加藤ジャンプの徒然ジャンプ

文筆家・加藤ジャンプの日記 〜コの字酒場探検家、ポテトサラダ探求家、09年からお客さん参加型『即興小説』やっています。 kato_jump115*ybb.ne.jp(*を@に変えて送信ください) ノンフィクションライター白石新のお問い合わせもこちらへどうぞ。

ごくごく最近の加藤ジャンプ:
*週刊朝日書評ページ『最後の読書』書きました
*dancyu東京特集で『立ち飲み番付』書きました
*dancyu 酒場特集で『きたやま』さんのことを書きました。
*テレビ東京系『二軒目どうする?』に出演しました〜
*HAILMARY magazineで毎月『終着駅でギムレットを』連載中
*ウェブ漫画「今夜は『コの字』で」を集英社インターナショナルHPで連載中(原作担当)http://www.shueisha-int.co.jp/
*dancyu中華特集で『味坊』さんのことを書きました。
*新潮社「考える人」で折り紙サークルについて書きました。数学の話デス。
*ALBAのノンフィクション、町工場で復活した伝説のクラブ屋について書いてます
*ALBAのノンフィクション、障害者ゴルフについて書いてます
*すみだ水族館「夜のスズムシ〜すみだ虫聴き〜」クリエイティブやりました。
*文化放送”くにまるジャパン”でコの字酒場のことをおしゃべりしました!
*すみだ水族館イベント「ウミガメQ」企画クリエイティブやってます。
*J-WAVE "GOLD RUSH"でコの字酒場のことをお話させていただきました!
*Free & Easy 7月号でもてなし料理を作ってます。パエリアとパスタ。そのレシピと使った調理器具が渋谷の東急ハンズでコーナー展開中です。
*dancyu7月号「記憶に残る名居酒屋」でコの字酒場の三四郎を紹介させていただきました。
*週刊現代5/11・18ゴールデンウィーク合併号『竹中直人さんインタビュー』素敵。この一言につきます。
*アルバ4月11日号『地図に載っていないゴルフ場 〜五島列島・小値賀島、浜崎鼻ゴルフ場の人々〜』
 五島列島にある島に島民自らが作ったゴルフ場があります。それはただのゴルフ場ではありません。自立のシンボルなんです。
*すみだ水族館 「すみだ水族館があなたの夢をかなえます〜ペンギン研究員〜』クリエイティブをやらせていただいてます。
*dancyu『日本一のレシピ』〜最強のポテトサラダを作る〜再掲載 見逃した方、ぜひ。むせかえるポテトサラダ実験の涙のレポートです
*Free & Easy 6月号 男のもてなし三ツ星料理 もてなし料理3品、作ってスタイリングして書きました。

2009年08月

7a8a3303.JPG

 ガンダム。

 71年生まれでガンダム好きじゃない奴なんているのかしら。というわけで僕もご多分にもれず年相応のガンダム好き。

 当然、お台場の実物大(実物なんかないんだから何て言うのが相応しいのであろうか)の立像を拝みたいと常日頃思っていたのだが、なにやらひどく混雑しているというので腰が引けていた。「そんなの本物のガンダムファンでない、軟弱者!」なんて言われながらセイラにビンタされたい俺なんだが、先日、友人ビッグダディーMの出産祝いの帰り、どういうわけか「今から行くべ」ということになった。祝宴の帰りなわけで皆それなりに飲酒していたのだが、一人下戸がいた。そう家のドーベルマンワイフ(DW)に白羽の矢が立った。とはいえ、DWはいまだ高速にはたった一度しか乗ったことのない新米なので、まあ、「ガンダム大地に立つ」のアムロみたいなものなのであった。とはいえ、俺は出発の時、「クワトロ・バジーナ、百式、出る」とつぶやいていた。やっぱりシャーなのよ。

 深夜1時。お台場に着いたものの、「あれ、お台場のどこなんだっけ?」とおのぼりさん丸出しでふらふら湾岸地帯を飛ばし、ようやく到着。そして、闇にうかびあがる白い奴を発見。

「なんかちっちゃいね」

 とDWが不遜な事を言うのも無視して感動。そんなDWの髪型はミハル似である。

 胸からブワーと排気が出るところは深夜ゆえ見られなかったが、とりあえず詣はかなったと胸をなでおろし、メタボーイズとDWはお台場を後に。

 帰り道、合流では、あぶない刑事の舘ひろし並に急角度で突入したり、信号待ちでザクレロの手みたいにミラーを動かしたり、DWも必死で運転。助手席にはビッグダディーMが乗り、教習所のベテラン教官さながら時折ステアリングをサポート。そして俺は、おもに後方を監視。

危険回避に必死だった俺達3人の脳には、「今、合流!」「アクセルあけて!」「スピード落として」「ブレーキ!」といった言葉が語らずして脳内に走っていた。もしや、覚醒!ガンダムの影響おそるべし。

そんな俺は、最近、シャリアブルみたいなヒゲをのばしているが、ほとんど黙殺されている。不評も何も聞こえない。ガンダムに謁見かなったあの晩からニュータイプには目覚めたわけではなかったらしい。

e0bb8416.jpg

 最近、猛烈に締めたくてしかたないの。

 にわかに工具熱が燃え上がっていてドライバーやらニッパーやらペンチやら、ちょこちょこと買い集めているのだが、もう眺めているだけで幸せ。

 こういうものは、もう形が最高にかっこいい。しかも、微妙な差なんだけれど、ものを作れば絶対仕上がりに差が出るのが道具というもの。

 ドライバーはPBというのに決めている。スイスのなんだが、これを使うとネジ山がつぶれない、もといナメナイ…らしいが、まだ眺めているだけなのでそんなによくわからないが、いかにもナメナさそうなエッジの美しさ。スイスとかドイツってのはどうして、こうもドキドキする道具を作るんだろうか。

 それから、先日万年筆の胴軸の中にコンバーターがはまり込むという恐ろしい事件がおこったのだが、その時、大活躍したのがドイツのKnipexのラジオペンチ。ペンチというと蝶番部分に切断用の歯がついているのがほとんどだが、これはない。そこがいいのよ。力はしっかり伝わるし余計なところに傷がつくことがない。ドイツやるなあ。かっこいいなあ。

 とはいえ、こちらのペンチの出番もまだ、件の万年筆インシデントの時だけ。

 しかも、つい先日1500円と安価だったので、工具ケースをまたしても買ってしまい、これがスウェーデンのBAHCOという魚のマークのかっこいい布製のケースなんだが…実はまだ入れるものがない。だって俺の仕事は字を書いてるばっかりだからモンキーレンチとかトンカチとかほとんど使わないもの。でも欲しい。

 とりあえず、ドライバーデビューさせたい。

 あああああ。なんか締めさせてくれええええ。その前に俺の体を締めないと日曜大工でお腹がつっかかるわね。

 

 キリンの会、が発足した。

 先日、写真展「NAVEL」を大成功させた友人の写真家・有高唯之さんが呼びかけで集まった男性7名の会。全員異業種で、お店を予約してくださった、元SONYの出井伸之氏率いるクオンタムリープの北川竜也さんいわく、

「やっぱり男が集まったらスタミナかと」

という名言に納得。その濃い美味さを遥かに凌駕する熱いメンバーは

 Think Earth プロジェクトをプロデュースする上田壮一さん、From Yellow to Orange の山田秀人さん、Tokyo Sourceを率いるCMディレクターの近藤ヒデノリさん、そして数々のイベントなどを開催しつつTokyo Souceを牽引する編集・ディレクターの米田智彦さんと、異業種異ジャンル。

 女性がいる場合、特に美女なんかが居合わせたりすると、宴の出だしはアイドリングをへて徐々にギアがアップしていくのが世の常である。ところが、お気に入りの胃薬が4つ5つはある年齢の男達が集まると、これはもうアイドリング無しで1速のまま。とはいっても、非力な1速ではなく、ランボルギーニ、と言ったら大げさだが、まあ恐らくはデトマソパンテーラの1速くらいはあるはず。特に、興に乗って、部室の男子トークのニュアンスをおびてくると、これはガソリンにニトロを混ぜたかのような様相を呈し、つまりぶっとばしていくのであった。ほんと、エレガントな下ネタほど楽しいものはないのである。うふ。

 ところで、キリンの会というのは、何も集まった7人がとても首が長いとか、黄疸とか、カサブタが多いとかいうわけではない。

 参加した7人から見ても、今の若者は草食系なのだが、その実、上の世代から見たらキリンセブンも充分草食系なのだろうという話になり、とはいえ、キリンのメスをめぐる争いなんてすごいっすよ、とオトボケ担当の不肖ジャンプが言ったところ、それならば、キリンの会にしましょうということになった。

 ちなみに、キリンの学名はラテン語で「ヒョウ柄のラクダ」という。強いのか弱いのか全然わからない感じ。実によろしい。得体の知れない集団は得体の知れないシナジーを生み出すに違いない。みなさま首を長くして待っていてくださいませ。

af60a689.jpg俺は酔っぱらうと顔が白くなる。

ぽっかり空いた日があって、真昼間に親友で大先輩のカメラマンTKさんと、目白の酒屋、田中屋さんへ行った。シングルモルトの品揃えでは、これはもう世界一と言っても過言ではない店で、愛好家で知らない者はない。TKさんと俺は取材で訪問してからすっかり惚れ込んでしまった。というのは、お店のK林さんの人柄が最高なのである。俺は取材の時、すっかりベロベロに酔っぱらってしまったのだが、K林さんもすっかり出来上がっていた。気づけば、二人して下ネタばっかり2時間くらい話してしまったというほどに、最高の人、そしてお店なのである(もちろんK林さんはモルトの世界ではほんとうにとんでもない達人であり、俺の下らないエロトークにつきあってくださっただけなのである。とはいえ、K林さんが積極的にふってくる下ネタも少なからずある、もちろんだ)。酒って素敵。

今回は、TKさんが昔からの大親友への贈り物を物色していてその選択をK林さんに頼んでいた。そのお買い物についていったわけだが、あいにくK林さんは訪れるとセミナーの最中で不在。ならば、と戻ってくるまで一杯やるべ、とTKさんと目白をぶらぶらしたのだが、まだ16時と早い。そんな時間からやっている店はなかなか見つからず

「目白、気取ってやがんなあ」などと悪態をつきながら、中年ボーイズ二人はそぞろ歩いていたが、本当に一軒として開いていない。ここでは昼酒は御法度なのだろうか…。こりゃあ、まいったと、二人の目にかすかに汗いや涙がうかびはじめたころ、前方に一軒の店を発見した。まさに「eureka」と叫びたくなるが、いや、それまでに佇まいはいいものの「支度中」だとか「準備中」(準備中より支度中という看板のほうが余計に腹立たしかった、なぜかはわからぬ)だとかいう看板に散々痛い目にあわされており、こちらもかなりスレた放浪者になっていたので、相当な疑いの目で接近した。ゴルフで調子が悪い日に、ショットのたびに「ほら、やっぱりダメだ」とか己を罵りながらラウンドする人がいるが、その時の俺達も
「どうせ、また開いてないでしょ」と拗ねた心持ち満開であった。

ところが、俺達の求める心は、ここに一つの出会いを生んだ。要するにその店は営業していた。ためらうことなく入店し、生2杯あけて、即座にワイン1本。極楽。

すっかり絶好調になった俺達は、ひとしきり旨いものを食ってボトルをあけて田中屋へ戻ると、K林さんも戻っていたが、真っ赤な顔だった。K林さんはその日は、そのあともアポがあり、一瞬しか会えなかったが、俺達はちゃんと下ネタをかわした。そして、ほしかったラガヴーリンとマッカランを買って帰った。帰り際、ガラスの自動ドアにうつったTKさんの顔もやっぱり真っ赤だった。そして珍しく俺も真っ赤だった。外はすっかり夕焼けになっていた。

*写真は最近の俺の友達 

 

d97110ee.jpg

ウコンの力はいい。あれのおかげでヘビードリンカーの俺も最近は二日酔い知らずである。甘いのが気になるが、薬だと思って飲む。そしてレッドブルがあれば、俺は元気。余談だが、最近レッドブルの缶が小さくなってしまって、それが残念。ダイソンじゃないんだから、日本サイズじゃなくていいさ。レッドブルは飲んで腹一杯になってしまった旧サイズがいい。

余談ついでに、ウコンの力と似たような瓶に入ったメガシャキというドリンクがあって、あれのCMは北村一輝という俳優が上目使いでこちらを見る。彼の目は印象的な輝きがあって大きい。だが、その目はシャキッじゃなくてトロ〜ンだ。いいのか?

さて、先日、横浜にあるAWAKEという店を率いる若いレザークラフトのマイスターのI君とその弟子のN君と一緒に俺の地元の鶏屋で飲んだ。

I君は若いのにびっくりするほどレザーに惚れ込み日夜腕をあげているマイスター。なんていうか、ほんとうに一針入魂な人で、先日、写真家で親友の有高さんの写真展でもオールレザーのハンドメイド写真集を製作してくれた。すばらしい腕前なのである。一方、N君はそのI君を縦横にサポートし、その外見からは想像がつかないソフトな人柄で会う人を魅了する。二人はかようにナイスコンビなのである。一度、取材で会って以来、すっかり意気投合したんだが、まあ、要するに3人とも飲める。大変な酒好きなんである。
翌日は早い時間に予定が入ってなかったし、なかなか実現できていなかった飲み会ということもあり、全員飲む気満々。でもって全員、日本酒愛好家なので、マスターにおすすめを尋ねると、広島から菊水の珍しいのが入ったばかりという。

迷うことなく、そいつを一升瓶で頼んで、まあ、これなら半分くらい飲んで冷蔵庫に入れといてもらうことになるだろうと思っていたら、ありゃ?あっという間に空いてしまった。俺達は乾いていたのだ。たりないので四合瓶をもう一本もらってそれも空に。すっかりベロベロになってしまったので散会。

二日酔い対策にウコンの力をコンビニで買って飲む。最近は2本飲まないときかない。しばらく歩いていたら、ウコンの力を飲んでいるサラリーマンとすれちがった。これがいけなかった。俺はまたしてもコンビニに入ってウコンの力を購入。もちろんダブル一気。

家の前で鍵を探す。そして、鞄の中を見て気づく。2本のウコンの力の空き缶の姿。

一晩で4本もウコンの力を飲んでしまった。オーバードーズもいいところである。

翌朝、午前中一杯、俺は鼻孔にウコンの力の甘い香りを感じくらくらしていた。ウコン二日酔いであった。
*写真は今日の落書き:エアコンが結露して雫が飛んでくる。「うるるとさらら」どころではない。


 

831d9b5b.jpg

どうも夏バテらしい。数日前、気分転換に映画をと思ってスパイク・リーの『セイントアンナの奇跡』というのを見て来たら、予告編は子供と兵士の心温まるお話っぽいあおりなのに実際は全然違っていた。もうほとんど『プライベート・ライアン』並にヘビーな戦闘シーンがつづき、というかエグイ描写はほとんどサム・ペキンパー級でかえって疲れ切ってしまったのだった。予告編の名手と呼ばれる人が映画業界にはいるらしいが、完全にやられた。
というわけで気分転換の気分転換という、つまり

「迎え酒で二日酔い」あるいは「子だくさんの永井荷風」みたいな、本末転倒なんだかわからない状況の中、ちょっと買い物へ。

昨晩、友人のカメラマンK兄が来宅し、眠れる天才Nとともにパソコン相手にいろいろ頑張っていた最中、俺は『お父さんのバックドロップ』なんか見てしまったので、心の中が、この映画のロケ地である六角橋商店街一色になっていて、今日の行き先は白楽とあいなった。

以前近くに住んでいたこともあって、この商店街は激しく愛しているのだが、といって、たまに出かけて飲んだり食ったりすることがほとんどなんだが、それでも行けば必ずのぞく店が何軒かある。で今日は、以前取材した時にロバート・ハリスさんに連れて行ってもらって以来好きな雑貨屋eimekuへ、イの一番に向かったのであった。

この店は、乙女心あふれる俺(チリチリ天パーにヒゲ)にはたまらない商品がそろっている店で、行ったが最後、物欲は濁流となって俺を飲み込み、一気にいろいろ買ってしまうのである。あろうことか、今日はとんでもないことに仕入れたばかりの商品がおろされたばかりで、もう俺は「カレーライスと海老フライとハンバーグを一度に目の前に出された昭和の子供」状態なのであった。

まあ、いろいろ買いたいものがあったが、とりあえずブローチ愛好家(ほんとうなのである、頼むKu:nel俺を取材してください、思い切り自慢したい)の俺としては、これを買わないでどうすると思われる貝殻で作られたカモメのアンティークのブローチとダンビー社のカップアンドソーサーをさっさとカウンターへ運び、それを赦してもらうためにドーベルマンワイフにも服飾品を購入したのであった。

そして、いつも気分いい接客をしてくれる髪を切ったAさんとK君と愉快な会話をかわす中、若いK君が日本酒好きということまで判明し、未来を支える日本酒愛好家にまで出会ってしまい、もう何がなにやらビッグヒットで夏バテ解消なのであった。

余談だが、店を出て、よい買い物をしたとほくそ笑みながらアーケード歩いていたら、どう見ても60過ぎのお嬢さんが超ミニコスプレし焼きそばを売っていたり、3人の血まみれのプロレスラーとすれちがったり、立ち飲み屋でホームレスらしい老婆が悪態をついているのを見たりして、ほとんどデビッド・リンチな世界に入り込んでしまった俺は

「夢を見ているのか」と思ったが、ちゃんと買い物はしていた。白楽は奥が深い、そして、俺はとても浅薄な買い物好きなのであった。

*写真は本日の収穫、マザーオブパールで出来たカモメのブローチ。なんて素敵なの!羽根の先まで奇麗にできてる。やるなあ誰だか知らんが西洋の匠。

cea631f1.JPG先日、30年来のつきあいになる友人Mと隣の町、隣の駅へと行った。もうすぐ3人目の子供が生まれるMは頼りになるビッグダディで、いろいろ腕利きである。俺の庵にエアコンを取り付けてくれたのである。そのお礼に一杯やろうじゃないの、というわけであった。

隣の駅なんてその気になれば歩いていけるわけで、おそらく千葉の人には「地元」と伝えてしまうくらい身近な場所なはずであった。まあ、千葉の人じゃなくても全然よくって、要するに横浜の人以外にはおそらく「地元」と説明している土地に違いない。

しかし、まあ全然知らなかった。たった一駅しか離れていないのに、隣の駅にスナックが立ち並ぶ一画に面長のアンパンマンの七夕飾りの電飾が設置されているなんて事実はまったく知らんのである。

でもって、立ち並ぶスナックを目の当たりにしながら、「出張だったら行っちゃうかもね、ていうか行くよね」などと腰の引けた可愛いことを言い合いながら、三十路後半戦ボーイズ二人は、友人T上君から教わった韓国料理店へ向かった。

マンションの1階にある韓国料理店は、いきなりたどたどしい日本語のオカミサンが出迎えてくれて、さながら「一駅海外旅行」なのであった。

いろいろすすめてくれたので、それに従ってオーダーしたが、
「”%$#&%’&(&)’0YUYO」とオカミサンが言っていてさっぱり解らぬものがあったが、それも注文した。男は引かない。

テラテラに焼き込まれた石鍋で焼き上げる焼肉がうまく、メタボーイズ二人はためらうことなく、もりもり食ったのであった。少し食い過ぎてためらえばよかった、と思いつつあったころ「シメね」と言いながらオカミサンがキムチと豚バラでもって炒飯を作ってくれた。
「飯」のことを「シーメー」とは業界人かと思ったらそうではなく、例の「”%$#&%’&(&)’0YUYO」であった。

ああ、うまかった。満足満腹で領収書を書いてもらって店を後にした。
よく見ると
宛名は「白井」になっていた。ちなみに俺の本名は「白石」。一駅でもアウェーはアウェーなのであった。

*写真は例の中山の路地。渋いぜ。

 

↑このページのトップヘ