加藤ジャンプの徒然ジャンプ

文筆家・加藤ジャンプの日記 〜コの字酒場探検家、ポテトサラダ探求家、09年からお客さん参加型『即興小説』やっています。 kato_jump115*ybb.ne.jp(*を@に変えて送信ください) ノンフィクションライター白石新のお問い合わせもこちらへどうぞ。

ごくごく最近の加藤ジャンプ:
*週刊朝日書評ページ『最後の読書』書きました
*dancyu東京特集で『立ち飲み番付』書きました
*dancyu 酒場特集で『きたやま』さんのことを書きました。
*テレビ東京系『二軒目どうする?』に出演しました〜
*HAILMARY magazineで毎月『終着駅でギムレットを』連載中
*ウェブ漫画「今夜は『コの字』で」を集英社インターナショナルHPで連載中(原作担当)http://www.shueisha-int.co.jp/
*dancyu中華特集で『味坊』さんのことを書きました。
*新潮社「考える人」で折り紙サークルについて書きました。数学の話デス。
*ALBAのノンフィクション、町工場で復活した伝説のクラブ屋について書いてます
*ALBAのノンフィクション、障害者ゴルフについて書いてます
*すみだ水族館「夜のスズムシ〜すみだ虫聴き〜」クリエイティブやりました。
*文化放送”くにまるジャパン”でコの字酒場のことをおしゃべりしました!
*すみだ水族館イベント「ウミガメQ」企画クリエイティブやってます。
*J-WAVE "GOLD RUSH"でコの字酒場のことをお話させていただきました!
*Free & Easy 7月号でもてなし料理を作ってます。パエリアとパスタ。そのレシピと使った調理器具が渋谷の東急ハンズでコーナー展開中です。
*dancyu7月号「記憶に残る名居酒屋」でコの字酒場の三四郎を紹介させていただきました。
*週刊現代5/11・18ゴールデンウィーク合併号『竹中直人さんインタビュー』素敵。この一言につきます。
*アルバ4月11日号『地図に載っていないゴルフ場 〜五島列島・小値賀島、浜崎鼻ゴルフ場の人々〜』
 五島列島にある島に島民自らが作ったゴルフ場があります。それはただのゴルフ場ではありません。自立のシンボルなんです。
*すみだ水族館 「すみだ水族館があなたの夢をかなえます〜ペンギン研究員〜』クリエイティブをやらせていただいてます。
*dancyu『日本一のレシピ』〜最強のポテトサラダを作る〜再掲載 見逃した方、ぜひ。むせかえるポテトサラダ実験の涙のレポートです
*Free & Easy 6月号 男のもてなし三ツ星料理 もてなし料理3品、作ってスタイリングして書きました。

2011年03月

高校生が被災者支援の募金活動をしているときいた。それほど人が集まっているようには見えなかったらしい。さびしいそうな、くやしそうな顔をしていたそうだ。

でも、がっかりしないでほしい。

気持ちはわかるが、高校生のみなさんは今こそきちんと勉強してほしい。

親の金で学校に行っているなら勉強してほしい。

はっきり言ったら今はそういう活動はしなくもいい。ひたすら勉強に打ち込むだけでもいい。

勉強したくても、部活がやりたくても、できない被災者がいる。

ただ、そういう同じくらいの年頃の仲間のことを忘れない。

必死で勉強してほしい。募金活動も立派な勉強の一つかもしれないが、それだけに夢中になるな。目の前で成果があがらなくてもガッカリするな。

一番吸収できる今、がんばるのは募金活動じゃない。油にまみれるなり、机に向かうなり、トラックを走るなり、がんばるのはそっちだ。

そして、

勉強が得意な人は飛び級でもなんでもできるくらい机に向かい、

技術を身につけたい人はどんどんワザを吸収していって、

みんな

立派な知恵を身につけて社会に出ていってほしい。

あなたたちはこれから何年かかるかわからない復興の凄まじいエネルギーになっていく人達だ。落胆している暇なんてない。募金を入れる人が少なかったりすることでしょげるな。うらむな。勉強しよう。

…金八先生ファイナルなんか見たせいだなあ…

 11日に地震が発生してから、17日。「もう17日」ではなくて、「まだ17日」と思う。被災された方、そして安否がわからない人を待つ方は「まだ17日、がんばろう」と思っておられることだろう。すでに頑張っておられるわけだけれど、でも、どうか、どうか頑張ってくださいと祈るばかり。


 ただ、原発については「もう17日」と思う。

 「もう17日もたったのに…」

 さらに驚いたのは東京電力は「地震のゴタゴタで検針できなかったので先月と同じだけ頂戴します」と言ってのけた。ものすごい会社である。

 地震に関係なく先月から節電していた人の努力なんて、まったく眼中にない。

 昔、つとめていた会社で自分で電話をかけておきながら

「誰?」

と尋ねた理不尽な人を思い出したが、当たり前だがそれどころではない。

 そのうえ、夏になったら、節電を促すために電気の料金の値上げもしようかなんて、完全に悪代官である。

 編集の人に

「忙しかったので計算できませんから、今月は先月の原稿料と同じでいいですよ」

 と言ってみようかと一瞬思ったが、今月は先月より書いているのでやめた。寄付できる額も減ってしまうではないか。


 ちなみに、僕は今風邪をひいている。実は節電に気合いを入れ過ぎて寒さにやられた。情けない。

 とにかく早いとこ仕事をすませて、次の原稿を完全に仕上げていろいろやらないと。

 

↑このページのトップヘ