加藤ジャンプの徒然ジャンプ

文筆家・加藤ジャンプの日記 〜コの字酒場探検家、ポテトサラダ探求家、09年からお客さん参加型『即興小説』やっています。 kato_jump115*ybb.ne.jp(*を@に変えて送信ください) ノンフィクションライター白石新のお問い合わせもこちらへどうぞ。

ごくごく最近の加藤ジャンプ:
*週刊朝日書評ページ『最後の読書』書きました
*dancyu東京特集で『立ち飲み番付』書きました
*dancyu 酒場特集で『きたやま』さんのことを書きました。
*テレビ東京系『二軒目どうする?』に出演しました〜
*HAILMARY magazineで毎月『終着駅でギムレットを』連載中
*ウェブ漫画「今夜は『コの字』で」を集英社インターナショナルHPで連載中(原作担当)http://www.shueisha-int.co.jp/
*dancyu中華特集で『味坊』さんのことを書きました。
*新潮社「考える人」で折り紙サークルについて書きました。数学の話デス。
*ALBAのノンフィクション、町工場で復活した伝説のクラブ屋について書いてます
*ALBAのノンフィクション、障害者ゴルフについて書いてます
*すみだ水族館「夜のスズムシ〜すみだ虫聴き〜」クリエイティブやりました。
*文化放送”くにまるジャパン”でコの字酒場のことをおしゃべりしました!
*すみだ水族館イベント「ウミガメQ」企画クリエイティブやってます。
*J-WAVE "GOLD RUSH"でコの字酒場のことをお話させていただきました!
*Free & Easy 7月号でもてなし料理を作ってます。パエリアとパスタ。そのレシピと使った調理器具が渋谷の東急ハンズでコーナー展開中です。
*dancyu7月号「記憶に残る名居酒屋」でコの字酒場の三四郎を紹介させていただきました。
*週刊現代5/11・18ゴールデンウィーク合併号『竹中直人さんインタビュー』素敵。この一言につきます。
*アルバ4月11日号『地図に載っていないゴルフ場 〜五島列島・小値賀島、浜崎鼻ゴルフ場の人々〜』
 五島列島にある島に島民自らが作ったゴルフ場があります。それはただのゴルフ場ではありません。自立のシンボルなんです。
*すみだ水族館 「すみだ水族館があなたの夢をかなえます〜ペンギン研究員〜』クリエイティブをやらせていただいてます。
*dancyu『日本一のレシピ』〜最強のポテトサラダを作る〜再掲載 見逃した方、ぜひ。むせかえるポテトサラダ実験の涙のレポートです
*Free & Easy 6月号 男のもてなし三ツ星料理 もてなし料理3品、作ってスタイリングして書きました。

2011年07月

ミス・アースなるコンテストが開催されているのを知らなかった。
AKBの元メンバーが日本大会で準優勝したとかで話題になっている。
AKBの元メンバーっていっぱいいるなと感心する。そのうち、
「元メンバーだけのお店 ポニーテールとシュシュとガードル」
なんていう
全員「AKBオーバー48」の熟女パブなんて開店してくれないだろうか……

さて、さて…
そもそもミスコンテストのネーミングは大胆である。

インターナショナルだとかワールドなんてのはいいが、

「ユニバース」

にいたっては「ミス宇宙」

である。ほとんど神様に近い。たしかに凄い美人の顔を見るのは最早「参拝」に近い…とはいえ剛毅な名前である。

で、ちょっと地に足がついた感じで

「ミスアース」。

それでも

「アース」である。要するに「地球」である。選ばれたら

「地球代表美人」

ということになる。

誰と競いあう腹づもりなのか?

しかも開催地はずっとフィリピンらしい。なぜだ?

それにしても、この勢いなら将来的にはミス金星とかミス土星なんかと競い合っていただきたい。

そういえば、今年NASAが地球外生命体を発表すると言い出して話題になったことがあったが、あのとき見せられた写真は

「寄生虫(他にも◯◯◯とか、いろいろ想像できるが言及しないでおく)」

みたいな筒状の不気味な生き物であった。だが、宇宙では美人の尺度だって違う。ミス白鳥座16番Bなんて、ウ◯コみたいな形をしたヤツかもしれない(あ、結局言ってしまった。ビローな話しですみません)。それで、そのウ◯コ型宇宙人が高飛車にミスアースのことを

「何あんた?頭に毛なんか生やしちゃってどうしたの?」

なんて揶揄したら……ぼくは地球の美人が大好きなので、その時は戦の準備をせねばなるまい。

ちなみに、「アース」ってのは

大地とか土壌という意味もある。あのパールバックの名作『大地』だって現代は『The Good Earth』だし。

ということは、山ガールならぬ

「ミス土(つち)」

と解釈してもよかろう。泥まみれのミス。悪くない。スイマセン。


昼下がり。拙宅のベランダ前の芝生のあたりでゴソゴソ音がするので何かと思ったら小さな影が植え込みのあたりで蠢いている。アナグマ?に、しては大きいが、イギリスでもないんだからハリネズミもいないはず…ああ、わかった。

そのシルエットは間違いなくウォンバットである。

庭先に野良ウォンバット。

「もはや日本の気候は熱帯」だとか、「携帯電話はガラパゴスだ」とか近頃よく耳にしていたが、こればかりは気づかなかった。不覚。かくして「日本はオセアニア」になっていたらしい。

…わけがない。

よくよく見れば、それはほっかむりして草むしりしているウォンバットっぽいおばさまなのであった。要するに体全体の輪郭線がソフトでまるっこい。ぷちセザンヌ?
とまれ結構な年齢の女性なのだが、ぼくは問いたい。なぜ炎天下にやるのだ?熱中症で死人が出ているというのに、まさかの暴挙である。

だが、こういうときぼくは何を言えばいいのかわからない。

暑いから危ないですよ、というのも妙な言い方ではないか。彼女は百も承知でやっている、人生の先輩にしたらいらぬお世話だ。だいたい剪定ばさみを持った老婆が暴走老人と化した時、ぼくにはなすすべがない。

ならば、いきなりレースクイーンみたいに日傘をさしかけてあげるか?ハイレグ着るか?

いやいや、宮沢賢治じゃないんだから。こっちが倒れる。東ニ病気ノ人アレバ行ッテ添イ寝シテアゲル、ぐらいしかぼくにはできぬ。即ち役立たず。

というわけで、とりあえず、時々観察することにした。もしも少しでも異常があれば駆けつけようというわけだ。で、カーテンをそっと時折開けてウォンバットおばさんを見つめているぼく。逆に通報されそうで些か心配な午後だ。


↑このページのトップヘ