の人々〜』
 五島列島にある島に島民自らが作ったゴルフ場があります。それはただのゴルフ場ではありません。自立のシンボルなんです。
*すみだ水族館 「すみだ水族館があなたの夢をかなえます〜ペンギン研究員〜』クリエイティブをやらせていただいてます。
*dancyu『日本一のレシピ』〜最強のポテトサラダを作る〜再掲載 見逃した方、ぜひ。むせかえるポテトサラダ実験の涙のレポートです
*Free & Easy 6月号 男のもてなし三ツ星料理 もてなし料理3品、作ってスタイリングして書きました。

2012年09月

CONGRATS CAFE +『和福ジャンプ』〜待宵…中秋の名月〜


ミュージシャンたちと文筆家がコラボレーションするイベント『和福ジャンプ』。

9月29日、『中秋の名月』公演を開催します。


 7月に開催した夏の公演〜音と文章〜。満員のオーディエンスとともに五人編成の音楽と即興小説をつくりあげた『和福ジャンプ』が、秋の公演を開催します。

 季節をオーディエンスと演者がともに感じ、時を共有する。生きている時間の中で、折々に開催する公演が一里塚のようになれれば――その思いをこめて今回のテーマは――、

 〜待宵…中秋の名月〜

 開催は9月29日土曜日。場所は夏の公演にひきつづき飯田橋CONGRATS CAFEです。

 月見をする『中秋』は翌日の30日にあたり、29日は『待宵』とよばれる夜。ともに、月見の前夜を過ごそうというわけです。

 メンバーは前回と同じ顔ぶれ。

 作曲やアレンジ、柳ジョージや河村隆一ら数多くのミュージシャンのサポートをおこなってきたギタリストの福田真一朗。

 武蔵野音大在学中よりバイオリニストとしての活動をはじめ、10月公開の映画『旅の贈りもの〜明日へ〜』に出演するなどバイオリニストにくわえさらに活動の場を広げている須磨和声。

 300名以上にインタビューをかさね、多数の雑誌での執筆。暮れ発売の『コの字カウンタ―の本』など書籍を執筆する文筆家加藤ジャンプ。

 彼ら三人が音楽と文章を一体化させるユニットとして活動をしている『和福ジャンプ』にコントラバスの山田章典、ビオラの須原杏、そしてボーカルの湯浅文音の7人でお送りします。

 待宵を彩る、スリルと艶やかさを増した音楽。名月にちなんだ言葉をオーディエンスからもらって作る即興小説。

 また一緒に土曜の夜を楽しみませんか?


*今回は勝手ながら限定25名様となっています。なにとぞご容赦くださいませ。

****

予約は

wafuku8@gmail.comまでお願いいたします。


日時 2012年9月29日 18時30分開場 19時開演

料金 3500円

25名様限定 ドリンク/軽食

場所 CONGRATS CAFE 飯田橋 http://www.congratscafe.com/


和福ジャンプare

ギター 福田真一朗 バイオリン 須磨和声 文筆家 加藤ジャンプ

ゲスト

須原杏(ビオラ)、山田章典(ウッドベース)、湯浅文音(唄)



最近、米倉涼子や蒼井優が出てくるきわめて濃密な夢を見ている。夢か現か、な感じがつづく今日この頃。今朝起きたら、こんなものがマックの画面上に残されていた。ほんとにほぼ書いた記憶が無い。ずっと尺八を聴いていたが、そのときぱちぱちやっていたが……だいじょうぶなのか俺?
でも、捨てるのもなんなんでアップしときます。

*****

おなら男


仙人に憧れるごくごく普通の男が一人、山の中で空を飛ぶ人を見た。すいすいと空を飛ぶ人が降りる先へ駆けて行き、ようやく見つけた相手に尋ねた。

「私は平凡な男で、ずっと仙人にあこがれておりました。あなたこそ真の仙人。どうか、この卑しき男に空の飛び方を教えてください」

空を飛んでいた男、小屋を指差すと、そこにあったのは夥しい芋の山。堀りたての泥つきで、その数ゆうに千本。

「私は、あれを食べているだけです」

仙人に憧れる普通の男は土下座までして頼んだ。

「どうか私にもアレを食べさせてくださいまし」

空を飛んでいた男はうなずき、ごくごく普通の男はいきなり芋をかじりだし、たちまち三本もたいらげてしまった。

ごくごく普通の男は、やおら崖っぷちに立ち、

「では」

と一言残して飛び立ったが飛べるわけもなく、そのまま石ころのように落下していった。

仙人が崖下を見下ろすと、豆粒ほどの普通の男の姿が。

仙人は懐から芋をとりだし男めがけてほうる。さすが仙人、男に命中し、普通の男は見上げて叫んだ。

「……あなたはとんでもない嘘つきだ、まったく飛べなかったじゃありませんか」

「そこから飛んで戻ってきなさい」

ごくごく普通の男はしばらくへっぴり腰になって飛ぼうとしていた。
だがしばらくして諦めたのか姿を消してしまった。 

仙人は崖の下に食べかけの芋が残されているを見てため息をついた。
それから芋の山から一本、とっておきの立派な芋を抜き取り、焚き火の中につっこんだ。
ぱちぱちと燃える焚き火にあたり、仙人は一人つぶやく。 

「芋は生で食うな」

お芋から漂ういい匂いに仙人は頬をほころばせた。



 早起きは三文の徳という。近所で朝四時から帚で掃除しまくる人がいて、シャッシャ、シャッシャと窓の間際でやられると結構ウルサイ。閉口している。そもそも朝四時は、朝というよりは多くの人にとってまだまだ深夜の延長である。だが、早起きは三文の徳、を持ち出されたらなす術がない。早起きは偉い、ということなのである。

 だいたいなぜ早起きが徳をつむことになるのかよくわからない。そもそも徳といったって所詮は三文ではないか、と思うわけだ。三文である。三文芝居とか三文役者、はたまた二束三文やら三文判など、三文はちょろちょろの価値の代表だ。

 だが、この箴言は『徳』を『得』と書いてもいいらしい。そうすると一度早起きをするたびに三文儲かるということなるのか?その計算でいくと一年で千九十五文のプラスを得ることになる。一体どのくらいの利益なのか。

 思い出すのが落語の『時そば』だ。あれは二八蕎麦の値段をちょろまかす噺。二八蕎麦の語源は諸説紛々だが、まあここでは値段がその名の由来であるとの説を採用し、つまり二・八が十六ということで一杯十六文。一日三文懐に入るというのなら、五、六日早起きしたら蕎麦一杯食べられることになる。そして一年早起きをつづけたら六十八杯の蕎麦を食えるではないか。

 意外に多い。

 しくじった。

 ここ五年、早起きらしい早起きは週に数回しかない。もちろん起き続けて朝を迎えることは年中ある。でも、三文の得になる早起きは、徹夜明けみたいにその日一日使い物にならないケースはふくまれないだろう。というわけで、まともな時間に起きるのは一週間に三日くらいしかないぼくは、年間二十杯以上の蕎麦を食いはぐれている計算になる。

 ぼくは蕎麦好きだ。二十杯食い逃すのは非常に口惜しい。

 いや待て。

 二八蕎麦は果たして旨い蕎麦なのか?まずい蕎麦なら六十八杯どころか一杯だっていらねえぜ……と強がって結局今は夜中の三時。明日も三文の得を得られることはないのであった。

 

↑このページのトップヘ