加藤ジャンプの徒然ジャンプ

文筆家・加藤ジャンプの日記 〜コの字酒場探検家、ポテトサラダ探求家、09年からお客さん参加型『即興小説』やっています。 kato_jump115*ybb.ne.jp(*を@に変えて送信ください) ノンフィクションライター白石新のお問い合わせもこちらへどうぞ。

ごくごく最近の加藤ジャンプ:
*週刊朝日書評ページ『最後の読書』書きました
*dancyu東京特集で『立ち飲み番付』書きました
*dancyu 酒場特集で『きたやま』さんのことを書きました。
*テレビ東京系『二軒目どうする?』に出演しました〜
*HAILMARY magazineで毎月『終着駅でギムレットを』連載中
*ウェブ漫画「今夜は『コの字』で」を集英社インターナショナルHPで連載中(原作担当)http://www.shueisha-int.co.jp/
*dancyu中華特集で『味坊』さんのことを書きました。
*新潮社「考える人」で折り紙サークルについて書きました。数学の話デス。
*ALBAのノンフィクション、町工場で復活した伝説のクラブ屋について書いてます
*ALBAのノンフィクション、障害者ゴルフについて書いてます
*すみだ水族館「夜のスズムシ〜すみだ虫聴き〜」クリエイティブやりました。
*文化放送”くにまるジャパン”でコの字酒場のことをおしゃべりしました!
*すみだ水族館イベント「ウミガメQ」企画クリエイティブやってます。
*J-WAVE "GOLD RUSH"でコの字酒場のことをお話させていただきました!
*Free & Easy 7月号でもてなし料理を作ってます。パエリアとパスタ。そのレシピと使った調理器具が渋谷の東急ハンズでコーナー展開中です。
*dancyu7月号「記憶に残る名居酒屋」でコの字酒場の三四郎を紹介させていただきました。
*週刊現代5/11・18ゴールデンウィーク合併号『竹中直人さんインタビュー』素敵。この一言につきます。
*アルバ4月11日号『地図に載っていないゴルフ場 〜五島列島・小値賀島、浜崎鼻ゴルフ場の人々〜』
 五島列島にある島に島民自らが作ったゴルフ場があります。それはただのゴルフ場ではありません。自立のシンボルなんです。
*すみだ水族館 「すみだ水族館があなたの夢をかなえます〜ペンギン研究員〜』クリエイティブをやらせていただいてます。
*dancyu『日本一のレシピ』〜最強のポテトサラダを作る〜再掲載 見逃した方、ぜひ。むせかえるポテトサラダ実験の涙のレポートです
*Free & Easy 6月号 男のもてなし三ツ星料理 もてなし料理3品、作ってスタイリングして書きました。

2011年08月

世界陸上がたのしい。ホント陸上は楽しい。

シンクロとかフィギュアとか点数で決める競技も面白いしかっこいい。ただ、採点競技を見ていると、疑り深い小人物のぼくには、「こっちの子のほうが可愛い」とかいう審判の好みが影響しているように思えてしかたないのである。

それにひきかえ、陸上はどの競技も審判の主観が入り込む余地がない。ヨーイドン、パン、ガー、オッケー優勝、という流れで決まるものばかりで清々しい。室伏よりもハンガリーの丸っこい選手のほうが「男としては好き」だというちょっと奇特な趣味の審判がいたって不思議はないが、ハンマーがより遠くへ飛んだほうが勝ちという明白なルールがあるから、どうやっても室伏広治選手の優勝は揺るぎない。潔い。

だが、テレビを見ていてどうしても払拭できない疑問がある。織田裕二さんがなぜあれほど陸上好きなのか?という、97年以来抱きつづけている大命題を別として、

『なぜ短距離女子選手は腹を出すのか?』

という謎がいつまでたっても解けないのだ。言い換えれば、どっちが上下かはわからぬが、

『男女間の露出格差』

の理由がわからない。

女子は揃いも揃って、ウェアが上下別々のセパレーツで腹を出す。だが、男子は一部レスリングみたいな服を着ている選手をのぞいて、ほぼ全員シャツをズボンにインして腹は隠している。

なぜだ?

仮説として考えられるのは、

「腹を出したほうがより早く走れる」

というもの。だが、それが本当なら男も腹を出すはずである。だが今のところ、ヘソ出しルックの男子選手は見かけない。ボルトもブレークもちゃんとお腹はかくしている。

かつて競泳で、男子選手の海水パンツはひたすら縮小の一途を辿っていった。女子の水着が尖った鉛筆くらい鋭角なハイレグになる中、男子はハイレグにすると大変な事故が起きるので、一定の角度は守りつつも、どんどん面積が小さくなっていった。20世紀末の競泳男子なんて、8コース全員の海パンの面積を足しても1平方メートルもないんじゃないかというほどに小型化し、一部の熱狂的愛好家をのぞいて、見ていて恥ずかしいほどだった。結果、「ほぼ全裸に帽子着用」という凄まじい姿になっていた。それも一重に

「ハダカのほうが早い」

という前提があったからだ。ところが、鮫肌水着の開発以来、今度は男女問わずどんどん露出が減っている。

では陸上はどうなのか?

日本人女子選手として79年ぶりに100メートルの準決勝に進んだ福島千里選手も見事な腹筋を見せながら疾走していた。かっこいい。

で、男は、高平も斎藤ら日本人選手はじめ、みんな腹は出さない。子どもの頃からずっと腹巻きをしていたので、腹巻きを外すとすぐお腹をこわす、という乳酸菌ドーピングをしたほうがよさそうな男性を数名知っているが、陸上短距離選手が全員そうした『腹巻き依存』だとは考えにくい。

そもそも、女子選手のセパレーツをつきつめて考えると、あれはほとんどブラジャーとパンツである。

ブラとパンツで疾走。すごいぞ、それは。

浮気相手ともめて、こっそりホテルから逃げ出したモテモテサラリーマンの背後をブラとパンツだけ身につけた女性が100メートル11秒台でダッシュしてくるシーンを想像してほしい。円山町はたちまち大混乱だ。

結果、腹を出したほうが早いから女子は躊躇なくヘソ出しするけどビジュアル的に男のヘソは見たくないから出さない、という不文律があるとする仮説がにわかに説得力をおびてくる。とはいえあくまで仮説。だが、一つだけ確かなのは、

『中途半端に隠すと変』

という点である。男がヘソだけ出していると、逆に

『なぜ乳首だけ隠すのか?』

という疑問を抱かざるを得ない。着替えの最中にロッカールームを急に覗かれた場合、男が隠すのは上じゃない。下だけだ。上半身は出しても平気なのが男だから、結果ヘソだけ露出すれば非常に奇異にうつる。だからといって下半身だけ隠して上はハダカという男子選手もいない。アジア人が破れない10秒の壁を突破する近道は、そこにあるのかもしれない……ないか。

100g単位で計測できる体重計を買った。社員食堂の痩身献立で名を馳せたタニタ製だ。メードインジャパン、高性能。まさにOBVGである。つまりオー、ベイビー、ベリーグッド。

実は我が家には見た目にひかれて買ったドイツ製の体重計が別にもう一台ある。正直なところ、新しいタニタと比べてかっこよさはこっちの方が圧勝である。アナログメータは白。黒いかっこいい文字。赤い針。ヨーロッパの鉄道時計みたいにいかしている。だが、家庭内における事故でメーター部の透明カバーが割れてしまい、「減量に失敗したボクサーが蹴っ飛ばした体重計」のようになってしまった。こちらはアナログのため、メモリは500gごとになっている。だから、ちょっとした体重移動で0ラインに寄ったり500gラインに振れたりするので、体重計に乗る事で平衡感覚まで養えるという一石二鳥な代物であった。すなわち不正確なうえに壊れたメーターを見るのがしのびないので殆ど使わないでいた。体重を測るのが恐かったのではない。断じてない。で、2ヶ月ほど前、久しぶりにこの体重計に乗ったところ、メーターはこれまでにないスピードで回転し、瞬く間に見た事のない数値を示したのである。繊細なところがある計りなので、足を置く位置や体勢を僅かずつ変化させてみた。おそらくはぐっと数値が変化する……と思ったら、いつもなら、ちょこちょこっとメーターに変化が現れるのに、微動だにしない。不動。

そこで得た結論は「太った」ではなく「壊れた」である。ぼくは断定し、頃合いを見計らってタニタの100グラムデジタル体重計を購入した。

さっそく開封し、シャツもズボンも脱ぎ去ってそろりと乗ってみたところ……

「さっきより重いよ……」

結果は何度のっても、しゃがんでも立っても同じであった。重力の関係から赤道に近いほうが体重は軽くなるはずだと考え、体重計を家の中の南端まで持っていってみたが、結果は同じであった。ほうっておけば、体重計をかかえてパンツ一丁で沖縄あたりまで行ってしまいそうなほどぼくの心は寂寞たるものであった。かなしい。

で、日々この体重計で100グラム単位で一喜一憂する力石式ダイエットをはじめた次第。しかし、100グラム単位で測っていると、だんだん自分が「精肉」になった気がしてきて、ふたたびあのガラスの割れたグッドデザインbutハードコアな体重計に変えようかと思ったり…精神も目方も体重計の針のように千々に揺れ動くのであった。

最近、力石式ダイエット、要するになるべく食べないで減量という、やり過ぎると危険な「即身仏ダイエット」に挑戦していた。だが、これまで刹那的飽食をつづけ膨張のままに生きてきたので、減った目方は相当でも、見た目はまあ、ほんのちょっとしか変化が無い。

それでも、だんだんくらくらしてくるので原稿の真っ最中に思わずテレビなんかつけて逃避する。そうしたら、幸田文の『おとうと』なんかを夏の午後にやっているではないか。

なんてことだ。

学生時代のぼくがガリガリ君か何か食べながら残り少ない夏休みをトドみたいに過ごしている時に不用意にこの映画を見たら、思わず駆け出して明るいうちからホッピー飲まずにいられないくらいどよんとした映画。とにかく18歳ではじめて見た時は『岸恵子チョー美人』や『なんで市川崑の映画っていきなり終るの?』ということより『田中絹代の顔チョー恐い』ばかりが印象に残ってしまった(ホントに何度もものすごく恐い顔をするのよ)、ぼくにとってトラウマメーキングな映画なので、原稿が進まぬこの状況では見てはなるまいと思いつつも結局見てしまった。しまった。

で、映画については20年ぶりに見てもどんよりしながらも、ホッピーだけは飲まず、幸田文って明治何年生まれなのかしら、と疑問がわき、安易に検索したら23万件に達した。しかもいろんな人が感想文なんかをアップしていてやっぱり人気があるんだなあ。で、突然、「ぼくって何件くらいあるのかしら?」という、小学生時代に新聞のスポーツ欄で後楽園に5万の観客があるのに、なぜ大阪球場、藤井寺球場、川崎球場をあわせても1万人にならないのか、と胸を痛めていたパリーグ好きだったぼくは、突如妙な執着にかられ、自らを検索したところ、あにはからんや813万件もヒットしたのである。高尾山とチョモランマどころの差ではない。幸田文の40倍である。いつの間にぼくはそんなスーパースターになったのかとよくよく見れば、「ヤングジャンプの加藤あいのグラビア」とか「国体スキーで加藤選手ジャンプ失敗」とかそんなのばっかりで、『おとうと』を見たのに『流れる』で世の裏側を見たような気分になってしまったのであった。

イベント開催しまーす。ぜひぜひいらしてください!!

和福ジャンプ+有


『夏の名残り』


 いろんなことがあったでしょう

 太陽よりも心がジリジリするような日々でした

 気がつけば八月も半ば

 夏が終わりを告げずに去っていこうとしています

 

 ところで……

 

 お祭りにはいきましたか?

 今年はいろんなことがあったし、

 実りの多い秋をむかえるために、

 お祭りをしませんか?


 人が生きているのは、

 長い音楽や小説のようなもの

 お祭りは

 休符や句読点みたいなもの


 一休みして、

 音楽や写真や文章を

 飲んだり食べたりしながら楽しむ

 お祭りをしてみませんか?


 8月26日 和福ジャンプ+有がお祭りをやります

 『夏の名残り』

 というお祭りです、獅子舞までやってきます

 いい夏だったな、と思えるお祭りです

 

 さ、一緒に飲めや歌え

 過ぎ行く夏の名残りを楽しんで


::::

和福ジャンプ+有 presents a 夏祭り

『夏の名残り』

http://wafukujump-ari.petit.cc/strawberry1/


date      8月26日 金曜日 午後7時半開演

location CALM & PUNK GALLERLY 港区西麻布1-15-15 浅井ビル1F

              http://www.calmandpunk.com/home/access.html

charge  1500円(ワンドリンク付)*予約がおすすめです(和福ジャンプ+有のHPからメールが送信できます)

cast       須磨和声(violin)、福田真一朗(guitar)、有高唯之(photographer)、加藤ジャンプ(writer)


:::contens

須磨和声と福田真一朗のユニット『和福』のライブ演奏、有高唯之がこの夏を切り取った写真を発表、さらに加藤ジャンプがオーディエンスから選んだ4人を主人公にした即興小説を書き、それに『和福』が即興で曲をそえる「ライブノベル」(獅子舞まで!!)


↑このページのトップヘ