加藤ジャンプの徒然ジャンプ

文筆家・加藤ジャンプの日記 〜コの字酒場探検家、ポテトサラダ探求家、09年からお客さん参加型『即興小説』やっています。 kato_jump115*ybb.ne.jp(*を@に変えて送信ください) ノンフィクションライター白石新のお問い合わせもこちらへどうぞ。

ごくごく最近の加藤ジャンプ:
*週刊朝日書評ページ『最後の読書』書きました
*dancyu東京特集で『立ち飲み番付』書きました
*dancyu 酒場特集で『きたやま』さんのことを書きました。
*テレビ東京系『二軒目どうする?』に出演しました〜
*HAILMARY magazineで毎月『終着駅でギムレットを』連載中
*ウェブ漫画「今夜は『コの字』で」を集英社インターナショナルHPで連載中(原作担当)http://www.shueisha-int.co.jp/
*dancyu中華特集で『味坊』さんのことを書きました。
*新潮社「考える人」で折り紙サークルについて書きました。数学の話デス。
*ALBAのノンフィクション、町工場で復活した伝説のクラブ屋について書いてます
*ALBAのノンフィクション、障害者ゴルフについて書いてます
*すみだ水族館「夜のスズムシ〜すみだ虫聴き〜」クリエイティブやりました。
*文化放送”くにまるジャパン”でコの字酒場のことをおしゃべりしました!
*すみだ水族館イベント「ウミガメQ」企画クリエイティブやってます。
*J-WAVE "GOLD RUSH"でコの字酒場のことをお話させていただきました!
*Free & Easy 7月号でもてなし料理を作ってます。パエリアとパスタ。そのレシピと使った調理器具が渋谷の東急ハンズでコーナー展開中です。
*dancyu7月号「記憶に残る名居酒屋」でコの字酒場の三四郎を紹介させていただきました。
*週刊現代5/11・18ゴールデンウィーク合併号『竹中直人さんインタビュー』素敵。この一言につきます。
*アルバ4月11日号『地図に載っていないゴルフ場 〜五島列島・小値賀島、浜崎鼻ゴルフ場の人々〜』
 五島列島にある島に島民自らが作ったゴルフ場があります。それはただのゴルフ場ではありません。自立のシンボルなんです。
*すみだ水族館 「すみだ水族館があなたの夢をかなえます〜ペンギン研究員〜』クリエイティブをやらせていただいてます。
*dancyu『日本一のレシピ』〜最強のポテトサラダを作る〜再掲載 見逃した方、ぜひ。むせかえるポテトサラダ実験の涙のレポートです
*Free & Easy 6月号 男のもてなし三ツ星料理 もてなし料理3品、作ってスタイリングして書きました。

2009年07月

6597b947.jpg

先日、机を購入した。というか、3ヶ月くらい前に寸法を注文しておいたのが福岡の木工屋から届いた。ブラックチェリーという木で出来ていて、一人で設置していて腰が抜けるかと思うほどヘビーだった。横長で奥行きの浅いコンソール的な佇まいの机は長年欲しかった。いいあんばいなのだ。

最近はどうにか作品を仕上げようと、夜型を通り越して朝型に突入してきているので、近年ごぶさただった朝日も結構目にする機会が多い。起き続けていると寝られないので、朝酒つまり寝酒を飲んだりするが、酒には弱くないのでかえって目が冴える。で、今日もハイボール片手にギンギンなのであった。かといって、もう筆も進まぬのでボンヤリ机を眺めていたら

「あれえ、この机の感じ超カッコヨクねえ?」

と思えてきた。要するに自画自賛なのだが、今は朝酒で若干酔っているので気にしません。とにかく最近買ったものがヒット続きなので、俺の庵もいい感じになっているのである。

あとは作品を待つのみ。結末に悩みまいっているが、

「ものがなきゃだめよジャンプさん」と先日親友A高さんにも言われ目覚めた俺。ガッツでジャンプしてドリームをかなえましょう。その前に今朝はとりあえずスリープ。そんな俺はパンツ一丁で家を机を撮影するクリープなのであった。ま、駄洒落。

1e5fa8bf.png

先日、伯母と老母(ともにエイティーズつまり80代)をつれて映画『剣岳 点の記』を見てきた。映画の広告で「圧倒的な映像美」とか何とか映像のことだけやけにフォーカスして謳っているものは、大概、話が面白くなくて、寝に行ったようなものになることがままある。この映画も、映像、映像というので、昼寝映画だったらどうしようか、というか、観賞後に八十路ガールズは一体どのように連れていった俺を責めるかと若干心配していた。ところが、これが見事に杞憂であった。はっきりいって自腹で見て久しぶりによかった映画。映像ってのはすごいんである。とにかく、俺は感動してしまった、と情けない表現しかできないのが残念なんだが、これは、本当に百聞は一見にしかずなんである。

で、当然なんだが明治時代にあんな険しい山に登っていたのを再現しているわけで、とっても危険なシーンがたくさんある。すわ落石、すわ滑落、すわ雪崩、もう「すわ」だらけである。で、中盤、これまた、すわ遭難というシーンが連続するんだが、隣で二人の八十路ガールズは小さく「ひゃあ」とか「ぎゃあ」とか悲鳴をあげてつづけていて、うるさいと言えばうるさい。これは、まあ想像がつくんだが、松田龍平演じる青年が大ピンチに陥った瞬間ふと横を見たら、

老母は手をあわせて必死に祈っていた。

映画なんだから、もう完成してんだから…と思いつつも、なんとなく高齢者の祈りは映画の流れすら変えてしまいそう気がした。祈りが通じたかどうかは是非見てもらってのお楽しみということで…。後日、老母と伯母は二人であらためて見直しに行ったそうだ。
「途中、ほとんど目をつぶっちゃったところがあったからねえ」
という二人。剣岳の修験者よりよっぽど迫力があるんじゃなかろうか、と思った次第。

*写真は本日の落書き

a0d156a2.JPG有高唯之さんの写真展NAVELで開催したBAR有高。
写真の素晴らしさ、PLSMISの気持ちいい雰囲気があいまって、そんな中、俺はフード係をやらせてもらって…
朝からバタバタ仕込んで開幕までわくわくしながら待ったのであります。
そして…
大盛況!さすが有高さんであります。
来てくださったみなさま本当にありがとうございました。
フード課長としては、忙しくも超幸せ。欣喜雀躍のアーバンナイトでありました。
「接客むいてるんじゃないの」
なんて言ってくださる方もいて、ちょっとその気になりそうな俺…。
小さな店のカウンター越しに、ゆるゆるトークを展開し、
挙げ句は女性限定(当然)で手相見ちゃったりしてーー手相わかんないんけどね…そんな妄想ままでしてしまうのでした。 
ほんと、今回の写真展にちょこっとお手伝いさせてもらって、
日々刺激満点。今後の自分の活動にも圧倒的好影響であります。
俺もイベントやっちゃるーーー。秋口目指して企画練るです。
そのときはみなさまよろしくおねがいます

*右端、後ろ姿はナイスガイ、デザイナーの大嶋二郎さん!左端はミュージシャンIvory Brothersの山本清人くん、右から3番目プラマイの岸本さん。右から2番目ライン入り帽子でその気なのが俺。

 

 
 友人の写真家・有高唯之さん。今回、こういう楽しい企画開催にあたり、告知文を書いたので、そのままアップするのであります…ぜひ、会場でお会いしましょう!

********

 連日、大盛況の有高唯之写真展『NAVEL』
 主催者の有高本人曰く「ほんとに、言葉では言い表せないほど感謝で一杯」の日々を過ごさせていただいております。
 それにしても、この場所の気持ちよさといったらありません。
 吹き抜ける風、坪庭、そして写真…まさに都会のオアシス(若干、古い表現で恐縮です…)なんです。それだけにオープニングパーティーで交わしたお酒のおいしかったことと言ったらありません、ほんとに…。

 ならば!と酒好き有高は思い立ちました。

 いっそ『Bar 有高』を開いてしまおう!と。

 さっそく手配をすすめ、まずは会場『PLSMIS=プラマイ』の小林宏明氏も快諾してくださいました。そして、酒好きなら知らない者はほとんどいない、あの武蔵境『酒のなかがわ』の中川伸明氏も協力してくださるとのこと!うまい日本酒とワインが、あの空間で飲める、これはもう、滅多にない最高の大人達の酒場になること間違いなしなのです!

 というわけで、ぜひ

 7月10日 『BAR 有高』at PLSMIS=プラマイ

 時間 19時からずっと…

 会場 PLSMIS=プラマイ

 東京都港区南青山4ー17ー4 

 へおこしください! 
 快適な空間で大人が子供みたいな顔して飲める場所「最近なかなか無いなあ」とお嘆きの皆様、そしてただの酒好きの方々もふるってご参加くださいませ!もちろん、有高本人もバーテンをやりますし、類は友を呼び酒仲間のライター、不肖・加藤ジャンプもアシスタントいたします。いやはや、ほんと最高の夜になること間違いなしです。ぜひぜひ、ともに楽しみましょう!!

いよいよ、友達の写真家・有高唯之さんの写真展『NAVEL』が金曜日夜からはじまる。

昨年、中央アジアの秘境、アルタイ共和国で見られた皆既日蝕の世界が、どーんと大きなプリントで見られる。あー楽しみ。ちょっとだけお手伝いさせてもらっているが、なんていうか文化祭である。大人になって文化祭をやると、ディテールまで本格的にやれる。

最近、とみに出不精になりがちな気がして、それはまあ、みんなそうかなあとも思うんだが。実のところ、本当はいろんな場所へ行って楽しみたいんだが、行きたいなあと思えるようなイベントが目の前にないだけなんじゃないかしらと思った次第。
それにしても自分から、いろいろ発信するというのは、これはこの上なく楽しいこころみなんである。初めのほうから状況を見られたから、俺としては『making of NAVEL』を見てきたような感覚があり、要するに妊娠していよいよ出産みたいな感慨があるわけで、俺ですらこれなんだから、発信者本人の喜びは、すごいに違いない。

この写真展はPLSMIS=プラマイというギャラリーで行われるんだが、バースペースもあったりして、俺は有高兄とバーテンをやる予定で、こりゃあちゃんと減量しとけばよかったと悔悟。せめて、ちっとはこざっぱりとしなくちゃと思って、今日は散髪した。

3ヶ月も放置していたので、もはや活動家の風貌。
もみあげなど、岩のりみたいにごっつくなっていたので、

「ちょい薄めにしてください」

とオーダーしたら、ほぼテクノになっていた。とぅーす。
春日、春日と言われるのも癪なので、先ほど、育毛剤をもみあげに擦り込んだらスースーとして、目がパッチリ。お、これは眠らずに原稿を書けるぞ、と意外な怪我の功名に気を良くして、キーボードに向かっている深夜なのであった。


有高唯之写真展 NAVEL

会期 7月3日から7月13日

時間 11時から21時

会場 PLSMIS(プラマイ)

東京都港区南青山4−17−4 

 原稿に煮詰まり、長めの散歩に出る。8キロほど歩いて、もうヘトヘトになってきたので、とにかく何か食べようと思うが、中途半端な時間でどこも支度中に準備中。ラーメン屋をのぞいたら、カウンターで新聞を読んでいる。どこか支度中なのかわからぬが、俺はやくざではないので「開けろ」とも言えないのですごす立ち去った。さて、もはや空腹の絶頂に達し、散歩中のポメラニアンが、いい焼き加減のパンに見えるほど。このまま、犬にかぶりついて怒られたら「オウ!ジャンバルジャン」とか言って逃げようと思っていたら、以前から気になっていた中華屋がちょうど開店したところにでくわした。

 この前、永井荷風の行きつけだった本八幡の大黒家でカツ丼を頂き、そのことを書いたりしたので、
「ヘビーなものを明るい時間から食う。そして酒」
 という行為を実践したくて矢もたてもたまらない、というほどではないにしろ、やってやろうと虎視眈々としていた。そういうわけで、開店直後で全然エアコンが効いていない店内へ入った。片耳にピアスをあけたポリネシア系な風貌の日本人男性が席へ案内してくれたが、これがまさに荷風席で、隅っこで店内を見渡せるスナイパー対策も万全な席であった。
 とにかく犬まで食いそうな程にハングリーな俺だったので、3品注文し、すさまじいスピードで平らげた。途中、ビールやら梅酒やらを飲んだが、最前から気になる文字がメニューにある
「秘宝酒」
だいたい自己申告で「秘宝」を名乗っている時点で、本当に秘宝である可能性はほぼ皆無なのだが、俺は、すでにカラカラの胃の中にアルコールを流し込んでいて軽いマイケルになっていて正常な判断はのぞめなかった。
一体なんですか、ととりあえず尋ねると、店内に飾られた飴色の液体をたたえたガラス壷を指差し「あそこにある薬草をたくさんいれた薬膳酒の類いで56度あります」という。

俺は「辛いけど大丈夫?」とカレー屋で言われた瞬間、脳内に
「絶対に負けられない戦い」つまり「卓上ドーハ」あるいは「卓上ムルデカスタジアム」が現れ、「それください」と言ってしまうタイプの人間なので、「56度」と言われ(そしていまだ明るい窓の外)を聞いたら迷うまでもなく
「それ、ください」と、注文していた。
 ほどなくして出てきたそれは、さほど辛くもなく、しかしとてつもなく妙な香りで、味は養命酒に山椒を入れたのを桂花陳酒で割ったようなものだった。とまあ、世の中に存在するもので説明がつく程度なので、全然「秘宝」ではなかった。まあ「キングソロモンの秘宝」ではなく「熱海の秘宝」であった。
 さて、「これ飲みきれねえな」とひよったことを考えていると、途中で入ってきていた老夫婦の客が、例のガラス壷を眺め
「あらーすごい蛇とかが何匹も入ってる」
 あのポリネシア男は、俺には「薬草」しか言わなかったぞ。
 とまれ、ほかのものは美味かったし満足して帰り、家につくといきなり足腰が怪しくなった。「秘宝」が効いてきたらしく、そのまま熟睡。

 蛇の夢でも見られたら、これは何か金脈をあてた予兆と喜ぶところだが、夢では、無数のポメラニアンに追いかけ回された。くわばらくわばら。

↑このページのトップヘ