加藤ジャンプの徒然ジャンプ

文筆家・加藤ジャンプの日記 〜コの字酒場探検家、ポテトサラダ探求家、09年からお客さん参加型『即興小説』やっています。 kato_jump115*ybb.ne.jp(*を@に変えて送信ください) ノンフィクションライター白石新のお問い合わせもこちらへどうぞ。

ごくごく最近の加藤ジャンプ:
*週刊朝日書評ページ『最後の読書』書きました
*dancyu東京特集で『立ち飲み番付』書きました
*dancyu 酒場特集で『きたやま』さんのことを書きました。
*テレビ東京系『二軒目どうする?』に出演しました〜
*HAILMARY magazineで毎月『終着駅でギムレットを』連載中
*ウェブ漫画「今夜は『コの字』で」を集英社インターナショナルHPで連載中(原作担当)http://www.shueisha-int.co.jp/
*dancyu中華特集で『味坊』さんのことを書きました。
*新潮社「考える人」で折り紙サークルについて書きました。数学の話デス。
*ALBAのノンフィクション、町工場で復活した伝説のクラブ屋について書いてます
*ALBAのノンフィクション、障害者ゴルフについて書いてます
*すみだ水族館「夜のスズムシ〜すみだ虫聴き〜」クリエイティブやりました。
*文化放送”くにまるジャパン”でコの字酒場のことをおしゃべりしました!
*すみだ水族館イベント「ウミガメQ」企画クリエイティブやってます。
*J-WAVE "GOLD RUSH"でコの字酒場のことをお話させていただきました!
*Free & Easy 7月号でもてなし料理を作ってます。パエリアとパスタ。そのレシピと使った調理器具が渋谷の東急ハンズでコーナー展開中です。
*dancyu7月号「記憶に残る名居酒屋」でコの字酒場の三四郎を紹介させていただきました。
*週刊現代5/11・18ゴールデンウィーク合併号『竹中直人さんインタビュー』素敵。この一言につきます。
*アルバ4月11日号『地図に載っていないゴルフ場 〜五島列島・小値賀島、浜崎鼻ゴルフ場の人々〜』
 五島列島にある島に島民自らが作ったゴルフ場があります。それはただのゴルフ場ではありません。自立のシンボルなんです。
*すみだ水族館 「すみだ水族館があなたの夢をかなえます〜ペンギン研究員〜』クリエイティブをやらせていただいてます。
*dancyu『日本一のレシピ』〜最強のポテトサラダを作る〜再掲載 見逃した方、ぜひ。むせかえるポテトサラダ実験の涙のレポートです
*Free & Easy 6月号 男のもてなし三ツ星料理 もてなし料理3品、作ってスタイリングして書きました。

2012年03月

町に吉高由里子があふれている。

今日は車内広告の吉高由里子の横の車窓から駅のポスターの吉高由里子がのぞいていて、家に帰ったら吉高由里子が表紙の雑誌が届いていた。雨後の筍なんて見たことないが、日本はいま、吉高まみれである。

ぼくはあの人の人気は、全身ギャップまみれ、なところにあるとにらんでいる。

よく「あたしってギャップのある人が好きなの」ということを言うやつがいるが、そういう人に限って、温厚そうな顔したDV男と、泣きながらつきあっていたりする。往々にして、人はギャップあるいは落差が大きい人に弱いのである。

で、吉高。彼女こそギャップの女王なのである。

まずはあの口調。

実は吉高は、あんなにデレデレした口のきき方なのに敬語をちゃんと使うのである。年がら年中、過ぎたアンニュイを醸し出しているのに、目上の人に絶対タメ口なんてきかない。たえず浮遊感を垂れ流しているにもかかわらず、ちゃんと敬語を使って上下関係も直線距離もきちんと演出する。先日、笑っていいとも!で藤原紀香がなぜかタモリを相手にひたすらタメ口で話す場面に日本中が面食らったばかりなだけに、そのインパクトはでかい。

さらに、ぼくは彼女のフィジカルに瞠目した。

近年、食生活の影響かイカリ肩の女優さんが激増している。特に目立つ美人の女優さんは軒並み肩がアメフトだ。しかし、吉高。物事に臆さぬ今風の女の人だけに、と思って全身を見て、ハッとする。

なで肩だ。

ショルダーバッグなんてずり落ちる。キャミソールなんて大変なことになる、と否応なしに想像させる。

そして、とどめをさすのは、あの顔である。

色白で柔和な顔立ちなのに、なぜかいつも

「挑戦的なお雛様」あるいは「狂った博多人形」

みたいな顔をしてみせる(ちなみに、北川景子は「夜のお雛様」だとぼくは思っている)。

なにからなにまでギャップ。ギャップの女王。
で、いつになったら、ぱりぱりっと喋るようになるのだろう。人はギャップ好きだが、そのギャップに飽きるのも早い。

二日つづけてウォーキング。珍しい。寒がもどるのも道理である。とまれ三日つづくのかなりゆきを自分でも刮目している。

河原を一人で歩くのだが、その間中あれこれいろいろ考える。これがいい。アメリカではアパラチアントレイルといって、東海岸の南北三千五百キロにわたって山歩きトレイルがある。これを走破する人をスルーハイカーと呼ぶそうで、最近、そのスルーハイカーがやたら増えているそうだ。世界には陰気なイタリア人やだらしないドイツ人もいるように、現代アメリカ人にも、じっと山を歩きながら思いに耽りたい人が大勢いる。一人でメインからケンタッキーまでひたすら歩くには半年かかるそうだが、たしかに半年も森林の中で考えつづけたらいろいろ開けてきそうだ。テレビでやっていたが、緑が深くて、ガラガラヘビなんかまで出没する。しんどそうだが、魅力的だ。


ぼくのウォーキングはわずか七、八キロのことでただの鶴見川下流ウォークなのだが、それでもいろいろ考えられる。「走ると何も考えず無心になれるからいい」とぼくに言っていたランナーがいたが、ぼくは普段そんなに頭を使ってないので、無闇に無心になってたら、まるっきりバカになってしまう蓋然性は高い。したがって歩く。


今日は、ヘリコプターが二機、並んでバタバタ飛んでいるのを見かけ、それからすぐに遥か上空に旅客機らしき機影を見た。


旅客機はトイレを備え、タンクにそれを貯め込んで空を飛んでいる。数千メートルの高さから、まきちらしたら、拡散して雲散霧消しそうだが、「いやあ、昨日バリウム飲んじゃってさ」なんていう乗客が残していった石みたいなすごいのもあるかもしれぬ。危険だ。そういうこともあるから、ちゃんと貯めて飛行場で処理している。


東京の空は忙しい。五分とあけずに飛行機は離着陸しているわけで、首都圏の上空には常に旅客機が一杯だ。

そして電撃が脳を走った。

つまり、東京の空にはウ◯コがいっぱいなのである。そして河原を歩くぼくは他人のウ◯コに数千メートル上空から見下ろされている。

ウ◯コにすら見下ろされるオレ。ああ、なんてオレは小さいんだ。


己の矮小さを認めて謙虚になろうという心意気は悪くないと思うが、折角だから空飛ぶウ◯コを契機にするのではなく、滔々と流るる一級河川を見たことを端緒に顧みようと思い、視線を下げたらサギが悪びれる様子もなく糞をした。

こういう日もある。

↑このページのトップヘ