加藤ジャンプの徒然ジャンプ

文筆家・加藤ジャンプの日記 〜コの字酒場探検家、ポテトサラダ探求家、09年からお客さん参加型『即興小説』やっています。 kato_jump115*ybb.ne.jp(*を@に変えて送信ください) ノンフィクションライター白石新のお問い合わせもこちらへどうぞ。

ごくごく最近の加藤ジャンプ:
*週刊朝日書評ページ『最後の読書』書きました
*dancyu東京特集で『立ち飲み番付』書きました
*dancyu 酒場特集で『きたやま』さんのことを書きました。
*テレビ東京系『二軒目どうする?』に出演しました〜
*HAILMARY magazineで毎月『終着駅でギムレットを』連載中
*ウェブ漫画「今夜は『コの字』で」を集英社インターナショナルHPで連載中(原作担当)http://www.shueisha-int.co.jp/
*dancyu中華特集で『味坊』さんのことを書きました。
*新潮社「考える人」で折り紙サークルについて書きました。数学の話デス。
*ALBAのノンフィクション、町工場で復活した伝説のクラブ屋について書いてます
*ALBAのノンフィクション、障害者ゴルフについて書いてます
*すみだ水族館「夜のスズムシ〜すみだ虫聴き〜」クリエイティブやりました。
*文化放送”くにまるジャパン”でコの字酒場のことをおしゃべりしました!
*すみだ水族館イベント「ウミガメQ」企画クリエイティブやってます。
*J-WAVE "GOLD RUSH"でコの字酒場のことをお話させていただきました!
*Free & Easy 7月号でもてなし料理を作ってます。パエリアとパスタ。そのレシピと使った調理器具が渋谷の東急ハンズでコーナー展開中です。
*dancyu7月号「記憶に残る名居酒屋」でコの字酒場の三四郎を紹介させていただきました。
*週刊現代5/11・18ゴールデンウィーク合併号『竹中直人さんインタビュー』素敵。この一言につきます。
*アルバ4月11日号『地図に載っていないゴルフ場 〜五島列島・小値賀島、浜崎鼻ゴルフ場の人々〜』
 五島列島にある島に島民自らが作ったゴルフ場があります。それはただのゴルフ場ではありません。自立のシンボルなんです。
*すみだ水族館 「すみだ水族館があなたの夢をかなえます〜ペンギン研究員〜』クリエイティブをやらせていただいてます。
*dancyu『日本一のレシピ』〜最強のポテトサラダを作る〜再掲載 見逃した方、ぜひ。むせかえるポテトサラダ実験の涙のレポートです
*Free & Easy 6月号 男のもてなし三ツ星料理 もてなし料理3品、作ってスタイリングして書きました。

2010年04月

誰に間違われているのか知らないが、最近たてつづけに見ず知らずの人に会釈されたり手をふられたり。ここ3日で4人くらいの人が善意100パーセントな笑顔で早足で向かってきて、至近距離で「あ、違った、スミマセン(東海林さだお風)」というふうに(実際に近くまできて「すみません」と言った人もいた)さって行った。

ドッペルゲンガーというのは、自分にそっくりな人を目撃してしまうことだけを言うのかと思っていたら、どうやら他人が誰かとそっくりな人を目撃してしまうのもまたドッペルゲンガーと呼ぶらしい。どうやらここ3日で約4名の市民達が俺を介してドッペルゲンガー類似体験をしたということになる。

たしかに、人類を

「あっさり」と「くどい」

に分別すれば俺はたぶん前者に該当すると思うが、かといってそれほどいろんな人に似ているような気はしない。俺の顔をアナライズしてその最大の特徴というか最大公約数になりうる成分を抽出すると

「白い」と「丸い」

の2つのファクターにたどりついたのが、世の中それほど白くて丸いのがいるかといえばそんなにいない。ためしに昨日買い物中「白くて丸い」ものを探して歩いてみたら、家具屋でワゴンにいれられて売られていたクッションくらいで、確かにそれは俺に似ていたが生き物ではない。

とまれ、こういう具合に誰かに勘違いされるとなると、一体誰が俺に似ているのか気になるのが人情だが、俺に挨拶した数名の人達に共通していることがあるかというとあんまり無いような気がする。男女ともに2名ずつで東京および横浜での出来事なので、なにしろパイがでかすぎて絞り込めない。

まあ、俺に似た人が悪い奴でなければいいわけで、そちらが人気がでて俺は後からソックリサンであやかるっていうのも手だが、首相と鳩山来留夫の関係を引き合いに出すまでもなく本家の人気が似ているほうの人気にそのまま反映されるので、これはもう人気が乱高下しないタイプの人であってほしい。だが、それはつきつめるとドラえもんとか招き猫とか、人間離れというか人間以外のものになっていく。そっちの分野だと「白くて丸い」のもけっこういるが、まさかあご髭はやしたキティちゃんもないし、ああ、一体俺は誰に間違われているのか謎は深まるばかりなのであった。

とりあえずトヨタがんばれ…

先週パソコンが壊れてにっちもさっちもいかなくなり、仕方なく新しいのを買うにいたった。こういうものは日進月歩とはよくいったもので、しばらくしないうちにとても性能がよくなっている(気がする)。自信をもって進歩した、と断言できないのは、どこがどのくらい発展しているのか俺にはよくわからないからで、とりあえずは、褒めて褒めて壊れないように機械にすりよっていこうというのが魂胆なのである。

たしかに前に持っていたのは、ペラペラでスポーツカーみたいにペッチャンコななりをしていたせいか、無闇に本体が熱をおびてくるくせがあって、そうすると機械の動き方がおかしくなるのがわかってきたので、あるときから保冷剤を使ったりなんかして、なだめすかして使っていた。すぐ熱を出す子供と冷えピタシートみたいなわけだが、わずか2年たらずの使用で、すっかりおかしくなってしまったのだからまいってしまう。

しかし、考えてみれば、ただ1台のパソコンを、「権藤、権藤、雨、権藤」どころではない、机上に雨は降らないので完全無休で酷使しているのだから、2年でダメになってもしかたないことかなあとも思う。そういう意味で冷蔵庫やテレビ、それに自動車なんて機械はすげえなあ、と感心していたのだが、パソコンなんて一日中俺の毛むくじゃらの手にぶっ叩かれ、いろんなことをやらされているんだから、冷蔵庫と一緒にしたらかわいそうかとも思う。かといって冷蔵庫をバカにしているわけではない(かように機械に対して平等かつ優しくなっているのは、なだめて褒めて使っていないと、突然言うことをきかなくなる気がしているからである)。

とまれ、毎日ブログを更新して、これからは真鍋かをりみたいになるんだあい、なんて淡い野望すら抱く前にこわれるのだから機械と人間というのは因果なものである。それで、古いパソコンのハードディスクを取り出してたたき壊してから廃棄だなと思いつつ、最後に一回だけ立ち上げてみようかなと思ったらなんとなく起動したから驚いた。とりあえず、中身を全部消し去ってまた一晩置いてみようと思うが、きっと今度は立ち上がらないような気がする。これがイタリア車だったり猫だったりすると、「そういうところが可愛い」となるが、パソコンはそうはいかない。言ってみれば最高速度500キロのカローラ(レクサスでもプリウスでもいいけれど)。そういうパソコンがほしい…くもないか。

四半世紀ぶりに読んでいるのが藤子不二雄Aさんの『まんが道』で、NHKで藤子F不二雄さんについての番組をやっていたのが端緒になって、読み返したところ、これがもう滾るものがどばっとあふれてきて、思わず一巻読み終わる毎に顔を洗ってしまうほどに、実直でまっしぐらにいいものを作ろうという若者達の世界がひろがり、もういてもたってもいられず、

「それで最近ブログ毎日更新しているの?」

と尋ねられたら、もしかしたらイエスなのである。とまれ、何十年たっても、背筋を正してくれる本なんて、なかなかないわけで、ほんとにありがたい。

電子書籍が話題になっていて、俺はあたらしい読み方が普及するのは大歓迎なのだが、それが紙でできた書物にとってかわるかと言ったらそれは違う。『まんが道』で思ったのがそれで、つまりは見開きでバーンといきたいとか、たとえば詩集なんてものは印刷した裏の文字がすけているところまでふくめて表現だったりするわけで、そういうものは代え難い。
一方で電子書籍にはきっと、『本気で飛び出す絵本』なんてものも可能になるだろうし、期待に胸がふくらむわけだ。

結局のところ、iPadだろうと文庫本だろうと、その中身を作る人達がどれだけ『まんが道』になれるかであって、その中身側にいるはしくれとしては、そこらへんを肝に銘じて日々精進とあいなるわけだが、さっきからMacから異音がしてくる不安な状況。弘法、筆を選ばず、って言ってもそれは空海だから選ばなくていいわけで、ベリーマッチユージュアルパーソンの俺はMacもペンもバリバリスラスラいってくれないと…とせっかくの気合いと当惑が混濁して乳化寸前の土曜日なのであった。

過日、帰宅の人の群れで鮨詰めの電車の中で、若い女性が二人で大声で話していて小耳にはさんだというよりは、勝手に耳にとびこんできた話。

俺の真横にいた全身黒尽くめの女性は、小柄なこちらは全身白尽くめの女性に向かって話しているのだが、

「◯◯のエマルジョンすげえいい」

「まじで?」

「超浸透する」

最近、俺は理系の女子高生のためのお仕事をしているいきがかり上(合法なこと)理系のお勉強に勤しんでいるので「エマルジョン」なんて言葉を耳にすると過剰に反応してしまい、彼女達が一瞬理系なのかと思い、「こういう派手な研究者もいるんだ」と思ったら、どうやらこれは乳液の話であった。とまれ、黒尽くめ女史は俺が聞いている、というかおそらく彼女達の半径5メートル内には筒抜けな大音量ドデカホーンなので、聞いていたのは俺だけではあるまいが、エマルジョンの一言に思わず彼女達のほうを向いてしまった俺であった。

そんなことにはかまわずブラッキーが

「ねえ、この間、合コンで一緒だった細い男覚えてる?」

「ああ、◯◯ちゃん」

「そう。でね、あの人、AV男優だったんだよ」

どのような合コンなのか非常に関心を持ち、むしろ「出席したい」と心の中で誰よりも高くを挙手した俺だったが、驚いたのは、黒白コンビがこの話をした瞬間、周囲の人達の目線が一挙に彼女達に注がれるのを俺は見逃さなかった。

意外にもその話は白尽くめ女史が

「そうなんだ」

「そうなんだ、じゃないだろ」とおそらくは居合わせた我々全員の一致した意見だったろうと思うが、とまれ、ホワイティーがいささかの動揺も見せずさらっと流してしまったために、糸を切られた凧のようになった俺達オーディエンスの視線は虚空を泳ぐばかりであった。

まあ、やっぱり刺激には勝てないわけでエマルジョンよりはAV男優なのだなあ、いたしかないとも思う。それでも、なにくそ負けるかと思いながら今、理系女子高生に向けた原稿を書いているのである。

やっぱり体は動かさないといけないのである。

季節はずれに寒いので、布団も服も冬物と夏物が一時に出そろう格好になり、ごったがえす部屋の中で、これまた半袖の上にカーディガンをはおって、それでも寒いので半天を着込んだうえに、髪の毛はおりからの雨のせいで湿気たっぷりにもわもわにアンドレカンドレ状態になり、もう何もかも神田川になっている。
だからといって湿っぽい歌は小さい頃から興味がなかったので、こういう時こそCSNYなんかを聴いてからっとしてやろうと思ったが、手元にあったのはHatfield and Northだけで、聴いてるうちにさらにドロドロの状態になってきたので、何かいい手だてはないかと思って、だしぬけに、いや試みにブリッジをやってみたら2センチくらいしか上がらない。いくらなんでも桁下2センチではチョロQですら通り抜けることができない、もはやブリッジではなく京土産の八つ橋とどっこいである。
これはいかんと思い、さきほどからMBTというマサイ族からヒントを得たという特殊なスニーカーでも買って歩けば身体能力はいささか回復も期待できるかと思ってみたりもしたが、それを履いている俺の姿はおそらくはアッガイになってしまうのでやめた。とまれ、今日はこれから飯を食いに出かけるので、帰りの道は雨だけれど一駅手前から歩いてやろうと思っているのであった。まあ、運動は奇しくもundoと、先ほど入力を「英数」のまま打って出合った言葉にはっとした。undoはその意味は「取り消す」わけだから、この体たらくをちょいちょいときれいさっぱりしちまおうというわけだ。 

51)蒐集癖があるのにはうすうす感づいていたのだが、最近は「ラジカセ動物」に凝りつつある。はじめは「働く動物」と名付けていたのだが、実際には働かせていないし、なんとなく俺が働く動物を集めているというのは、なんとなく「オッペルと象」みたいで、俺がムチを降り振り搾取している構図が浮かびあがる懸念があるので、最近はもっぱら「ラジカセ動物」と呼んでいる。ラジカセ動物と言っても、音楽を奏でるようなものではなく、つまりは、象型の貯金箱とか白鳥型の鉛筆削りとかそういう「道具プラス動物」の類い。実際には「チョキンバコ・エレファンタス」とか「シャープナー・シグナス」とかまあ、カール・リンネ風に名付ければそんな塩梅になりそうなモノ達なのである。で、蒐集癖のレンジは拡大する一方で、

焼き物(もう病気。業に近い)

ふくろう(知恵の神様にあやかりたい)

プレイモービル(最近冷め気味)

ミニカー(数えないようにしている)

万年筆(最近中断)

ブローチ(とめどない)…

などなど枚挙に暇がない。で、こういうものはただ持っているだけでは仕方なく、夜な夜な一人でこっそり眺める潤一郎的な快感もいいけれど、やっぱり飾りたいのである。そういうわけで、いろいろテーマを決めてやってみるが、青い車ばかり飾ってみたり、プレイモービルもスポーツしている奴等だけ並べてみたり、焼き物は食卓に出す時に春めいた柄だけ使ったり…とまあこんな具合。で、これはつらつら考えてみれば、ああ、こりゃあキュレーションなんじゃないか、と思い至る。

そこで宣言。そうだ、俺は日常にアートを感じ実践している決してイメルダみたいに集めるのが目的じゃない!

と言い訳しながら今日も「カエルの形の鉛筆削り」など諸々注文してしまったのであった。

*写真はラジカセ動物の一部。背景の本は気にしないでね

写真萬文筆屋の俺、はじめて誌面で料理をした。講談社さんの理系女子高生の受験情報サービスの会員誌の中で

『Rikejo キッチン』

という企画。理系の女子高生が読むわけで、レシピやら解説やら、どれも理系な知識で裏付けをしながら、まあ要するに実証的料理教室なわけである。俺はというと、料理は「勘と経験と運」という言語化されていない世界観の中ででやってきたので、あらためて、「切れない包丁で無理矢理切ると『なんちゃら酸』の膜が破れて飛沫が空気中に飛んで涙が出るんダヨ」なんていうことを知ったりして、これは実に面白く、あらためて料理はとっても論理的で実験クンな営みなのであると再確認するのであった。

キッチンスタジオでとても気楽な雰囲気の中、3種類のポテトサラダ(ノーマル、黒、赤の3バリエ。編集のIさんいわく『ポケモンみたい』。)を作っり、皿も俺のお気に入りのスティグ・リンドベリにKaunisteのリネンをコーディネートさせてもらって乙女オジサンはウキウキ、しかもスタジオは広くて冷蔵庫も大きいし、もう気持ちのうえでは東京12チャンネルで放送していた

『世界の料理ショー』のグラハム・カー気分(声は俺の大好きなチョンマゲ劇『大江戸捜査網』のナレーション「死して屍拾う者無し」と一緒:余談)になってノリノリだったわけだが、なにか足りない。ジャガイモが足りなくて買ってきてもらったりしたのだが、それだけじゃない。なんかこう、皮向いて、◯○して、塩ふって、◯○して、マヨネーズ作って、◯○して…みたいな一連の流れはきわめて円滑そして雰囲気はなごやかで実に楽しいのだが、ずっと「◯○して」が足りない感じするのであった。強いて言えば、YESのロンリーハートで「ジャン!」というオーケストラヒット(って昔は言ってた。VIVA!トレバー・ホーン)が無い感じ?

ああ、なになに、と思案にくれていたら、なんだか右足の踵にやけに体重がかかっている感じがしてきた。そういえば左手がとても暇でバランスがおかしい…。刀を取り上げられた侍のごときこの平衡感の無さ…

刹那、脳裏に一閃…

ああ、酒飲んで無かったんだ。もう左手が暇で暇で…
やっぱり俺はグラハム・カーじゃなくて、金子信夫を目指そうと思うのであった。

*Kaunisteのリネンはこちらで購入。ハンドプリントのフィンランドのリネン。たまらん。

あまりにブログ更新をしていなかったのは、ツイッターのせいなのだった。あれでちょこちょこ近況やら思っていることを書いてしまうと、なんだかブログ書いたような心持ちになってしまって、それではオヤスミナサイと寝てしまって更新せずという、いけないループに陥ってしまった。

中毒性があるのかどうかわからないが、特に深夜に誰かが起きているのかわかったりすると、「あ、みんな頑張ってるのねウフ」となって勝手に励まされたりする効用もあったりと、mixiはあまり活用せず仕舞だったに比べて、あっというまにツイッターはきわめて日常化している。

昨日、ツイッターをからめたドラマが始まったそうだが、俺はひいひい原稿を書いていたので放送は見ておらず、ただツイッターやらそこにリンクされたブログを見ていたら、ほとんど「?」という感想ばかりだったので逆に興味がわいてくるという不思議な現象。景気の悪いことが当たり前になって久しいけれど、そんなことはどこふく風で浸透していくツイッターにあやかりたいのはわかるが、まあ、ツイッターは、現象というよりは通信手段が一つ増えたようなものだから、ドラマってのは意外に難しいんじゃなかろうか。電話が発明されたからといって「電話舞台」なんてのが上演されたなんて話は聞いたことがないし、少なくとも「電話群像劇の古典」なんてものも知らないから、もしベルが発明した頃に存在していてもとっくの昔に消えているんだろう。というわけで、まあ、ツイッタードラマってのも不朽の名作なんてことはハナから無理だろうし、それは作っているほうもわかっているだろう。かといって何かものを作るのに不朽の名作作ってやろうぜ、っていう気概が無かったらいいものなんて出来るわけないので、期待はできない。だから、まあ、たぶんこのドラマは見ないんだろうな。見ないであーじゃこーじゃ言うのもなんだけどね。

↑このページのトップヘ