加藤ジャンプの徒然ジャンプ

文筆家・加藤ジャンプの日記 〜コの字酒場探検家、ポテトサラダ探求家、09年からお客さん参加型『即興小説』やっています。 kato_jump115*ybb.ne.jp(*を@に変えて送信ください) ノンフィクションライター白石新のお問い合わせもこちらへどうぞ。

ごくごく最近の加藤ジャンプ:
*週刊朝日書評ページ『最後の読書』書きました
*dancyu東京特集で『立ち飲み番付』書きました
*dancyu 酒場特集で『きたやま』さんのことを書きました。
*テレビ東京系『二軒目どうする?』に出演しました〜
*HAILMARY magazineで毎月『終着駅でギムレットを』連載中
*ウェブ漫画「今夜は『コの字』で」を集英社インターナショナルHPで連載中(原作担当)http://www.shueisha-int.co.jp/
*dancyu中華特集で『味坊』さんのことを書きました。
*新潮社「考える人」で折り紙サークルについて書きました。数学の話デス。
*ALBAのノンフィクション、町工場で復活した伝説のクラブ屋について書いてます
*ALBAのノンフィクション、障害者ゴルフについて書いてます
*すみだ水族館「夜のスズムシ〜すみだ虫聴き〜」クリエイティブやりました。
*文化放送”くにまるジャパン”でコの字酒場のことをおしゃべりしました!
*すみだ水族館イベント「ウミガメQ」企画クリエイティブやってます。
*J-WAVE "GOLD RUSH"でコの字酒場のことをお話させていただきました!
*Free & Easy 7月号でもてなし料理を作ってます。パエリアとパスタ。そのレシピと使った調理器具が渋谷の東急ハンズでコーナー展開中です。
*dancyu7月号「記憶に残る名居酒屋」でコの字酒場の三四郎を紹介させていただきました。
*週刊現代5/11・18ゴールデンウィーク合併号『竹中直人さんインタビュー』素敵。この一言につきます。
*アルバ4月11日号『地図に載っていないゴルフ場 〜五島列島・小値賀島、浜崎鼻ゴルフ場の人々〜』
 五島列島にある島に島民自らが作ったゴルフ場があります。それはただのゴルフ場ではありません。自立のシンボルなんです。
*すみだ水族館 「すみだ水族館があなたの夢をかなえます〜ペンギン研究員〜』クリエイティブをやらせていただいてます。
*dancyu『日本一のレシピ』〜最強のポテトサラダを作る〜再掲載 見逃した方、ぜひ。むせかえるポテトサラダ実験の涙のレポートです
*Free & Easy 6月号 男のもてなし三ツ星料理 もてなし料理3品、作ってスタイリングして書きました。

2008年12月

気がつけばあっという間に大晦日。
年賀状が間に合わず、バタバタのまま新年をむかえることになりそうです。
今年もいろんな方々に助けていただいて、
なんとか無事に過ごせました。
ほんとうにありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。
よいお年を!

亀山薫が警察をやめてしまった…
ひどいよ
復活の可能性なしじゃんか

だいたい卒業ってなによ。
コンビもので相棒が変わるって
聞いたことないよ

ドンキホーテだってサンチョパンサが交代しちゃったら話になりませぬ
水戸黄門でいきなり「助さん卒業」ってあるか?
母をたずねて三千里でマルコと旅する白サルが「来週からラスカルになります」ってあるか?

あああああああ
勝手なことされるとホント腹立つ
いい加減にしてくれ

最近、完全オリジナルの歌を唄うのが大好きな俺。
自らを揶揄するつもりなどさらさらないが、
今朝は、なぜか歌詞におデブが一杯登場した。
それが悪夢のプレリュードになろうとは…。
夜、
仕事をすませ、急いで新宿で同期会に出席。
すっかり大人になった俺たち。
いつもなら確実に3時4時まで飲んで
タクシー帰りだったが、
今日はみなお利口さんに電車で帰ることに…
なんだかんだいい時間。
飛び乗った東横線で、空いている椅子が見えたので腰掛けたら、
超狭い。
ものすごい圧迫感。狭い教室に閉じ込められた多感な中学生のように、
膝をぴったりあわせて座る俺だが、膝がギシギシときしむ…
見れば左に規格外の巨漢。片側にはボール。
苦しいよお。
俺の細くない足が、アベベに見えるくらい、
迫り来る太ももはぶっとい。ポークビッツと紐で縛ったハム。
ああ、肉塊に飲み込まれる…鉄男〜と叫びたい。
こんなんだったら立ってるほうが楽だ…
と思ったら、
尻が抜けない!
どうなるんだ俺。菊名で降りられるのか俺!?
(つづく)

5531eb06.jpg個人事業主としては、商売繁盛のお祭りには行かないわけにはいくまい
先日、横浜の金比羅大神社で酉の市があるというんで仕事をすませて伊勢佐木長者町へ
改札を降りた瞬間から、ディープな世界。
なんていうかブロンクスみたいな?行ったことないけど。
神社へつづく公園沿いに出店がずらっと並び、というか
並んでるかどうかもわからないくらい、ギュムギュムに人が一杯。芋洗いだって、もう少し隙間があるわよね。
とにかく腹が減ってるので、何はなくともビールと食べ物と思い
ジャンボ串焼きなるものを購入。
釣りを出すのも億劫そうなおじさんは、ブロンクス(行ったことないけど)の雑誌売りみたいにエクストリームリー無愛想。でも美味しかったぁ。
グビグビ、モグモグやりながらギチギチの人の波の中を、否応無しにノソノソ牛歩戦術で進んでいくと
やがて、縁起物の熊手を売っている出店が集中するゾーンへ突入。
よーく見るとお店ごとに、熊手のデコレーションって微妙に違っていて面白い。
細かいオーナメントでぎっしりの(寄せ鍋系)、おかめの面で勝負する(広島風)、色味重視の(おしゃれ系)などがあり、面白がりつつのんびり見ているうちに、
買ったばかりの熊手から、メインの装飾が落下するという爆笑悲劇なんかも目撃。
商売ってのはそういうところが面白いんやなあ、と一人ごちた…
なんて間もなく、ゴリゴリ背中を押され、気づけばたこやき屋さんの前。
また食って、飲んで腹パンパン…でもなく、来年はカバブ(ほんとにブロンクスみたい)も食おうと決意し、
1000円のナノ・サイズな熊手を購入して商売繁盛を祈願しつつ祭りを後にしたのだった。

↑このページのトップヘ