加藤ジャンプの徒然ジャンプ

文筆家・加藤ジャンプの日記 〜コの字酒場探検家、ポテトサラダ探求家、09年からお客さん参加型『即興小説』やっています。 kato_jump115*ybb.ne.jp(*を@に変えて送信ください) ノンフィクションライター白石新のお問い合わせもこちらへどうぞ。

ごくごく最近の加藤ジャンプ:
*週刊朝日書評ページ『最後の読書』書きました
*dancyu東京特集で『立ち飲み番付』書きました
*dancyu 酒場特集で『きたやま』さんのことを書きました。
*テレビ東京系『二軒目どうする?』に出演しました〜
*HAILMARY magazineで毎月『終着駅でギムレットを』連載中
*ウェブ漫画「今夜は『コの字』で」を集英社インターナショナルHPで連載中(原作担当)http://www.shueisha-int.co.jp/
*dancyu中華特集で『味坊』さんのことを書きました。
*新潮社「考える人」で折り紙サークルについて書きました。数学の話デス。
*ALBAのノンフィクション、町工場で復活した伝説のクラブ屋について書いてます
*ALBAのノンフィクション、障害者ゴルフについて書いてます
*すみだ水族館「夜のスズムシ〜すみだ虫聴き〜」クリエイティブやりました。
*文化放送”くにまるジャパン”でコの字酒場のことをおしゃべりしました!
*すみだ水族館イベント「ウミガメQ」企画クリエイティブやってます。
*J-WAVE "GOLD RUSH"でコの字酒場のことをお話させていただきました!
*Free & Easy 7月号でもてなし料理を作ってます。パエリアとパスタ。そのレシピと使った調理器具が渋谷の東急ハンズでコーナー展開中です。
*dancyu7月号「記憶に残る名居酒屋」でコの字酒場の三四郎を紹介させていただきました。
*週刊現代5/11・18ゴールデンウィーク合併号『竹中直人さんインタビュー』素敵。この一言につきます。
*アルバ4月11日号『地図に載っていないゴルフ場 〜五島列島・小値賀島、浜崎鼻ゴルフ場の人々〜』
 五島列島にある島に島民自らが作ったゴルフ場があります。それはただのゴルフ場ではありません。自立のシンボルなんです。
*すみだ水族館 「すみだ水族館があなたの夢をかなえます〜ペンギン研究員〜』クリエイティブをやらせていただいてます。
*dancyu『日本一のレシピ』〜最強のポテトサラダを作る〜再掲載 見逃した方、ぜひ。むせかえるポテトサラダ実験の涙のレポートです
*Free & Easy 6月号 男のもてなし三ツ星料理 もてなし料理3品、作ってスタイリングして書きました。

2010年03月

もみあげの問題とゆとり世代のつながりについてすっきりしてきた。

気がつくともみあげが大変なことになっていて、裾広がりというかパンタロンというか毛羽立った筆のようになっている。だいたいヒゲともみあげの境がわからないので、いつもひげ剃りで迷うが、打ち合わせに向かう道すがら電車の窓にうつった自分の姿を見て、帚OR熊手みたいになっていることに気づかされ、さながら「耳下酉の市状態」なことを指摘される前にこっちからカミングアウトしてみた。相手は、若い編集者だったのだが、

「高見山みたいでしょ」

と言うと「?」という顔つきをされたので、

「荒勢みたいでしょ」

ともう一度角界にオマージュを捧げてみたら、さらに混迷の度合いを深めるかと思いきや、相手は次の話題に移っていて、こちらはうすら寂しかった。もみあげ一つで世代の違いが出るのかと思って、時代をさらに近年に設定して「「闘牙」とか「黒海」っぽくない?」などと食い下がろうかとも考えたがやめておいた。

世代の違いなのか興味の対象の差異なのか、そのあたりは後者であることが濃厚だと思うのだが、さておき4月には「ゆとり世代」の皆さんが入社してくるというので、今は、不謹慎な小学生が台風前夜に興奮しているような、複雑な心境に成っている俺だ。つまり、ゆとり世代の若者と仕事をすることも今後ふえてくるわけで、その時は、「高見山がわからない」とかいう次元ではないミラクルが頻発するのかしらと想像するのだが…なんてことを思っていたら打ち合わせが粗方終ってしまった。春は集中力が足らん。

打ち合わせを終えて、電車にのるといわゆるリクルートスーツの青年が不必要に足を広げてすわっていて3人分位占領していたので、たいして座りたくなかったのが、俺のグローバルサイズなヒップを押し込んで座ったら舌打ちされた。少なくともその青年と俺、つまりは、ゆとり世代とアラフォーおじさんの間には、ゆとりは介在しなかった。あったのは俺のもみあげだけだったである。



ピクチャ 3この週末、福生へ行ってきたのは、またNorth Cafeというお店に顔を出しにいったのではなく、信じられない連絡を金曜の朝方耳にしたからだった。Northは素敵なお店で、行っただけで日本ではないような気持ちにしてくれる場所だったから、そこへ行くだけでも楽しかったけれど、なによりそこにいる、ある人に会うのが楽しみだった。だから今回福生に行ってきたのも、その人に会うのが目的だったから、どのみちNorth Cafeに行ったのと同じなのかもしれない。俺にとっては、その人が福生のNorth Cafeという店そのものであった。

はじめはFree & Easy という雑誌の取材で伺って、この時も福生から俺の家は遠くて、やっぱり家に帰ったのは夜半過ぎになったのだけれど、そういう長丁場をやっても全然苦じゃない楽しい現場だったのは、そこにその人がいたからだった。もちろん仕事の話もするが、あいまあいまに入ってくるエピソードが増えて行くうちに、その人の過ごして来た人生が見えて来て、俺は、「ああ、こういう人を自由な人と言うのかなあ」と思ったりしていたが、その人は、そんなぼんやりした俺の目の前で、丸いコインをハンマー1つで叩くうちに、みるみるうちに立体に変えてしまう。確固たる自信があるからなのだろうが、その人は特別誇るようなことを言われたおぼえがない。明るくて面白くて、そのたたずまいはミュージシャンのようなだなと常々思っていて、俺は勝手に福生のクラプトンと呼んでいたが、その風貌がまた真似しようにもできっこない、そういう人だった。


シルバーアーティストの橋本毅さんが2010年3月26日に亡くなった。このリングが形見になるなんて想像もしたことがなかったけれど、これからは、せせこましくなりそうな自分がいたら、これを見て、よし自由にやろう、と言い聞かせようと思うのだ。

筒井康隆さん原作の「時をかける少女」(仲里依紗主演:すばらしいのよ、ほんと)土曜日から公開された。大盛況なのである。

で、俺はこの映画のサイトにある「時かけ検定」という企画の問題と解答・解説を書かせてもらったのだけれど、これが自画自賛するわけではないけれど、面白くってなかなかに好評をいただいているらしい。欣喜雀躍(Yさんありがとう!)。

サイトにとんでいただけば、素晴らしくいい音がして、さらにテンションがあがるのだけれど、これがあの飯野賢治さんが作っておられる。思えば大学時代に「ゲーム」を読んで、ゲームはあまりやらないのに、とてつもなく刺激を受けた(工場での逸話だけでも、いまでも1升は飲めます)。そんな方とこういう形で仕事でかかわれるなんていうのは、これはもう嬉しいとしか言いようがないのである。

ちなみに時かけ検定のurlは以下


http://tokikake.jp/indexp.html

右側にある小さい青い四角をクリックしてくださいませ。豪華賞品が当たるのであります!


で、で、映画のこと何も書いてなかったけれど、これはもう原田知世、もとい大林版へのオマージュたっぷりで、甘酸っぱい=時をかける少女、な元中学生・高校生にはたまらない。恋だぜ、恋。けど時間はどうしようもないんだよ。ううう、切ない。俺は3回見たけれどそのたびに感じるものが違う。必見!

というわけで今回はオチはなし。いいの、感動しちゃってるんだからオチとか無くて。

今更ながらアバターを見てきた。ガンジーはすごいと思ったのだった。

地球はすっかり汚染されてしまった未来の話。遠い惑星で先住民を武力で制圧して、その土地にある貴重な鉱石を奪おうとする人類と、巨人先住民ナヴィの中にアバターなる人造ナンチャってナヴィ肉体を使って彼らの中に入り込んだ青年が、だんだん、どっちが正しいんだっけ、と自問自答して、最後には先住民側を率いて戦うという、ものすごくかいつまんで話せばそういう話。

ダンスウィズウルブスとかラストサムライなんかの系譜にあるというか、異文化そして近代化された攻撃側の人間が古き良き側について戦う物語なのだった。
というわけで、ストーリーはなかなかビンテージな展開。科学者役のシガニー・ウィーバーのおかげで、「おお、そういえばSFだった」と思い出させてくれるのであった。 

それにしても…

迫り来る極悪人類の攻撃に対抗するのはわかるけど、最終手段が実力行使しかないってのはどうなのかしら。
遠い未来、しかも違う星の話なのに、とどのつまり解決法が戦争じゃあ、何の希望もない。惑星パンドラなんて言いながら、このパンドラは蓋を開けたら、希望も残らないんでないの?なーんて思ってしまった。

もちろん映像は凄まじく、3D映像には、つづけざまにどひゃあ、となるのだけど、1時間もすると「もっと飛び出してこないかねえ」となってくる。いははや人類は強欲。 おお、その強欲さを自覚しろ、ということなのかな、なんて無理した解釈しながら映画館を後にしたのであった。 

もやもやしたので明日はインビクタスを見てきます。

 

吃驚したことに2月はたった2回しかブログを更新しておらず、せめて毎日何を食ったかぐらいは書いておかなくてはいかんと反省しつつ3月の1日になった。草木が茂る時だから弥生という名前になったと昔聞いたけれど、今日あたりは草が茂どころか実も色づきそうな天気で、いよいよ気象の異常さも尋常ではないことになってきたのかしら。

そういえば、この間「Age of Stupid」という映画を見て来たのだが、これは人類最後の一人になった(ピート・ポスルスウェイト。ブラス!とかユージュアルサスペクツとか。完全なる男顔の渋い俳優)男が、なんたって人間はなんとかなりそうな時に手を打たなかったのか、ああ、まったく愚者の時代だったんだな、と回想する映画なのであった。風力発電施設設置をめぐる争いだとか、インドの格安航空会社なんかがでてきて、そのドキュメンタリーを見るだけでも面白かった。

そもそも環境とか公害みたいなことについて、何十年経っても奥歯にものがはさまったような言い方になってしまうのは一体どうしてか、と考えてみたが、やっぱり、自由を前提に生きている以上、「盗み」とか「殺し」みたいに説明不要な真っ黒以外の灰色なものに対してはダメとは言いにくいところがあるんだろう。だから、こういう映画は、石油をボンボン燃やしたり、いわゆる環境に反する行為は、人殺しなんですよ、真っ黒なんですよ、ということを暗喩しまくるのである。ところが、恐ろしいのは現実にこれだけ人殺しが横行していると、環境破壊=人殺し、と言われても、「ああ、そうなんだ」ぐらいの感覚になってしまっているんじゃないか、と懸念してしまうのである。戦争しながら環境保護を訴えるとか、ちゃんちゃらおかしいわけで、ああ、基本からしっかりしないと、とあらためて思った次第。


 

↑このページのトップヘ