加藤ジャンプの徒然ジャンプ

文筆家・加藤ジャンプの日記 〜コの字酒場探検家、ポテトサラダ探求家、09年からお客さん参加型『即興小説』やっています。 kato_jump115*ybb.ne.jp(*を@に変えて送信ください) ノンフィクションライター白石新のお問い合わせもこちらへどうぞ。

ごくごく最近の加藤ジャンプ:
*週刊朝日書評ページ『最後の読書』書きました
*dancyu東京特集で『立ち飲み番付』書きました
*dancyu 酒場特集で『きたやま』さんのことを書きました。
*テレビ東京系『二軒目どうする?』に出演しました〜
*HAILMARY magazineで毎月『終着駅でギムレットを』連載中
*ウェブ漫画「今夜は『コの字』で」を集英社インターナショナルHPで連載中(原作担当)http://www.shueisha-int.co.jp/
*dancyu中華特集で『味坊』さんのことを書きました。
*新潮社「考える人」で折り紙サークルについて書きました。数学の話デス。
*ALBAのノンフィクション、町工場で復活した伝説のクラブ屋について書いてます
*ALBAのノンフィクション、障害者ゴルフについて書いてます
*すみだ水族館「夜のスズムシ〜すみだ虫聴き〜」クリエイティブやりました。
*文化放送”くにまるジャパン”でコの字酒場のことをおしゃべりしました!
*すみだ水族館イベント「ウミガメQ」企画クリエイティブやってます。
*J-WAVE "GOLD RUSH"でコの字酒場のことをお話させていただきました!
*Free & Easy 7月号でもてなし料理を作ってます。パエリアとパスタ。そのレシピと使った調理器具が渋谷の東急ハンズでコーナー展開中です。
*dancyu7月号「記憶に残る名居酒屋」でコの字酒場の三四郎を紹介させていただきました。
*週刊現代5/11・18ゴールデンウィーク合併号『竹中直人さんインタビュー』素敵。この一言につきます。
*アルバ4月11日号『地図に載っていないゴルフ場 〜五島列島・小値賀島、浜崎鼻ゴルフ場の人々〜』
 五島列島にある島に島民自らが作ったゴルフ場があります。それはただのゴルフ場ではありません。自立のシンボルなんです。
*すみだ水族館 「すみだ水族館があなたの夢をかなえます〜ペンギン研究員〜』クリエイティブをやらせていただいてます。
*dancyu『日本一のレシピ』〜最強のポテトサラダを作る〜再掲載 見逃した方、ぜひ。むせかえるポテトサラダ実験の涙のレポートです
*Free & Easy 6月号 男のもてなし三ツ星料理 もてなし料理3品、作ってスタイリングして書きました。

2011年04月

海へ行けばよかった。


はなはだ容易に想像はつくが、経験はしたことがないことはままある。ラブコメの主人公みたいに塩と砂糖をまちがえて料理してしまうとか、カレー屋でマトンと言いたくてトンマと言ってしまったとか、選挙でミルクおやじが当選するとか。あ、最後のやつは想像もしてなかった。


買い物をしに出かけ、店のあるビルでエレベーターに乗った。

用事は12階。歩くにはしんどい。

ちょうど前を通ったら「上り」がやってきたので思わず乗ってしまった。

これが運命の分かれ道。

降りる人が箱から出るのを待って、のりこんだ。

乗ったのはぼくだけ。一人。

孤独。ぴゅーっと風――は吹かず、ぬるぬるとした空気がエレベーター内に充満していた。

密室だから空気がなまぬるい。これも、よくあること。

ただ、一つ違ったのは、異臭が漂っていたことだ。

まあ、業界的にいえばラーナオの残り香がかなりの密度で漂っていた。

ここで誰か乗ってきたら、あきらかにぼくが疑われる状況である。

しかし、日常より善行を重ねているせいか、奇跡的に8階まで誰も乗らず特急で上昇した。ぼく一人がこの香りに我慢すればいいだけのことだ……。

しかし、9階で乗客が乗ってきた。ベビーカーに乗った赤ん坊とおしゃれママであった。

ぼくは忘れない、そのときのママの顔を。

しかも、あろうことか、今度は赤ん坊がブー。ブーである。もう一度言うがプーじゃない赤ん坊のくせにブーだった。

かわいい顔してラーナオを追加補充し、箱内はもはや爆発寸前。

そして10階で、かなしいことにOLの集団が乗り込み、その視線は一斉にぼくに注がれぼくは完全に犯人にされた。なぜ、言わないのだ、おしゃれママ。「薄まっていたこの空気を悪化させたのはうちの子です」と。

結局エレベーターは12階に到着し、ぼくは冷たい視線を一身に集めながら降りた。

そして驚くべきことに目的地は

「本日定休日」


帰りに駐車場で精算していると、ガラガラと背後で音がする。ふりかえったら、なんとあのおしゃれママがいた。ぼくはどんな顔をしていいかわからず、思わず会釈だけして逃げるようにして車に乗り込んだ。

朝から海に行きたかったのを我慢したぼくと我慢しないでぶっぱなすやつら。どちらが爽やかに一日をおくったのだろうか。

  
  

土曜日、横浜・日ノ出町シャノアールで

『和福ジャンプ+有』の『こんにちはにっぽん』を開催しました。

前の晩から、とんでもない防風と雨で、天気晴朗なれども浪高しどころじゃないすさまじい荒天だったにもかかわらず、大勢のお客様におこしいただき、ほんとうにありがとうございました!!

はじめてのこころみで、

ぼくら4人もドキドキしながら進行していきましたが、あの、なんていうのでしょうか、みなさんとふんわりと一緒になる感じが、ライブをぐいーっといい方向へ進めてくれた気がします。感謝!

そして、記念すべき第一回のイベントの場を提供してくれた、スーパーナイスガイ”シャノアール”大西さん、てきぱき超親切ピンクちゃん、劇ウマフード大西ブラザーさん、ほんとにありがとうございました!

でもって、

「ゆらゆら」

福ちゃん=雪路ちゃんの曲にぼくが詩を書かせてもらったこの曲、ぜひ、みなさんにも覚えていただけて、くちずさんでいただけたら、このうえない幸せです。

あの唄、無酸素運動的な力じゃなくて、まあ、その、有酸素運動というか、「芯のあるのほほん」みたいな力がわいてくるような唄になったんじゃないかな、なんて思っています。


四季折々、にほんを発見していくことを頭において、毎度、頓知をきかせたライブをかさねてまいります。

ではでは今後ともよろしくおねがいたします!


土曜日にこういうことをやります。


という企画です。

面白くなりそうでわくわくしています(自画自賛w)。
ぜひぜひいらしてくださいませ!


☆日時:2011年4月23日(土) 19:00開演(18:30開場)
☆場所:横浜日ノ出町「シャノアール」 (Click!) 
【京浜急行】日ノ出町駅 徒歩1分
【京浜東北,根岸線】桜木町駅 徒歩10分
☆入場料:2,000円
(被災地の酒蔵から入手したうまい日本酒のふるまい酒もふくみます!うまし!)

和福の奏でるにっぽんの音楽
有高唯之の切り取るにっぽんの写真
加藤ジャンプの書くにっぽんの物語

ライブのたびに手法をかえ趣向をこらし、
『にっぽん』
をこの手にその目に感じていきましょう

さよなら閉塞、
さよなら虚脱、
さよなら無力
こんにちは、にっぽん!

<内容をちょっとだけ……>
和福のライブはもちろん!有高唯之からお楽しみ企画、
そして加藤ジャンプの和福とともに奏でる即興詩編……
そして、皆さんからいただく「宿題」などなど、いやあ、ほんとおもしろい!

友人の写真家・有高唯之 さんからお花見のお誘いをうけた。
闇雲に自粛するのではなく
こんな時だからこそ
気の合う仲間と自然を感じて対話し
喪に服し故人を弔いたい、それもお花見というかたちで…
とのこと。

以下ぼくの賛同の表明

『とくべつなおはなみ starting over』

 3月11日に震災が発生しました。多くの方の尊い命が奪われ、またたくさんの方が被災され、いまも理不尽な苦しみにたえておられます。こころから、皆さんの安全と少しでも早い復旧を願うばかりです。
 それぞれできるなにかをしよう――そんな思いが日本をつつんでいます。
 ただ、そんな大きな流れが「正しい」とか「不謹慎」という言葉につつまれて、コントロールできなくなることがあります。それはとても悲しく苦しいことではないでしょうか?
 花見の自粛――そんなことまで言われてしまいました。これについて今は何も言いません。
 ただ、一つはっきりと言いましょう。
 わたしたちは、来る4月10日、お花見を開催いたします。
 それも、いつもとはちょっと違う『とくべつなおはなみ』です。
 それは『starting over』するためのお花見です。
 被災した土地のお酒を飲んで、以前よりもすばらしい日本になれるように大勢で語りあいましょう。
 酒好きのわたしたちにとって、丹精こめて頑張ってこられた酒蔵が被災されたことは本当に悲しいことです。今、だからこそ、その人達のかかわったお酒を飲んでこれからのことを元気に語りあいましょう。
 そして、わたしたちがご用意するお酒やおつまみの代金を被災地の復興のために寄付しようと考えています。少しでも何かに役立てれば...のんべえの切なる願いです。

 

 ぜび、わたしたちのお花見にいらしてください。

 

 今年の桜はきっととくべつな桜になることでしょう。
さあ『とくべつなおはなみ starting over』のはじまりです!
文/加藤ジャンプ

一杯かたむけていろいろ語り合いませんか?

今年はきっと

とくべつなおはなみ

になるはずです。


場所は下北沢から三茶方面に下った代沢緑道の端っこ広場の予定
11時スタートのつもり(有高さん早朝から場所取りしてくれます、感謝)
ぶらりと立ち寄っていただければ幸いです。

場所:google map:http://bit.ly/dX4WNi
会費:1000円(1熱燗付き)
必須: 各自、マイ箸、お皿、コップを持ってきてください!

徹夜というか調子に乗って書いていたら朝6時をまわってしまいあわてて少し寝た。

だからといって、午後まで寝るわけにもいかないが、起きても寝不足で使い物にならない。

こういうときは、肉体を動かしたほうがいい。ゲーテだって歩きまわっていたんだから、凡人はなおさら体を動かす。

河原に出て散歩したら、桜が五分咲き。花盛りの不気味なくらい白い塊のようになった桜もいいが、このくらいの感じもまたよし。

今日は車に乗る予定もないので、さっさと肚を決めた。

石原某なんて花見の自粛なんて言ってるそうだが、知るか。

僕は通販好きだが、震災以来、ほとんどすべての通販を東北地方の店を通じて利用することにしている。何日かかって届いたっていい。こういう支援だってある。

さて、近くのコンビニに寄り、サキイカと常温のワンカップを買って歩く。

途中で選挙遊説を自転車でしている一団がいて、

「よろしくお願いします」

と手を降ったので、こちらはワンカップを高くあげて会釈してやった「一杯やってくか?」

極楽。

途中、停めてある自転車の泥よけのステンレスに、

自分の姿がうつったが、なんとなく見覚えのある感じ。

ジャンパー、ダブダブのずぼん、帽子、はみでた長い髪の毛…

ありていにいえば、ちょっとホームレス的な。

ま、時々ホームレスの人ってギャルソンみたいなコーディネートに見えることもあったり、洒落ているので、よしとした。


そうだ、明日は髪を切ろう。


『英国王のスピーチ』を見た。

 期せずして王になり、いきなり国難を迎えた吃音に悩む英国王ジョージ6世と治療するオーストラリア人「専門家」(というところがまたよろしいのだ)の物語。

 宗主国の王はもちろん国民からも、ちょっと白い目で見られながら揺るぎない自信(のようで失敗するし悩むし。この人のヨメや倅達がまた素晴らしい。鑑。)をもって接するオーストラリア人専門家を見てたら

「武士は食わねど高楊枝」

なんて言葉がしっくりくる、いまやジェフリーラッシュは

「白人で最も侍が似合う役者」

だと思った(日本で舞台をやったらあの役は絶対、岸部一徳さんである)。

 あんな時代イギリスにいるオーストラリア人はさぞかし苦労したんだろうと思うが、彼の国は40年くらい前までは白豪主義なんてポリシーを持ってたわけで、たしかに僕が昔一月ほどブラブラした時にも、まだ壁に

「Asians out」

なんて書かれていて目をむいたこともあった。その国がいまやオセアニアではなく

「アジア」

になったわけで、そういうことを考えながら見ると、また素敵な一本なのであった。

断然おすすめ。ただ、ウィンザー公好きにはショックかも。「世紀の恋」なんてのも、やっぱりイギリス人から見たら、不快きわまりなく、長年肚のむしがおさまらなかった人も、この映画で溜飲を下げたんじゃないだろうか。でも、もしも、そういう爺さん達と話す機会があって

「ところで、君はなかなか東洋人にしては面白いね」

なんて言われたら、やっぱり僕はぶちきれてその時思いつく最高の皮肉でまぜっかえすはずだ。そっから友情でも生まれればそれもまたよし。

↑このページのトップヘ