加藤ジャンプの徒然ジャンプ

文筆家・加藤ジャンプの日記 〜コの字酒場探検家、ポテトサラダ探求家、09年からお客さん参加型『即興小説』やっています。 kato_jump115*ybb.ne.jp(*を@に変えて送信ください) ノンフィクションライター白石新のお問い合わせもこちらへどうぞ。

ごくごく最近の加藤ジャンプ:
*週刊朝日書評ページ『最後の読書』書きました
*dancyu東京特集で『立ち飲み番付』書きました
*dancyu 酒場特集で『きたやま』さんのことを書きました。
*テレビ東京系『二軒目どうする?』に出演しました〜
*HAILMARY magazineで毎月『終着駅でギムレットを』連載中
*ウェブ漫画「今夜は『コの字』で」を集英社インターナショナルHPで連載中(原作担当)http://www.shueisha-int.co.jp/
*dancyu中華特集で『味坊』さんのことを書きました。
*新潮社「考える人」で折り紙サークルについて書きました。数学の話デス。
*ALBAのノンフィクション、町工場で復活した伝説のクラブ屋について書いてます
*ALBAのノンフィクション、障害者ゴルフについて書いてます
*すみだ水族館「夜のスズムシ〜すみだ虫聴き〜」クリエイティブやりました。
*文化放送”くにまるジャパン”でコの字酒場のことをおしゃべりしました!
*すみだ水族館イベント「ウミガメQ」企画クリエイティブやってます。
*J-WAVE "GOLD RUSH"でコの字酒場のことをお話させていただきました!
*Free & Easy 7月号でもてなし料理を作ってます。パエリアとパスタ。そのレシピと使った調理器具が渋谷の東急ハンズでコーナー展開中です。
*dancyu7月号「記憶に残る名居酒屋」でコの字酒場の三四郎を紹介させていただきました。
*週刊現代5/11・18ゴールデンウィーク合併号『竹中直人さんインタビュー』素敵。この一言につきます。
*アルバ4月11日号『地図に載っていないゴルフ場 〜五島列島・小値賀島、浜崎鼻ゴルフ場の人々〜』
 五島列島にある島に島民自らが作ったゴルフ場があります。それはただのゴルフ場ではありません。自立のシンボルなんです。
*すみだ水族館 「すみだ水族館があなたの夢をかなえます〜ペンギン研究員〜』クリエイティブをやらせていただいてます。
*dancyu『日本一のレシピ』〜最強のポテトサラダを作る〜再掲載 見逃した方、ぜひ。むせかえるポテトサラダ実験の涙のレポートです
*Free & Easy 6月号 男のもてなし三ツ星料理 もてなし料理3品、作ってスタイリングして書きました。

2009年11月

MJの最後のライブパフォーマンスとなるはずだったロンドンでのTHIS IS ITのリハ映像を映画化したTHIS IS ITを最終日に見てきた。

最終日は、ちょっとしたパニックの様相で、どこの映画館も満席が続出していたようで、いろんなところへ行ってナントカミテキタというようなツブヤキも散見された。気楽に構えていた俺は慌てて予約をこころみたところ、9割方席は埋まっていて、レイトショーとは思えない大盛況。お世辞にもいい席とは言えない場所をなんとかリザーブして、上映時間まで真面目にお仕事をした。

席も予約してあるし〜と、大好きなDIRTY DIANAを口笛で唄いながら到着すると、いつものTOHOシネマズ横浜とは明らかに違う騒然とした雰囲気。

ロビーは台風で飛行機が飛ばなくなって混乱している飛行場みたい。

席を予約してあっても、券売機に数字を入力して紙のチケットを発券してもらわないと入場できないので、機械を待つが、これが大変な行列であって、行列嫌いの俺としては、かなりヘロヘロで脳内にはLEAVE ME ALONEが流れまくっていた。

とまれ、なんとか間に合い、巨大コークを片手に大スクリーンに現れるマイケルを待った。

これで最近流行りの「吹き替え版」とかだったらどうしよう…と思ったが、流石にそんなことはなくきちんと始まる。この時点ですでに鳥肌。

細かい楽曲やらいろんなことは言うまい。

とにかく、素晴らしいものを作り上げようという志が一人の天才を中心に集まる様は、人間のなしうる至高の到達点を見せるのだった。

驚くべきは、皆、後光さすMJを前に、きちんと質問をし、意見を求めるのだ。

しかし、心底尊敬している相手であれば、意見も言える。それは相手が自分の言葉など理解できないわけがないという最大の信頼があるから。

さらに素晴らしいのはMJが怒らないこと。もちろん、MJが怒ったら、現場は凍り付きものが進まない。すでに畏怖があり、ちょっとつつけば泣いてしまうほどに皆感動しながらリハしているのだ。とまれ、それをわかっていようといまいと、少なくとも映画の中では声を荒らげることのないMJは凄い。

とにかくよいもの、そしてメッセージを伝えるために皆が全身全霊をかける。それも適度にリラックスしたムードで(ここ大事)。素晴らしい。


それにしても、極限までスリムで長い手足を自在に動かすMJの姿はもはや、

マイケル・ジャクソンではなくマイケル・シャクソン(釈尊)なのであった。
ほんとうに残念。だが、より高いものを目指して、妨げるもののない天上へ行ってしまったのも頷けるような気もしてしまった。荘厳なのだ。


エンディングまで席を立つものはおらず拍手。万来の拍手。

席をたってロビーへ戻ると、まだまだ黒山の人だかり。映画館のスタッフは

「急遽26時半から上映決定しました!」と叫ぶ。やるじゃないかTOHOシネマズ。見たい人のために人肌ぬいだんだね。なんだかMJのスピリットがすでに動き出したような気がして俺は出来もしないムーンウォークにトライしたが、やっぱり無理だった。

 


先日GIKOH GIKOHのライブが吉祥寺であったので、原稿を少し休ませていただいて韋駄天運転で現地へ。

このバンドは先日、俺がやったJUMP亭で演奏をしてくれた須磨和声率いるバイオリン中心のプログレバンド(ちなみに和声君の父君はプログレバンド美狂乱のギタリスト)でギターは俺の敬愛する福田真一朗氏なのである。で、シルバーエレファントとという(これが、ちょっと前にはよくあった感じの、なんというかすごくライブハウスっぽいライブハウスで、今みたいに趣向をこらしたところはなく、受付は昔の映画館みたいに小さな窓があって、ステージも教壇くらいの高さしかない、渋い)彼らの今年最後のライブ。

もはや行くしかないのである。

道を間違えたり、というかいつの間にか多摩地区の道がすさまじく開発されていて、俺の知らん景色に見とれていたら全然ちんぷんかんぷんな所へ行ってしまったりしながら、ギリギリ出番に間に合うと、そこに和福の二人が。

車なので仕方なくジンジャーエールなんて可愛いものを頂きながら拝見拝聴。

この日はベーシスト不在というアクシデントがあったにもかかわらず、すさまじく耳に残るメロディーがバイオリンが縦横無尽に走りまわる。周りは暖かい目とするどい技術で支え、いやあ、なんいうのプログレって本当はこういうことなんだろうなあ、と思った次第。

ステファン・グラッペリがフランク・ザッパを聴いて日本酒を飲みながら作曲したら…、

とかそんな愉快なイマジネーションをかきたてるバンドなのであった。ちなみに和声君は近々公開されるのだめカンタービレのバイオリンの指導もやっていたそうなんで、そちらにも興味がわいてきた。

で、弓が限界に達するころこの日のセットリストは終了。俺は否応なしに現実に引き戻され、それでも原稿を書きたくないので、遠回りして中華屋によって夜食。太るし、眠くなるし。ますます原稿は遠のくのであった。アーメン。いやラーメン。

そもそも宿題がたまりすぎて逃避のしようがなくなっているのが現状がいかんのだが、おいうちをかけるように雨がふりつづくせいで、どうも気分がダウン気味であった。とくに今日は、いろいろ後手後手にまわるし、あーはかどらん。何か外的な因子があるんではないか、とつらつら考えてみたら…あった。

前の晩、ひさかたぶりに地元の飲み屋へ行った。ここのところホーム野毛ですら行っていない。東京でばかり飲んでごめんねヨコハマ。

とまれ、ほろ酔いで、さあ頑張って書くもんね、と気合いをいれて駅の階段を降りていくと…。

突如、階段下のバス停のところに躍り出たる男。いきなり上のほうを向いて叫んだ。

「北斗百烈拳」

「あたたたたたた」

家路を急ぐ人々は足をとめヤツを見る。得意そうに腕を動かすが、「あたたた」の数よりははるかに少ない。そして最後に俺を指差して

「お前はすでに死んでいる」

と言い残して走り去っていった。

感じわるうううううう〜

田舎フーリガンから呪いをかけられたせいか、翌日、つまり今日はバッタバタであった。でも、もちろん俺はピンピンしている。

なにせ俺の本名はシン。百烈拳みたいにちょいちょい出てくる技じゃなく、シンを倒すなら北斗十字斬なのさ。甘いな、酔っぱらい。

 

写真あったかいし、やけに雨が多いのでそんな気がしないが、実は世の中、来年の手帳やカレンダーが店頭に並ぶような季節になっている。

中学で寮生活になり必要に迫られて、あれこれ予定を書き込むようになった。それでかれこれ20年以上、一週間見開きのスケジュール帳をつけつづけてきたところ、全部後生大事にとってあるので、今では20冊の大河ロマン。たまにふりかえると面白い。

中学生の時は、誰にもらったのかシステム手帳なんか持っていたらしく結果、14歳から15歳までの記録は6つ穴のあいた紙切れの束である。バインダーは満員電車で折れ曲がってしまってもはやない。filofaxの廉価版でstylofaxというのが売ってたんだが、俺のはそれだった。なんていうか精一杯のバブルなのであった。

その後は、レッツだとか、そんなのを使っている時代がずっとつづいていて、途中なぜかシオノギ製薬と三洋電気の手帳を使っていた時代がある。渋い。

ここ数年は安定せず、あれやこれや一年のうちに何冊が使ってみた年もあったりで…。いかん、いかん。

で、この前、「俺も大人やし、スマイソン買うてもええやろ」と心のうちで何故か関西弁で言い訳しながら伊勢丹に行ったら、高価なので尻込みした。なので直接問い合わせて購入したら、全然安価に手に入ってしまってご満悦。円高万歳。油紙に包まれて、ホイっとポストに入れられていたが、あけてみたら水色の色気のある箱に入っていて、来年は、いいことばっかり書きたい、と今から考えると鬼が笑うかなあ、と思ったが、今日はポストに「年賀はがき印刷承ります」というチラシが入っていた。なんだか、そわそわしてくるが、それこそ鬼が笑うんだろう。

つい先日、花形歌舞伎『盟三五大切』を観てきた。新橋演舞場は久々だったが、内装がモダンになったのは知っていたが、花道の様子がわかるようにモニターが設置されているのには驚いた。大向で思わず「電気屋」とかけたくなる。誰に。
とまれ、かれこれ20年以上歌舞伎と文楽を見に行っているが、相変わらずチンプンカンプンなことがたくさん。それでも見ちゃうのは、やっぱり日本人の遺伝子のせいなのだろうか。 

さて、前に見たとき八右衛門をやっていた染五郎が今度は源五兵衛をやっていて、こういうのをDNAというか伝統というか。とにかく若くて格好よくていい。

先月は、さらば歌舞伎座というんで『義経千本桜』を見てきたが、とてつもなく円熟の義経が登場し、八双飛びどころか、骨粗鬆症が心配になってしまった。それも伝統なんだろうが、それでも若くてキリッとした役には、やっぱり、すっきりした若手がやるのがいいと俺は思ったばかりなので、なおさら今回は楽しい。

そして菊之助。ああ、やっぱりかっこいい。

スケキヨやってもいいし、もちろん政岡やったときなんてもう俺は惚れた。先月の歌舞伎座の静御前なんて、腰が抜けそう。

で、今回の三五郎。ナイス。いやナイセスト。血筋っていうのはすごいもんである。

かくいう俺は、耳をピクピクと動かすことができるが、これは父親譲りなのであった。血筋もいろいろ。

R0011288JUMP亭に来てくれたK氏と、同じJUMP亭イベントで知り合ったKマン氏とうちのDWの4人で酒を飲んだ。学大にある静かなお店で、時々行くのだが、いつ行ってもうまい。美味いかどうかはメンツ次第ということは真理だと思っているが、そういう意味で、昨日の飯はかなりの美味しい仕上がりであった。

ダブルK氏は旧知の仲だそうで、二人とも仕事をしながら表現活動をしている。先日のイベントではK氏がキーワードに「存在を照らす」と一言書いてくれたのだが(このワードは結構苦戦したが、JUMP亭第二章以降に大きくかかわるキーワードになっているのだ)、俺はてっきり洞窟の比喩とか、そういうのだと思っていたら、アウグスティヌスですよ、とK氏から教えられ、さっそく「告白」を購入。全然読んだことがなかったのだが、これがぶっ飛んだ話で、単純にアウグスティヌス’Sライフを追うだけでも充分面白くてまいった。

とまれ、そんな具合にみんな、いろいろと話をしていると、これは大げさに言ったら「知の交易」であって、ああ人間にしかできない楽しいことをしている、と思ったりして。それで、俺は調子にのって「アイドルはシラー」などと暢気なことを宣わっていたが、店を後にして偶然にも学大ガード近くの路地にお洒落古書店を発見したKマン氏が

「交換こしましょうよ」と提案した。俺は頭の中で「「知の交易」ってすげえかっこいい言い方」と内心で自画自賛していたところだったので、それを実行する「本の交換」という提案に一気にボルテージが高まり、超積極的に渉猟し1冊を交換用に、残りはまったくの個人的趣味で購入した。

結果、

「トールキン小品集」「南方熊楠稚児談義」「カタロニア讃歌」「フロイトのセックステニスー性衝動とテニス」という超連立政権みたいな顔ぶれが出そろった。ちなみに、俺のところには、K氏からカタロニア讃歌が手元に。食事中、「1Q84」が話題になり「オーウェルとのからみは」なんて話題があったので、そこへのリンクなのであり、いやはや粋
。ちなみにDWのもとには「フロイトのセックステニス」。「知の交易」はやめられない。

↑このページのトップヘ