加藤ジャンプの徒然ジャンプ

文筆家・加藤ジャンプの日記 〜コの字酒場探検家、ポテトサラダ探求家、09年からお客さん参加型『即興小説』やっています。 kato_jump115*ybb.ne.jp(*を@に変えて送信ください) ノンフィクションライター白石新のお問い合わせもこちらへどうぞ。

ごくごく最近の加藤ジャンプ:
*週刊朝日書評ページ『最後の読書』書きました
*dancyu東京特集で『立ち飲み番付』書きました
*dancyu 酒場特集で『きたやま』さんのことを書きました。
*テレビ東京系『二軒目どうする?』に出演しました〜
*HAILMARY magazineで毎月『終着駅でギムレットを』連載中
*ウェブ漫画「今夜は『コの字』で」を集英社インターナショナルHPで連載中(原作担当)http://www.shueisha-int.co.jp/
*dancyu中華特集で『味坊』さんのことを書きました。
*新潮社「考える人」で折り紙サークルについて書きました。数学の話デス。
*ALBAのノンフィクション、町工場で復活した伝説のクラブ屋について書いてます
*ALBAのノンフィクション、障害者ゴルフについて書いてます
*すみだ水族館「夜のスズムシ〜すみだ虫聴き〜」クリエイティブやりました。
*文化放送”くにまるジャパン”でコの字酒場のことをおしゃべりしました!
*すみだ水族館イベント「ウミガメQ」企画クリエイティブやってます。
*J-WAVE "GOLD RUSH"でコの字酒場のことをお話させていただきました!
*Free & Easy 7月号でもてなし料理を作ってます。パエリアとパスタ。そのレシピと使った調理器具が渋谷の東急ハンズでコーナー展開中です。
*dancyu7月号「記憶に残る名居酒屋」でコの字酒場の三四郎を紹介させていただきました。
*週刊現代5/11・18ゴールデンウィーク合併号『竹中直人さんインタビュー』素敵。この一言につきます。
*アルバ4月11日号『地図に載っていないゴルフ場 〜五島列島・小値賀島、浜崎鼻ゴルフ場の人々〜』
 五島列島にある島に島民自らが作ったゴルフ場があります。それはただのゴルフ場ではありません。自立のシンボルなんです。
*すみだ水族館 「すみだ水族館があなたの夢をかなえます〜ペンギン研究員〜』クリエイティブをやらせていただいてます。
*dancyu『日本一のレシピ』〜最強のポテトサラダを作る〜再掲載 見逃した方、ぜひ。むせかえるポテトサラダ実験の涙のレポートです
*Free & Easy 6月号 男のもてなし三ツ星料理 もてなし料理3品、作ってスタイリングして書きました。

2011年11月

 dancyu12月号はポテトサラダ特集である。この特集の中で、基本ジャガイモとマヨネーズの組み合わせで最高のレシピ探しをする実験記事を書かせていただいた。茹でたり、蒸したり、マヨネーズの比率を変えたりして、都合64皿を試食して辿り着いた結果は……。

 実験の日、料理研究家の山中裕美先生が用意してくださった64種類のポテトサラダがテーブルの上に並べられたが、なにしろ、64皿同時卓上大行進である。白い皿に白いかたまり。まさに「黒が完敗したオセロ」である。


 そして部屋中に充満するポテサラ・フレグランス


 ポテサラ探求家と自称しているくらいなので、オー・デ・ポテサラがあったら使うのもやぶさかでないぼくだが、立っても座ってもポテサラのにおいが漂う世界というのは、ある種別の星の大気のようで少しだけくらくらする。そんなポテサラ星でのポテサラ大実験は、一口ずつ口にしては水を飲み、分析をかさねるという地道な作業のつみかさね。しかもポテサラとビールは水戸黄門と杖くらい切っても切れないリエゾンと思っているぼくにとって、味を見極めるために、一切のアルコールを口にしないまま64皿もの魅惑的なポテサラを試食するという、おそろしい我慢の世界……。美人しかいない島に流されたのに大人しくしなくてはいけない、みたいなものだ。冷静さを失いそうになったが、探求家がそんなことでくじけるわけにはいかない。編集者のSさんも傍らでナイアガラの滝みたいに汗を流していたが、あの汗もおそらくは酒を我慢している汗なのだ、と勝手に解釈し

「我慢しているのはボクだけじゃない!」

と鼓舞。そしてひたすらに究極を目指したのであった。

 

 結論にたどりついた時、王者の皿に指す旗印の「王冠」と「ティアラ」を描く栄誉まで授かり、かくして、実験は無事終了。



 で、で、で…発売と同時にこの頁も話題になっているらしく本当に嬉しいかぎり。ほんとうにありがとうございます。これからも、ポテサラみたいな顔してポテサラとともに生きていく所存です!!(記事中の写真ではすさまじい表情をお見せしてしまってすみません〜)

 抜け駆けはバレる。


 先日、ハゲ止めシャンプーの選択にまつわる悩みを吐露したが、シャンプー後にも大問題が待っていた。

 育毛剤だ。

 ついこのあいだ、育毛剤の容器に脱毛剤を混入して製薬会社を脅した男が逮捕されたというニュースを耳にした。パンドラが開けた箱の中に残された希望まで奪い去るような凶悪な犯行に激しい憤りをおぼえたが、中年にとってはホントに切実な問題なのである。

 子どもの頃、紫電改だとか不老林だとか隷書体っぽいロゴの育毛剤が大流行したが、あの頃はまさかこんなものに興味をおぼえる時が来るなんて思いもよらなかった。幼かった。

 だが、意外にも、ぼくの周囲では育毛剤に手を出している人が多くはない。いや少なくとも愛用している薬品に言及する人はいない。照れているのか。いや、

「これの効果は独り占めだよーん」

と思っているからなのかもしれない…。

 

 さて、先日友人の手の平にある異変がおこっているのを発見した。カレー屋で向き合って二人して中年男がナンをむしりあっていた。パクパク。美しい光景だが、そこに似つかわしくないものがあることに気づいてしまったのである。

 友人の手のひらに、村山富市の眉毛くらい長い毛がもわもわと生えているのである。

 手毛。てげ、しゅもう?呼称はわからぬが、ぼくの手にもちょりちょりと生えているので、手に毛が生えること自体には疑問の余地はない。彼の手の甲に、一般レベルよりも強力な手毛が生えていることは以前から感知していたが、その長さと太さは明らか以前の彼の手に生えていたそれとは異なっている。その太さは旭道山と隆の里くらい違う。いくよ師匠とくるよ師匠くらい違う。カッペリーニとタリアテッレくらい違う。

 どうしたのか、とナンをむしる彼を制して問いただすと、楽しそうに衝撃的なことを口走った。

「育毛剤を手ですりこんでるせいかな……」

 頭を見てもその薬効には気づかなかったが、そんなところに効果が出ていたなんて……。育毛アレグリアじゃあるまいし、彼が手の甲をつかって頭皮マッサージをしているとも思えないが、指先から手の甲の毛根を刺激した結果、彼の手に異変が起こったという仮説は充分に成り立つ。これだけの威力があるのなら、今後頭髪におよぼす結果にも充分期待できる…が、ぼくも手毛が生えているクチだけに、彼と同様、いや、まさかの「パームヘアー」つまり「手の平毛」とか「指先毛」なんか生えて来たら…おそろしい想像が脳裏をよぎったせいで、結局、友人が使っている効果絶大な育毛剤の名前を尋ねることができなかった。

↑このページのトップヘ