加藤ジャンプの徒然ジャンプ

文筆家・加藤ジャンプの日記 〜コの字酒場探検家、ポテトサラダ探求家、09年からお客さん参加型『即興小説』やっています。 kato_jump115*ybb.ne.jp(*を@に変えて送信ください) ノンフィクションライター白石新のお問い合わせもこちらへどうぞ。

ごくごく最近の加藤ジャンプ:
*週刊朝日書評ページ『最後の読書』書きました
*dancyu東京特集で『立ち飲み番付』書きました
*dancyu 酒場特集で『きたやま』さんのことを書きました。
*テレビ東京系『二軒目どうする?』に出演しました〜
*HAILMARY magazineで毎月『終着駅でギムレットを』連載中
*ウェブ漫画「今夜は『コの字』で」を集英社インターナショナルHPで連載中(原作担当)http://www.shueisha-int.co.jp/
*dancyu中華特集で『味坊』さんのことを書きました。
*新潮社「考える人」で折り紙サークルについて書きました。数学の話デス。
*ALBAのノンフィクション、町工場で復活した伝説のクラブ屋について書いてます
*ALBAのノンフィクション、障害者ゴルフについて書いてます
*すみだ水族館「夜のスズムシ〜すみだ虫聴き〜」クリエイティブやりました。
*文化放送”くにまるジャパン”でコの字酒場のことをおしゃべりしました!
*すみだ水族館イベント「ウミガメQ」企画クリエイティブやってます。
*J-WAVE "GOLD RUSH"でコの字酒場のことをお話させていただきました!
*Free & Easy 7月号でもてなし料理を作ってます。パエリアとパスタ。そのレシピと使った調理器具が渋谷の東急ハンズでコーナー展開中です。
*dancyu7月号「記憶に残る名居酒屋」でコの字酒場の三四郎を紹介させていただきました。
*週刊現代5/11・18ゴールデンウィーク合併号『竹中直人さんインタビュー』素敵。この一言につきます。
*アルバ4月11日号『地図に載っていないゴルフ場 〜五島列島・小値賀島、浜崎鼻ゴルフ場の人々〜』
 五島列島にある島に島民自らが作ったゴルフ場があります。それはただのゴルフ場ではありません。自立のシンボルなんです。
*すみだ水族館 「すみだ水族館があなたの夢をかなえます〜ペンギン研究員〜』クリエイティブをやらせていただいてます。
*dancyu『日本一のレシピ』〜最強のポテトサラダを作る〜再掲載 見逃した方、ぜひ。むせかえるポテトサラダ実験の涙のレポートです
*Free & Easy 6月号 男のもてなし三ツ星料理 もてなし料理3品、作ってスタイリングして書きました。

2009年10月

明け方、空海、嵯峨天皇とあともう一人が思い出せなかったところがはじまりだった…。

野毛にて写真家・有高唯之氏とギタリストの福田真一朗氏と飲む。

有高氏いわく「野毛ははしごしたくなる町」で、今回も都合3軒渡り歩く。

実はJUMP亭で顔をあわせた三人で、ちょいと企画をやろうという打ち合わせのはずだったのだが、気がつけば部室トーク。男子だけというのは、ほんと十代からほとんど変化がない。ところが、こういうハッピートークの中に面白い企画はひそんでいるもので、だからこそ酒はやめられない…という理由でどんどん飲むのである。最終盤ドーベルマンワイフがやってきて3人とドーベルマンで語り合ったが、やはり男子トークであった。それにしても、語らえば語らうほどにいろいろネタは出てくる。だいたい3本は実行すべきものがある。すばらしい。

とまれ、それぞれ違うジャンルで仕事をする人間が、一つのテーマで共演するのは超前段階からすでにスリリング。俺は日夜、イベント名なんかを考えながら、今そこにある原稿3本から逃避している。ごめんなさい。

さて、こうして深夜まで飲むのは最高に楽しい。で夕方から深夜まで飲めば、いきおい仕事を早朝からすることになる。ところが、この早朝の仕事というのが実に具合がよくて、余計な電話はかかってこないし、なにより町が静かでいい。と思ったら今朝はご近所の妙齢の御夫人が激しく落ち葉の掃除をしている。レレレのおじさんはリアルに存在してたら恐いなと子供の頃思ったが、レレレのおばさんは、町のため、という大義があるのでさらに強力。なにしろ、帚の音がリズミカルすぎて、さっきから気がつくと擬音を書くところで

「ザッザッザッ」ばかり3度も書いていた。
どうも昨日からずっと3という数字がループしている。 
で、三筆のもう一人って誰だったっけ? 


**PLSMISのブログにてJUMP亭の様子が紹介されています。読んでめちゃめちゃ俺はあがってきました。

日常に不思議は一杯。そして悲喜こもごも。

隣の子供が

「つきがみだ〜」と騒いでいるので、俺はてっきり
「憑き神だ〜」と思って、おもわず手をあわせて般若心経(知らないけど)を唱えようとしたところ、二人の子供達は
「月見だ〜」と言いたかったらしい。ほっとした。


そういえば、昔、俺は「血が出た」の「血」を「チガ」だと思っていて、蚊にさされてかきくずしたのを「チガが出た」と騒いだ。以来35年近く、親戚はそのことを楽しそうに話す。

今日の不思議。

朝から植木屋さんが来ていて、チェーンソーで枝をばっさばっさ切っている。何時かと思ったら7時半であった。早起きは三文の得と言われても、俺は三文あげるから寝かせてほしいほうだ。頼む。普通の始業時間にはじめてくれ。

建物の周は木が立ち並んでいて、順に枝を切っている。手入れをしてやらないといかんのはわかる。だが、切ってきた枝をわざわざ我が家の前でさらに細かく切り刻むの何故だ。

ガアアアアアア〜。どうして、明け方まで先日のJUMP亭の映像を見て自画自賛してたせいで寝不足俺の家の前で切るのよ。不思議だ。

さらにもう一つ。

先日、東横線で前の席の両端に美人が座った。結構な美しさであったが、ようく見たら、双子と見紛うほどに似ている。

「同じ病院で治したのかな?」

などと無礼なことを思ったが、ともかく、二人は赤の他人らしくまったく知らんふり。他人のそら似でも美人の場合はジャックポットみたいなもので、何だか得したような気分でいたのだが…

ふと気づいたら、二人の間に座っている人々の顔まで両端の美人に似てきたのである!

顔のオセロ現象、あるいは顔面アタック25。

人の体はほとんど水だから、両サイドの美人のナイスなフォルムがバイブスとなって伝わり皆似てきた、俺は仮説をたてた。それが証拠に、左側の美人のほうが中目黒で下車したら、皆もとの顔に戻った。俺は嫌な予感がして自分の両側の人達を見たら、両方とも真っ黒に日焼けした野球部所属の学生であった。俺は窓にうつる自分の顔をちらりと見たが、俺の顔は白いままだった。バイブスは色は変えないのだろうか。

とまれ、先日のライブはまさに皆のバイブスのおかげで、初の試みなのに不思議と全然緊張もせず、話も一応オチがつけられた。不思議は楽しい。

ピクチャ 5昨晩、第一回JUMP亭「本のレストラン 〜小説の畑〜」を開催することができました。寒いうえに雨がふりそうな微妙な天気、しかも翌日の月曜にはお仕事をひかえた方々がほんとど…。にもかかわらず、40名様をこえる皆さんにお越しいただきました。本当にありがとうございました。最高のオーディエンスでした。

一回目のセッションは、「1ワード」ずつ書いていただくものでしたが、僕も想像していなかった「バスツアー」の話になっていきました。

そして二回目のセッションは、みなさんにフレーズをいただきながら「劇団員」のお話に。どちらも、事前には何も用意せず、ひたすら、あの時間、あの空気の中で皆さんのアイデアを頂きながらわいてきたものを文章にしたものです。

これが今後のセッションの礎になり、まだまだ残っている謎や伏線がどうなっていくのか…。(ちゃんと昨日生原稿を保存しつつリバイズいたします) 

ぜひ、今後も、昨日この世に生まれた物語の行く末をご一緒にあれやこれや左右していただけたら、最高の喜びです。

それにしても、ほんとにいろんな人達に助けていだたきました。

何も言わずともさくっと助けてくれる最高のチームワークといつも素晴らしい場の力を与えてくれるPLSMISのみなさん。

須磨和声さんと福田真一朗さんの「和福」のバイオリンとギター。軽やかで時にしっとり時に疾走感あふれる洒脱な演奏は、かっこいいとしかいいようがなかったです。

横浜・曙町にある僕が敬愛するレザー・マイスターの伊藤信親さん(そしてもちろん中村さん)率いるAWAKEに作っていただいた栃木レザーの栞。飴色に変わるころにセッションをまとめて本に仕上げたいです。そして、あの栞をはさみながら読んでもらえたら…。

そして時間前に来てくれてセッティングなどすみずみまで手伝ってくれた
写真家・有高唯之夫妻、太郎、二郎…

不肖ジャンプ、幸せ者のライターです。

…とまれ、すっかり「ライブ」にはまってしまい、昨日のJUMP亭が終ったところですでに「こんなことやりたい」だの考えておりました。実は、昨晩の来てくれた写真家の有高唯之さんとギターの福田真一朗さんと悪企みもしています…。御期待くださいませ!

JUMP亭開催を実現させてくださった皆々様、本当にありがとうございました!

これからもジャンプの文章、ライブをよろしくお願いいたします。
 

 

jumpwafuku10月25日のJUMP亭で共演した「和福」のスリムでグッドルッキンな二人(左:須磨和声氏と右:福田真一朗氏)と、まるっこい俺。
 

今回、不肖加藤ジャンプ、「オーディエンス参加型即興小説」というものにチャレンジいたします。(素敵なアコースティックギターとバイオリンの生演奏と一緒にやります!http://www.myspace.com/wafukustar
これまで、いろんなイベントで司会をやってくることはあったものの、自分がお客様の前で「話し書き分け合う」のは初めてのこと。いささか緊張しつつも、これまでにフリーの文筆屋としてやってきたことを、ぎゅっと凝縮して発表させていただければ、と思っています。
なれないながらなんとか準備をととのえ、
秋の夜長を皆様に楽しんで頂ければ幸甚と思っております。
お忙しいところ恐縮ですが、お時間がございましたらせひお気軽にお越し下さいませ。心よりお待ち申し上げます。

 
『JUMP亭』 本のレストラン
DATE:10/25(sun) 19:00~
入場料:無料(1drink ORDER 600円をお願いします)
TEL   03-6459-2251
mail   info@plsmis.com
お問い合わせ shin_harimau71@ybb.ne.jp
食べ物は物です。
歯ごたえや味があります。
それを食べることで人間は生きています。
一方、言葉には形が無く文字は紙の上に記されてようやく物体になります。
それを読むことで心に栄養を与えます。
画面の上にある文字は情報であって歯ごたえも味もありません。
言葉は本になってはじめて栄養源になると思います。
そんな栄養としての言葉、つまり「物としての本」を楽しむことをテーマにしたイベントを
ライター加藤ジャンプが催します。それが『JUMP亭』。
盟友のギターとバイオリンの演奏を背景におこなう加藤ジャンプの即興小説。
そして(酒と)本にまつわるトーク。秋の夜長を一緒に楽しみましょう。
それでは「いただきます!」
※『JUMP亭』は入場無料(ワンドリンクをお願いします)です。
見学は自由ですが、イベント参加は予約をお願いします。
※見学の方もよろしければ是非大好きな本をお持ちください。
※『JUMP亭』は物体としての本を楽しむイベントです。
本を食べるレストランではありません。(当日は軽食の用意があります)
-------------------------------------------------------------------------
加藤ジャンプ
文筆屋。71年東京生まれの横浜で育ち(とはいえ十代のほとんど東南アジアで過ごす)。
一橋大法学部を卒業後、新潮社などでの編集者生活へてフリーランスのライターに。
これまで数百人をインタビュー。雑誌、書籍とジャンルをこえた執筆稼業。 

加藤和彦さんが亡くなった。

2度ほどご自宅でインタビューをさせていただいた。

一度目に訪問したときのこと。インタビューの前日に眠れないことなどほとんどないが、加藤さんのお宅へ行く前夜は、それこそ遠足の前の夜さながら、どきどきして寝付きが悪くて困った。

奥様が亡くなられてから引っ越されたマンションは、さすが趣味人の加藤さんのお宅だけあって、もうなんというか日本人の家じゃないみたいに、徹底的に仕上げられていた。こなれた調度品やそこかしこにある小物、どれもがあまりにご本人にマッチしていて、一足踏み入れた瞬間に俺は魔法にかかったかのようにうっとりしてしまった。特によくおぼえているのは、小さなフレームにモノクロの家族写真がいれてあって、そこに幼少時の加藤さんもうつっていた。三丁目の夕日の時代に、素敵なピーコートを着ているその姿は、かわいくて、小学生のくせにすでに粋だった。

どうぞ、どうぞと部屋へ迎え入れてくれた加藤さんは、還暦を過ぎているなんてとても思えない背筋の伸びた佇まい。ところが、そこに静かな気品というか凛としたものが漂っていて、なんというか「ロンドン育ちの侍」という雰囲気であった。

高校生の時、ちょっとだけギターを教わったことがあって、そのときの師匠が

「加藤さんの手の大きさはすごい。神様からギターを弾く使命を与えられた手だ」

というようなことを言っていた。それから20年近くたって、ようやくその手を見たけれど、たしかに大きくて、どこか、仏様の手のようにしなやかであった。

取材中、俺のボールペンを見て、「そのペン、いいよね。僕も昔、免税店でたくさん買い込んで、持ってるジャケット全部の内ポケットにさしていた」と言われた時は無闇に嬉しくて、以来そのボールペンは俺の持ち物の中でちょっと別格になっている。

その時、俺のペンをちょっと持ってくれたのだが、今日はそれで加藤さんの名前をノートに書いてみた。

とにかく今日は、ミカバンドを聴いてすごそう。今日の空はどこかロンドンの空みたいだ。

京浜ロックフェスティバルに行ってきた。

 

徹夜明けで、友人のビッグダディM宅に運転を頼み、今度『JUMP亭』でもギターを弾いてくれる友人ふくちゃんも一緒。ビッグダディは3人の子持ちとは思えないラフアンドタイトな運転で俺はベニューのある東扇島まで、心の中で嗚咽してた。

人生ではじめて東扇島で高速をおりたが、荒涼たる土地にコンビナートのような建物、さらには倉庫がぽつりぽつりと並んでいて、天気が悪かったら、ちょっとした狼達の午後が撮影できそうな雰囲気である。

3人で少々、迷いつつ到着した会場には会場では、すでに老若男女(比率的には若干、老、多め)が、芝生の上にめいめいリラックスした楽しんでいる。

昼酒と秋のわりに強い陽射しのせいか、ほとんどお客の顔が赤らんでいる。俺はお酒とカレーなどの辛味については飛び抜けて負けず嫌いらしく、もういてもたってもいられない。さっそくビール販売車へと行き、ふくちゃんと乾杯(すまんビッグダディ、運転させて)。

 

それにしても、たまらない出演者達であった。はっきりいえば、どれも俺は感動してしまったので(正確に言えば14時50分以前のセッションは観ていないので感想は言えない)、全員の名前を書かないといけなくなる。それは粋じゃないので、だから、そこはここをクリックしてください。すごい、でしょ?

ただ、ホームページには紹介されていない、司会の越路姉妹の奮闘はしっかりと書いておきたい。小春日和とはいえ、カクテルドレス一枚、ホットパンツで頑張る姿は同じ横浜人として誇りに感じたのであった。えらい!横浜つながりで言えば、オレンジ・カウンティ・ブラザースを観て、俺はPOGUESの来日公演(シェインがボーカルだった頃)に行けずにずっと後悔してきたのだが、その思いが癒されるような気がした。酒は最高だ。

 

それから仕事なんかすっかり忘れて激しく飲み続けてしまい…、あえていいわけするなら、かように素晴らしいイベントだったのである。最後は寝ているうちに終了してしまった。

 

帰り、ふくちゃんやビッグダディ、ドーベルマンワイフと再び地元のK太郎という居酒屋で飲みなおし、「岡雄三さんのベースはすげえ」と話していたら、なんとふくちゃんの携帯が鳴り、いい感じにアルコール漬けになられた岡さんが合流。うしみつどき過ぎまで激しく飲み、散開。まさに大人の一日であった。あ、仕事遅れている…。

ある仕事で、ピンヒール好きの女性が出てくるシーンを書いていたんだが、まあディテールってのは大事なので、かといって、世の中の映画も小説もジミー・チュウばっかり出てくるので、また同じじゃつまらんと思い、じゃあクリスチャン・ルブタンとかを履いてるという感じにしようと思った。それで、ネット検索してみたら、ちゃんとホームページがあるので、いろいろのぞいてみたが、なんとなくちょっと猥雑な感じというか、「おフランスのラスベガス」みたいなページだったのでちょっと食傷してしまった。その中に、販売店検索の項目があったので、チャチャッと探ってみたらちゃんとJAPANがあり、さらに都市を限定していくとKOBEとかTOKYOとかOSAKAそれにSAPPOROなんて具合に大都市が並んでいる中、なぜかTOYAMAがある。まさかクリスチャン氏がホタルイカ好き、あるいは立山で山岳信仰してたりするのかしら、とんだジャパン好き?嬉しいわ、なんて思ったが、とにかく富山のどこなんだと思ってみて見ると、何やら大きなモールの中にあるらしい。住所がしっかりアルファベットで書いてあるが、もちろん地元の人は、そんなものに頼ることなくどこにあるかなど知っているはず。だから、それはおそらく、立山登山のためやって来た山伏好きのパリジェンヌが、思わずホームシックになってしまって富山で赤い靴底のピンヒールを買ってしまうためだと勝手に推定。しかし、なにより気になるのは、そこに記された都市名は、なぜか「TOMAYA CITY」となっていた。「とまや」って言ったら、横浜市民の俺には「昔思えば苫屋のけむり ちらりほらりとたてりし処」という横浜シティー・アンセムの歌詞が思い出されるばかり。富山は豊かな町なんだから苫屋のシティーなんて書いたら、そいつは困るぜ、と思ったが、いやはや先日、とんだタイプミスをしでかしたばかりなので、自戒、自戒。

52795979.jpg

深夜、否、明け方仕事をしているときが一番危ない。

「そうでしたっけ」と入力したいのに、何度打っても「そうでけ」とか「そうでしけ」とかになる時間帯があり、こういう時間にはいろんな音楽が耳元がなりはじめ、もう仕事にならない。

かといって眠るわけにもいかず、じゃあ、やれることをやろうと、メーラーに届くダイレクトメールの類いの整理などをすることが多い。疲れ切って気が緩んでいるせいか、そのままゴミ箱へ捨てればいいものを思わず開いて見てしまい、その多くは「お買い得情報」なので、その結果、驚くべき買い物に走ることがままある。

今朝も佐川がやってきてアマゾンから本でもCDでもDVDでもないものを届けてくれた。それが、このライター型ロボット。ゴールドライタンというテレビマンガに出て来たスコープライタンというお名前のおもちゃで、子供の玩具なのでライターの格好をしているものの火はつかない。その変わりロボットに変形し、目がミサイルになっている。「発射したら見えない捨て身の兵器」なのかどうかは知らないがそういう仕掛けになっている。このマンガをやっているころには俺はすでに小学四年生くらいになっていたので、こんな玩具をねだるのはプライドがゆるさなかったし、値段も高かった(それが復刻版とかでしかも不人気らしくワンコインという衝撃の価格であった)のでまったく縁無くやってきたが、なぜか、疲れ切って越路姉妹のテーマを唄っていたら、それが自然にゴールドライタンの歌に変わっていて、気づいたらアマゾンで超合金を探し思わずクリックして寝床についたその結果がこの玩具なのである。玩具のくせにしっかりとした金属製でかなりの重みがあり文鎮としての役目を果たすには尻が平らでちょうどいい。というわけで、今紙幣が飛ばないように鎮座して銭を守っているのだが、この金はというと果たしてまたしても明け方クリックして買ってしまった次なる商品の代引き用マネーなのであった。ああ買い物無限軌道。

↑このページのトップヘ