加藤ジャンプの徒然ジャンプ

文筆家・加藤ジャンプの日記 〜コの字酒場探検家、ポテトサラダ探求家、09年からお客さん参加型『即興小説』やっています。 kato_jump115*ybb.ne.jp(*を@に変えて送信ください) ノンフィクションライター白石新のお問い合わせもこちらへどうぞ。

ごくごく最近の加藤ジャンプ:
*週刊朝日書評ページ『最後の読書』書きました
*dancyu東京特集で『立ち飲み番付』書きました
*dancyu 酒場特集で『きたやま』さんのことを書きました。
*テレビ東京系『二軒目どうする?』に出演しました〜
*HAILMARY magazineで毎月『終着駅でギムレットを』連載中
*ウェブ漫画「今夜は『コの字』で」を集英社インターナショナルHPで連載中(原作担当)http://www.shueisha-int.co.jp/
*dancyu中華特集で『味坊』さんのことを書きました。
*新潮社「考える人」で折り紙サークルについて書きました。数学の話デス。
*ALBAのノンフィクション、町工場で復活した伝説のクラブ屋について書いてます
*ALBAのノンフィクション、障害者ゴルフについて書いてます
*すみだ水族館「夜のスズムシ〜すみだ虫聴き〜」クリエイティブやりました。
*文化放送”くにまるジャパン”でコの字酒場のことをおしゃべりしました!
*すみだ水族館イベント「ウミガメQ」企画クリエイティブやってます。
*J-WAVE "GOLD RUSH"でコの字酒場のことをお話させていただきました!
*Free & Easy 7月号でもてなし料理を作ってます。パエリアとパスタ。そのレシピと使った調理器具が渋谷の東急ハンズでコーナー展開中です。
*dancyu7月号「記憶に残る名居酒屋」でコの字酒場の三四郎を紹介させていただきました。
*週刊現代5/11・18ゴールデンウィーク合併号『竹中直人さんインタビュー』素敵。この一言につきます。
*アルバ4月11日号『地図に載っていないゴルフ場 〜五島列島・小値賀島、浜崎鼻ゴルフ場の人々〜』
 五島列島にある島に島民自らが作ったゴルフ場があります。それはただのゴルフ場ではありません。自立のシンボルなんです。
*すみだ水族館 「すみだ水族館があなたの夢をかなえます〜ペンギン研究員〜』クリエイティブをやらせていただいてます。
*dancyu『日本一のレシピ』〜最強のポテトサラダを作る〜再掲載 見逃した方、ぜひ。むせかえるポテトサラダ実験の涙のレポートです
*Free & Easy 6月号 男のもてなし三ツ星料理 もてなし料理3品、作ってスタイリングして書きました。

2009年09月

ゼロkcalコーラを自販機で買ったところ、ちょっと余分にお釣りがでてきた。思わずガッツポーズをしていた俺。かように器が小さい。傍らを若者が自転車で過ぎ去り、なぜか舌打ちをしていって、世の中はガッツポーズがこんなに嫌いなのか、と一瞬疑ったが、彼はなんとなく俺が気に入らなかったのだろう。上等じゃねえか。そういえば、一寸前に若者にだけ聞こえる不快な音というのがあって、それを墨田だか江東だかの商店街で流して、バッドなヤングを萎えさせようという計画を仄聞したのを思い出した。

さてさて

朝青龍がまた優勝して、これがまたよせばいいのにガッツポーズをしてしまった。わざわざ立ち上がってからやるんだから確信犯なんだろうが、その後、すぐに謝っちゃったりして、なんともはや。

躾する横綱審議委員会もまた意見が割れているとかで容認派、それに対して断じて許さん派がいるらしい。それにしてもあの横審というのは、立派な会社で偉くなると自動的にメンバー入りしてしまうシステムなので、必ずしも全員が相撲のことを思うと夜も眠れないような人達ではない。むしろ、あのメンバーのほとんどは、「やべえ、今週の日曜は相撲だからゴルフ行けないじゃん」みたいな人達ではあるまいか。とまれ「朝青龍みたいになりなさいね」と自分の子供にいる親はいないだろうな。

嬉しくてやっちゃうのはよくわかるが、あれだけ、やいのやいの言われてたんだから、まあ普通はやらない。だから怒ってた方は「何べん言わせるんだ」となるが、これは叱る言葉トップスリー級のこと。またやりやがったな、となって腹が立つのも頷ける。けだし、言われても治らないのは、もはやこれは病気なので、彼には罰ではなく治療が必要なのである。だからまあ、ガッツポーズしないように、「ガッツポーズしたくなくなる周波数」でも流せばいいかなあ、なんてゼロキロカロリーコーラを飲みながら暢気に俺は思った。それよりたまった原稿どうにかしなくちゃ。ガッツ、白鵬と俺!

えらいものを見てしまった。

先日、代官山の「晴れたら空に豆まいて」というライブハウス(この箱がふるっていて、桟敷というか枡席というか、決してバルコニーではないが、そういう小上がりがあったりする「和風」の箱なんである)で

『越路姉妹』

という変態バンドの演奏を見てきたのである。

友人のギタリストの福田真一郎大兄が、大兄曰く「非常勤」で参加しているバンドなのだが、その福田大兄が誘ってくれたのでDW(ドーベルマンワイフ)と俺が毛深くなる前(つまり相当昔)からのマブダチM宅氏とひょいっと足を運んだのであった。

で、このバンドは

ボーカルそしてギター(福田大兄)の2人が金髪にラメラメのワンピース姿でうなりまくるもので、姉妹とはいうものの、マナカナ、トラップファミリーやノーランズみたいな血縁関係は一切ないらしい。それにしてもデコルテ、否、僧帽筋や肩甲骨のマッスル感そしてヒゲなど、男子のアイデンティティをしっかりと残した上での女装は、正当派のオカマというか、なんというか「焼け跡派」というアトモスフィアが漂い、どこか見てはいけないものを見ている快感をおぼえる。けだし、俺は幼い頃別府で泊まった宿の卓球ルームに宿泊客が忘れて行った週刊宝石のとても卑猥なページをこっそり見たことを思い出した。

とまれ、一度演奏がはじまるとこれは、「数々の有名アーティスト達をサポートする腕利きセッションミュージシャン達」みたいな形容は明らかに陳腐きわまりない、要するに、あの演奏を耳にして「うまい!」とか「ぎゃっ!」とか思わないのはバカだけである。ド迫力のボーカルに酔い、福田大兄は完全に男と化して、気持ちいいギターを奏でるというわけで、小上がりで越路姉妹の変態プレーを凝視する俺は気がつくと正座していた。どんな音楽と尋ねる人もあるだろうが、なんというか「ガード下のバーでモロ出しされた燃えたぎる情念、ああこれが女道」みたいな世界で、劇薬否、何もかもぶっ飛ぶ特効薬みたいな音楽なのである。

演奏後「なんちゅうすげえベースやねん」と「ドラムかっこええわあ」などとM宅、DW、俺の3人は小上がりでヒソヒソと慣れない関西弁を使ってしまうほどに酔いしれて語りあっていたら、流れは飲みにうつり、福田大兄、そして福田大兄の親友の岡山の賢人O氏、とテーブルを囲む人がふえていき、ついにはドラマーの牟田昌弘さん、そしてベーシストの岡雄三氏とヘロヘロになりながら語りあうという機会にめぐまれてしまった(同時に床を見ると越路陽子氏が天使のような寝顔で熟睡していた)。そんな中、円卓を囲み、ドリトスで腹一杯の俺はニーチェがどうのとかほざいていたが、そのくらい調子にのるくらい越路の音楽はいい、最高なのである。

 

↑このページのトップヘ