加藤ジャンプの徒然ジャンプ

文筆家・加藤ジャンプの日記 〜コの字酒場探検家、ポテトサラダ探求家、09年からお客さん参加型『即興小説』やっています。 kato_jump115*ybb.ne.jp(*を@に変えて送信ください) ノンフィクションライター白石新のお問い合わせもこちらへどうぞ。

ごくごく最近の加藤ジャンプ:
*週刊朝日書評ページ『最後の読書』書きました
*dancyu東京特集で『立ち飲み番付』書きました
*dancyu 酒場特集で『きたやま』さんのことを書きました。
*テレビ東京系『二軒目どうする?』に出演しました〜
*HAILMARY magazineで毎月『終着駅でギムレットを』連載中
*ウェブ漫画「今夜は『コの字』で」を集英社インターナショナルHPで連載中(原作担当)http://www.shueisha-int.co.jp/
*dancyu中華特集で『味坊』さんのことを書きました。
*新潮社「考える人」で折り紙サークルについて書きました。数学の話デス。
*ALBAのノンフィクション、町工場で復活した伝説のクラブ屋について書いてます
*ALBAのノンフィクション、障害者ゴルフについて書いてます
*すみだ水族館「夜のスズムシ〜すみだ虫聴き〜」クリエイティブやりました。
*文化放送”くにまるジャパン”でコの字酒場のことをおしゃべりしました!
*すみだ水族館イベント「ウミガメQ」企画クリエイティブやってます。
*J-WAVE "GOLD RUSH"でコの字酒場のことをお話させていただきました!
*Free & Easy 7月号でもてなし料理を作ってます。パエリアとパスタ。そのレシピと使った調理器具が渋谷の東急ハンズでコーナー展開中です。
*dancyu7月号「記憶に残る名居酒屋」でコの字酒場の三四郎を紹介させていただきました。
*週刊現代5/11・18ゴールデンウィーク合併号『竹中直人さんインタビュー』素敵。この一言につきます。
*アルバ4月11日号『地図に載っていないゴルフ場 〜五島列島・小値賀島、浜崎鼻ゴルフ場の人々〜』
 五島列島にある島に島民自らが作ったゴルフ場があります。それはただのゴルフ場ではありません。自立のシンボルなんです。
*すみだ水族館 「すみだ水族館があなたの夢をかなえます〜ペンギン研究員〜』クリエイティブをやらせていただいてます。
*dancyu『日本一のレシピ』〜最強のポテトサラダを作る〜再掲載 見逃した方、ぜひ。むせかえるポテトサラダ実験の涙のレポートです
*Free & Easy 6月号 男のもてなし三ツ星料理 もてなし料理3品、作ってスタイリングして書きました。

2009年06月

最近、このブログの更新が少なすぎると、貴重な読者の方何名かにお叱りを受けた。すみません。というわけで今日は更新。

いきなりビロウな話にとぶが、睡眠時間が細切れなせいか便秘がちである。ぼくは肉食というかタンパク質が何より好きで、常に冷蔵庫にオヤツ用にカニカマと竹輪(byしし丸)を欠かさない。もやはタンパク質依存症である。

さて、イメージとして肉食動物の腸というのは長くないと思っている。獲物を見つけたらスタスターと走る。そのとき重いと大変なので、うまいことスパーッと用を足すというのが俺が描く肉食動物の御トイレなのである。鳥かよ。
ところが俺の場合、これが、まあよく詰まる。で、漢方便秘薬というのをよく服用している。とてもスッキリ効くので漢方というのは凄いと、最近は中国の知恵に頼りっきりである。

マイケル・ジャクソンが亡くなってしまって、あと一枚くらいレコード出していたらなあ、と非常に残念に思う。とまれ晩年は、もはや画面上にだけ存在するCGみたいな感じで、なにやら亡くなったと耳にしても現実感が薄い。

それにしても、ずいぶんいろんな薬を服用したり刺したりしていたらしい。依存症みたいな言葉もちらほら見られる。食事もろくにとらず薬をのんでいたらしい。気の毒な人だ。

薬つながりというのもなんだが、これを書いていたら、AV女優の愛沢ひなという人が覚せい剤で逮捕されたというニュースを耳にした。本名が「行天 佐知子」というんだそうだ。「ぎょうてん」って、そりゃあ知人家族は「仰天」である。

いささか話が前後するが、もしも俺が頓死したら、タイミングが悪いと

「胃袋に竹輪ばかり」とか
「漢方薬の残骸だけが腸に残されていました…」とか
「レッドブル依存症」でしたとか、そういうことになってしまうのかしら。それはそれで仰天だが、できればそういうことではなくハッピーに「ビックリ仰天玉手箱」な「仰天」を提供したいので、最近は必死でいろいろ原稿を書いているもので、このブログ更新もめっきり減ってしまっているのであった。というのは言い訳なので、これからはマメに更新しますです。





 

プツンと電気の球が切れた。調子良く書いているときに限ってこういうことがおこる。しばらくは熱くて触ることもできないので交換もままならない。

そういえば最近、東芝が白熱デンキュ−の製造をやめます、というコマーシャルをしきりに放送している。電気をつかわない蛍光灯やらLEDにしましょう、そのほうがエコだから、東芝は白熱灯なんてものはもう作らないことにしましたという宣言。

ガス灯が街から消えたのは、よくついて安全な白熱灯が発明されたからであって、どちらも黄色い灯りである。ちゃんと代替できるものあれば、先達が消え去るのは宿命である。

最近は電灯色の蛍光灯というものも発売されているが、あれはあくまで蛍光灯である。あれを点灯すると部屋から影が失われる。

電車の車内の灯りは蛍光灯の光で真っ白に照らされている。あの空間には影がない。昼日中、太陽が真上にある時間帯は影がないが、それは一日のうちの一定の時間内のことだけである。ところが、蛍光灯の灯りは、年中太陽が南中しているかのように、そこらじゅうから影という影をなくしてしまう。

陰影礼賛なんて本があるくらいだから、日本人はほんとは影が大好きなはずだが、いつの間にか、白熱灯はいかんということになって、世の中から、夜の部屋の中ですら影はどんどん姿を消して行く。

子供の頃、夏休みの真昼間に遊びに行こうとすると、すぐに麦わら帽子を被るように言われた。母はじめ、姉二人もそろって「バカになる」という滅茶苦茶なことを言う。その理由もさることながら、シティ派小学生を目指していた俺は麦わらスタイルに非常に抵抗をおぼえた。だが、嫌々ながら釣りキチ三平スタイルをしていたお陰でとりあえず、今もなんとか生きている。よかったよかった。

晴耕雨読というんで、天気の日はよく働くのが道理。だから、蛍光灯で昼間のように夜も明るくすれば、みんな農耕馬のように必死で昼夜を問わず働かざるをえない。だから会社には蛍光灯がよい。昼も夜もない場所だからである。
まあ、畑や田んぼを見まわしてみると、影も出ないような真昼間はみんな休んでいるのだが。
ところが、これからは夜、家に帰っても影がない生活をいよいよ強いられる気配。エコだというらしいが、そんなことを考える前に、ギラギラの明かりの中でヘトヘトになる。疲れきって人類が滅亡したら、まあ、それは相当なエコである。

そろそろ電球が冷めてきた。

一体いつまでこの明かりの元で仕事ができるのか。よけいなことを考えて原稿がブレるといけないので、さっさと交換することにした。

ウズベキスタン戦。今の代表は、昔、カイワレ大根キットを育てた頃を思い出させる。にょきにょきと成長。簡単にいきそうで、意外に土台のスポンジにカビがはえやすかったりするというハードルもあったり。そして、収穫した実は地味ながら美味しい。成長過程、しかも実りあるステップは見ていて実に心地いい。がんばれ、日本代表。

ウズベキスタンがアジアと言われると、アジアってのはでかいなあ、と誇らしく思うのだが、先日、その辺りの音楽を聴く機会にめぐまれた。

ドンブラという、とても可愛い名前のギターというか琵琶みたいな弦楽器と、クレープみたいに薄っぺらな太鼓を何台も抱えて、ボコボコ叩きまくる異境の地の旋律は、ほどよく単調で眠りを誘うのであった。

たった2人の演奏でありながら重層的で、分厚い音に驚いていたが、なによりすごいのは、どうやって鳴らしているのか、リズミカルに低い音が延々鳴り響いているのである。モンゴルのホーミーは、一人で2つの音を同時に出すが、低い方の弦を押さえていないのに、ずっと
「ブーブーブー」
と、バグパイプのような音がする。実にリズミカルですごい技である。

素晴らしい演奏なので、拍手も大きい。おれの右隣の御夫人も音楽が終るとわれんばかりの拍手を送る。半立ちしていて、スタンディングオベーションの半分くらいの喝采を送っているのだが、その姿は進化の途中の人類の立ち姿そのものであった。

つづく楽曲も驚くべき名演で、しかも例の

「ブーブーブー」

というベース音も入っている。どうやって鳴らすのか眼を凝らすのだが、これが全然わからない。ところが、突然この

「ブーブーブー」

 の音が大きくなったのである。しかも右から聞こえる。

おれの右肩には、ちりちりパーマの頭がどっさりとのっかり、絶え間なく

「ブーブーブー」

とバグパイプを吹き鳴らしているのである。

ライブの最高点は、演奏家とオーディエンスが一体になるというが、これぞ、その典型である。違うか?

しかも肩から音がビンビンと伝わり、さながら骨伝導体験学習である。電車などで隣の客が寝込んで頭を肩にのせてきたら、おれは微妙に肩を動かして起こしてしまような小粒な人間である。だが、今日ばかりは、意外にも演奏に味わいを与えている事実に酔ってしまいほっておいた。

すると、このチリチリバグパイプは曲が終ると、いきなり起きて喝采を送ったのである。しかも、またしてもちゃんと半立ちし、徐々に姿勢が起立に近くなり、もはやネアンデタール人であった。

その後、チリチリバグパイプは演奏、つまり鼾をともなった居眠りをやめてしまった。そのせいか、演奏も些か単調になり、今度はおれが眠ってしまった。

喝采で目が覚めると、チリチリバグパイプは、今度はすっかり姿勢よく立ち上がっていて人間そのものだった。そして、目覚めたおれを一瞬認識すると、一瞥をくれただけで、再びステージへアンコールをうながす手拍子を叩いていたが、そのリズムは完全に周囲からずれていた。人間は進化の途中が一番面白い。

 昨日、編集Hくんと彼女、そして地蔵Nが家にやってきた。ジャンプ食堂で昼酒会を催した。好き嫌いの話になり、Hくんの彼女は、しばらくウイスキーがトラウマになっていたそうだ。地蔵Nは「こったものが嫌い」と、料理を根本から否定する発言で物議を醸し、Hくんは、レトルト麻婆豆腐が赦せないそうである。

 ちょっと時間をさかのぼること…

 うちのドーベルマン・ワイフ(DW)の高校時代の同級生でバンドメンバーだったFちゃんとDWと3人で野毛で飲んだ。

 Fちゃんに会うのは、2年前に柳ジョージさんのライブで演奏しているところを見に行って以来、飲むのは初めてなのであった。かつて、心停止したなんて話までしちゃうわ、横浜なんとかしたら面白かろーなどと、激しくもりあがった。

 途中、横浜でDWの同級生で、超熱い男T上君とその仲間YチンとA生さんとも一時合流し歓談。その後、再び3人で飲み結局3時まで。

 しめのカシはFちゃんの好きなバー。

 さて、
 おれが坐った席の前には、カウンターがあり、そこに、まあ若めの女性がペアで坐っていた。そのうち一人が、離れた席のヒゲのところへ移動し、残ったのは、黒服ミニスカが一人。

 目の前、手が届くほどの距離に坐った、この女性が何を思ったのか、突如、スツールの上に足をのせ、くねくねやり出した。ニシキヘビのあまり長くないのが、どこからか逃げ出してきたかのような光景である。一体目的は、というか、

 これはショー?別チャージ?

 何のフェチかと訊かれれば、まあ、いろいろ有り過ぎちゃって答えに窮するところだが、これといって魅かれる光景ではなく、むしろ引いてしまう光景が眼前で繰り広げられる。おろしてみては、組んでみたり、なんだかいろいろやってくれちゃうのだが、おれは、まあ白目でちょっと見るくらい。

 なにしろ、おれは今DWの横に坐っているんだし、どう振る舞えっていうのよ。困るのよ、ほんと。ふと見れば、DWは、ドーベルマンというよりマングースのような顔をして、ニシキヘビを凝視している。

 そうこうしているうちに、Fちゃんがおれの話に爆笑してくれた拍子に、グラスに頭突きをしてパーンとガラスが割れ、幸いFちゃんには怪我はなく、うしろの足にも何事もおこらず。ただ、

 バーテンさんがやってきて掃除してくれたついでに、件の足姉ちゃんに、
「おろしてください」
と一言。目の前から真白き物体は消失。胸をなでおろす。

 帰り道にやけに腹が減って、コンビニで買い物。漬け物が食べたかったので、陳列棚を見たら3種類。

『たくあん一本漬け』と『べったら漬け』『小茄子漬け』とあったが、おれは、迷わず『小茄子漬け』をチョイス。タクアン、つまり大根は大の好物だが、今晩だけは食べるまい、と思ったからなのであった。



  

↑このページのトップヘ