加藤ジャンプの徒然ジャンプ

文筆家・加藤ジャンプの日記 〜コの字酒場探検家、ポテトサラダ探求家、09年からお客さん参加型『即興小説』やっています。 kato_jump115*ybb.ne.jp(*を@に変えて送信ください) ノンフィクションライター白石新のお問い合わせもこちらへどうぞ。

ごくごく最近の加藤ジャンプ:
*週刊朝日書評ページ『最後の読書』書きました
*dancyu東京特集で『立ち飲み番付』書きました
*dancyu 酒場特集で『きたやま』さんのことを書きました。
*テレビ東京系『二軒目どうする?』に出演しました〜
*HAILMARY magazineで毎月『終着駅でギムレットを』連載中
*ウェブ漫画「今夜は『コの字』で」を集英社インターナショナルHPで連載中(原作担当)http://www.shueisha-int.co.jp/
*dancyu中華特集で『味坊』さんのことを書きました。
*新潮社「考える人」で折り紙サークルについて書きました。数学の話デス。
*ALBAのノンフィクション、町工場で復活した伝説のクラブ屋について書いてます
*ALBAのノンフィクション、障害者ゴルフについて書いてます
*すみだ水族館「夜のスズムシ〜すみだ虫聴き〜」クリエイティブやりました。
*文化放送”くにまるジャパン”でコの字酒場のことをおしゃべりしました!
*すみだ水族館イベント「ウミガメQ」企画クリエイティブやってます。
*J-WAVE "GOLD RUSH"でコの字酒場のことをお話させていただきました!
*Free & Easy 7月号でもてなし料理を作ってます。パエリアとパスタ。そのレシピと使った調理器具が渋谷の東急ハンズでコーナー展開中です。
*dancyu7月号「記憶に残る名居酒屋」でコの字酒場の三四郎を紹介させていただきました。
*週刊現代5/11・18ゴールデンウィーク合併号『竹中直人さんインタビュー』素敵。この一言につきます。
*アルバ4月11日号『地図に載っていないゴルフ場 〜五島列島・小値賀島、浜崎鼻ゴルフ場の人々〜』
 五島列島にある島に島民自らが作ったゴルフ場があります。それはただのゴルフ場ではありません。自立のシンボルなんです。
*すみだ水族館 「すみだ水族館があなたの夢をかなえます〜ペンギン研究員〜』クリエイティブをやらせていただいてます。
*dancyu『日本一のレシピ』〜最強のポテトサラダを作る〜再掲載 見逃した方、ぜひ。むせかえるポテトサラダ実験の涙のレポートです
*Free & Easy 6月号 男のもてなし三ツ星料理 もてなし料理3品、作ってスタイリングして書きました。

2010年11月

今日は若干、アンダー系つまり下ネタと言われても仕方ない内容なので、よいこは落ち着いて読んでください。

最近、迷惑メールが激増しているのだが、これがだいたい「◯○◯を巨大化させましょう!」という内容の英文件名がくっついていて、果たして、いかなる手段を講じてそのような作用をなさしめるのか非常に気になるところだが、開けるだけでパソコンに悪さをするメールもあるそうなのでそのまま泣く泣く捨てるわけだ。実際は泣かないけど。

というわけで、中身は知らないが件名だけはちらっと眺めて捨てるという行為が毎朝のルーチンになっているわけだが、最近とても魅力をおぼえたのは「近所の◯○子です、いい加減アレを教えてください」というもの。近所に◯○子なんて知り合いはいないのだが、その半ば怒り気味の問いかけというか、どこか呆れ気味、要するに、ひろ子はずっとなにがしかを待ち望んでいるのにぼくがイケズで相手にしてくれへんの、なんでや…と恐らく関西弁ではないけれど、少しこみいった事情が背景にありそうな感じがしてよい。

こういうのをどんな顔して書いているのかまったくわからないが、おそらくは本人達の趣味なんだろうが、それにはもちろん所属する文化背景が如実に投影されているのだろうと思う。とすると、西洋人が大きさに執着し、日本人はディテールにこだわっているのか見えてきて、なるほどと思わず頷くわけだが、先日

「アリーシャです。あの大きさ忘れられません」というハイブリッドというか夜の万博的なものがあり、驚いた次第。いやはや、そんなことに感心しながら、迷惑メールを廃棄して、今日も原稿を書き始めるのであった。

海老蔵が殴られて話題になっているが、血まみれだったと耳にしたので、思わず

「お、エビチリになったか」

と言ったら友人に不穏当ですと怒られたオレだが、いろいろ話題になる人、スターなんだなあ、と思った次第。

高校生の時、東南アジアに住んでいて、やっきになって日本っぽいものを吸収したがりな時期があって、日本に帰るたびに寺に行ったり、芝居に行ったりしたのだが、その時、初めて玉三郎を見て

「なんかもう男でもアリなんじゃねえか?」

と思ってしまいそうになるほど美しさにやられてしまった。そんな具合に自らのアイデンティティを確認するために日本文化に浸ろうとしたのに、逆に男のアイデンティティが崩壊しかねないほど衝撃を受けて以来、なかなかに歌舞伎って好きなのだが、どうも、歌舞伎の人の私生活の話しを耳にしてしまうと、なんとなく見る気がなえてしまうのである。まあ、そういう話しが好きな人というのは結構多くて、たとえば、

「あのラーメン屋、美味しいね」なんて言うと、必ず

「でもね、あそこの主人、前に不倫しててね……」

みたいなことを言う人っていうのが大抵いる。それを聞いて

「ますます美味くなった!もうオヤジ、もう一杯くれ!」

となる思考回路の持ち主はおそらく少数派であり、そういうマイナスイメージは聞けば聞く程要らぬ先入観や言い換えれば高いハードルを作り上げることにつながるだけだ。

とはいえ、そういう人の噂もたばねて個人のイメージってのは出来上がるわけだから、日常からいろいろ気をつかわないといけないことは、長い間にとうに人は学んで来ていることだ。だから、シュリンプ王子みたいに生まれたときからスター街道を歩んでいるのに、そのあたりがうまく出来ないとなると、果たして芝居で人の気持ちなんて表現できんのかな、と思ってしまったりして……。

まあ、でもそういうことは誰でも気をつけなくてはいけないわけだし、ましてや個人事業主はなおさら。オレも零細文筆業のはしくれとして、そこらは注意せねばなるまいと自戒。

だが、ちらりと妄想して、

「あいつ、こんな乙女ちっくなこと書いてるくせに毛深い」

とかリアルに言われていそうだが、こればっかりはどうにもならぬ。

 

↑このページのトップヘ