加藤ジャンプの徒然ジャンプ

文筆家・加藤ジャンプの日記 〜コの字酒場探検家、ポテトサラダ探求家、09年からお客さん参加型『即興小説』やっています。 kato_jump115*ybb.ne.jp(*を@に変えて送信ください) ノンフィクションライター白石新のお問い合わせもこちらへどうぞ。

ごくごく最近の加藤ジャンプ:
*週刊朝日書評ページ『最後の読書』書きました
*dancyu東京特集で『立ち飲み番付』書きました
*dancyu 酒場特集で『きたやま』さんのことを書きました。
*テレビ東京系『二軒目どうする?』に出演しました〜
*HAILMARY magazineで毎月『終着駅でギムレットを』連載中
*ウェブ漫画「今夜は『コの字』で」を集英社インターナショナルHPで連載中(原作担当)http://www.shueisha-int.co.jp/
*dancyu中華特集で『味坊』さんのことを書きました。
*新潮社「考える人」で折り紙サークルについて書きました。数学の話デス。
*ALBAのノンフィクション、町工場で復活した伝説のクラブ屋について書いてます
*ALBAのノンフィクション、障害者ゴルフについて書いてます
*すみだ水族館「夜のスズムシ〜すみだ虫聴き〜」クリエイティブやりました。
*文化放送”くにまるジャパン”でコの字酒場のことをおしゃべりしました!
*すみだ水族館イベント「ウミガメQ」企画クリエイティブやってます。
*J-WAVE "GOLD RUSH"でコの字酒場のことをお話させていただきました!
*Free & Easy 7月号でもてなし料理を作ってます。パエリアとパスタ。そのレシピと使った調理器具が渋谷の東急ハンズでコーナー展開中です。
*dancyu7月号「記憶に残る名居酒屋」でコの字酒場の三四郎を紹介させていただきました。
*週刊現代5/11・18ゴールデンウィーク合併号『竹中直人さんインタビュー』素敵。この一言につきます。
*アルバ4月11日号『地図に載っていないゴルフ場 〜五島列島・小値賀島、浜崎鼻ゴルフ場の人々〜』
 五島列島にある島に島民自らが作ったゴルフ場があります。それはただのゴルフ場ではありません。自立のシンボルなんです。
*すみだ水族館 「すみだ水族館があなたの夢をかなえます〜ペンギン研究員〜』クリエイティブをやらせていただいてます。
*dancyu『日本一のレシピ』〜最強のポテトサラダを作る〜再掲載 見逃した方、ぜひ。むせかえるポテトサラダ実験の涙のレポートです
*Free & Easy 6月号 男のもてなし三ツ星料理 もてなし料理3品、作ってスタイリングして書きました。

2008年09月

ホリプロさんで
井戸田潤さん(スピードワゴンさん)にインタビュー

ジョン・ウー監督の最新作
『レッドクリフ』について

これ
ずばり『三国志』の映画

金城武さんの孔明、トニー・レオンの周瑜…
二丁拳銃…は出て来ない!

そんな映画について
三国志好きの井戸田さんに語っていただいた

なんていうか、失礼ながら
同好の士と話しているような感覚に陥り
これ、
飲みながら話したら最高やろなー
と終始感じる楽しいインタビュー
ちなみに
井戸田さんに「ジャンプさん、くわしそうですね」と言われた時、
正直、軽く舞い上がった俺だった。

ともあれ
男の集まりに
三国志とガンダムは最高のテーマなのだと再確認したのだった


カメラマン長濱治さんに会う
好きだった本や音楽の話を聞く

初対面
僕は「猛者の雁首」という写真集を見て、
うひょーと思っていた人間なので
いささか緊張しながら名刺をお渡しすると

「ジャンプ。いいねー」
とほめてくださった

嬉しいのだった

それからお好きだというハードボイルドの話をたくさん聞いて…

そのせいか

ある編集者の方へのメールを
思わず

「原稿は、まだ。」

なんて文体で書きそうになる。あわてて直す。

「原稿は明日、お送りします、よろしくお願いします」

松岡俊介さんにインタビュー

実は同い年なのである。

昔、『遠山金四郎美容室』という
西田敏行さんや夏樹マリさんが出演していたドラマで見て以来
「なんちゅうかっこいい俳優さんなんや」
と思っていたが…

今回30代の半ばを過ぎてはじめてお会いすることに…

さらっと現れた松岡さん
黒髪にヒゲが似合うこと似合うこと

話題はテーマ以外にも広がり
環境やらピースな話も…
そのあたりもっと話したいなー
と思いつつ終了

同い年
いろんな経験をかせねて来たものが自ずと漂っていた…
ひるがえって不肖ジャンプ
体重ばっかり増えているんじゃねーのか、と自問自答
次のアポの場所まで、地下鉄に乗らず歩いてしまった俺だった

0acf8c44.jpg世界遺産。
どっから撮っても絵はがきのようだ。
話は違うけれど、
この近くの定食屋さん
サンプルが並んでいて当たり前の

トンカツ
唐揚げ
海老フライ

などが並んでいる。
だが、よく見たら札にはこう書いてある

トンカツサラダ
唐揚げサラダ
海老フライサラダ

サンプルにはどれも
キャベツとポテトサラダが少しのっている…
???
これは付け合わせと言うのではあるまいか?
何故「サラダ」と誇示するのか…

姫路、深いな

これから仕事で姫路へ

遠足の日みたいに興奮して、
必要以上に早起きしてしまった。
朝から、働きまくっている。
家事もやっちゃって、
ゴミ出しもしてきた。

僕はものすごい近眼で、
裸眼では人の顔なんて全然わからない。
でもゴミ出しのときなんて、なんとなく面倒なので、
裸眼のまま出てしまう。
誰とすれちがってもまったく識別できないから、
とりあえず、動いているものにはなんでも挨拶している。

でも、今日は祭日だしまだ6時台。
そのせいか集積所へ行くと、今日は誰もいない…
袋をおいて立ち去ろうとしたら、
ゴミ袋の一つが突然
「おはようございます!」
俺は、「おは#$%&’(&」と意味不明の言葉と会釈をするのが精一杯であった。
おばあさんは早起き、そして白いジャージで草むしりが好きなのだ。

頼みます、白い服で集積所周りの草むしりなんてしないでつかーさい…
と思ったが、今日は敬老の日。ゴミ出しには眼鏡をかけて行こうと反省するのであった。

02a509b5.jpgブログにごはんをのせるとき…
時間がたったらおいしくないので、
急いで撮る。
慌てて撮るから、美味そうに写ってない
麺類は最たる物で、
のびたらイヤで
いつも異常に適当に撮ってしまった…
でも、おいしいのよ

ジャンプそうめん

1人前

そうめん 2束
*薬味
茗荷 1
とろろこんぶ 適量
ごま 適量
かつおぶし 適量

*ぶっかけ用のつゆ
昆布茶 だいたい湯のみ1杯分
醤油 大さじ1くらい?(お好み)
米酢 小さじ1くらい?(お好み)
島ラー油
先につゆをつくります
昆布茶はまず粉を溶いたらあとはつめたい水でうすめる(やや濃いめがいい)
そこへ醤油、米酢、ラー油をそれぞれ適量いれてよくかきまぜる

そうめんは袋の記載通りに茹でて
よく洗って

どんぶりにあけたらツユをかけて
薬味をどさっと

いつものそうめんとはちょっと違っておいしいのです。
夏に使い切らなかったのをこんなふうに食べるのがジャンプ食堂であります



掌からラーメンのにおいがする

なぜだー

176c3201.png土曜日に栃木県に取材にいった帰りに「花にら」という野菜を買ったのでこういうのを作りました
材料
花にら一束
ねぎ 
チーカマスティック(かまぼこ、あるいは一般のぷろせすチーズでもいいです)
胡麻油

七味唐辛子
ごま
塩昆布(なければとろろ昆布とか昆布茶)

花ニラは5センチくらいの長さ
ねぎは3センチくらいに切って
塩を1つまみいれた熱湯で一緒にかるく茹でる

茹でたらザルにあげてよく水をきっておいて***A

ボウルに胡麻油大さじ1くらい、塩、七味、ごま、塩昆布は適量でまぜあわせ***B

チーカマスティックを3センチくらいにそぎ切りして
BにAと切ったチーカマスティックを一緒にいれてがーっと混ぜる

もりつけて完成
所用時間5分

電車で隣に座っている人が映画の話をしている
男性がくわしくて、女性はふんふんと聞いているらしいが…

いろんな役者の名前を言っていたが、一つだけ気になった
「『ジョン・マルコスビッチ』!」

イメルダはどこいった〜

混雑する電車の中で、俺は相当癒されたのだった。

島地勝彦さんにインタビュー
元週刊プレーボーイ編集長で
今東光さん、柴田錬三郎さんといった
猛者の担当編集者だった方
今回は
週プレ時代に担当して以来、親友だった
開高健さんとのエピソードを伺う

場所は職場の応接スペース
テーブルの上の灰皿には
いろんなパイプ
葉巻の缶や箱
硯やら筆やら…
男の仕事場

「ジャンプ、いいじゃない」
と名前をほめていただき
「ま、なんでも聞いてくださいよ」
と葉巻をくゆらせながら笑顔で迎え入れてくれる

類は友を呼んだんだろうなあ
かっこいい人なのだった

ちなみに、僕も『言海』は年中ながめている
一つでもかぶることがあって嬉しかった(くわしくはFree & Easyの次号をどうぞ:宣伝)

国立劇場小劇場にて
文楽 奥州安達原を観る

環の宮明御殿の段
竹本千歳太夫さんと豊沢富助さん

袖萩が三味線を弾きながら唄うところ、

舞台上ですべてシンクロする瞬間、たまらん
人形の三味線の指の動きと富助さん
そして
千歳太夫さんの声

あーーしびれる
むちゃくちゃかっこいい

いいものを観た

難を言えば一つだけ
途中、二人の掛け声
まったくいただけなかった
静かに観てくれ

学校を卒業して入った会社の上司だった
門田隆盛さんにお会いした。
門田さんは、
NHKでドラマ化された
「甲子園への遺言」や
山口県光市の母子殺害事件の遺族である本村洋さんのことを書いた
「なぜ君は絶望と戦えたのか」の著者。

はずかしながら、僕は「甲子園への遺言」は
上司の門田さんとは知らずに読んで
滂沱の涙を流していました。それから、あの門田さんだと知って
いやはや驚いちゃって、もう

数年ぶりに再会して…
1年生記者の僕にとって、尊敬しつつも
びびりまくっていた…
そんなデスク門田さんだったんだけども…

いやあ、楽しいのなんの。
長々お邪魔してしまって、すみませんでした!

でも、ほんと、この2冊、絶対おすすめ(この2冊以外も)!




つい先日、学校を出て初めて就職した会社の同期と同期会があった。
97年のチョーヒョーガキ。僕はすでに26。
「たぶん同期の中で最年長だろうなあ」と思っていたら
8人いた同期のうち4人が同い年という、よもやのマジョリティー入り。
しかも年上のアニキも一人いて、まっすぐ就職してきたかたぎは一人だけ。
そして全員、男。
そしてのんべえ。
仲良くなる理由はすべてそろっていたわけで、
今も、年に何度も同期会。
今年は、一人が会社をやめ、2番目にやめた一人が東京へ戻り、
我々と同じ業界に戻ってきたということで、
ひさびさに全員集合。
気づけば3時。
ゆるされるもんなら朝までいきたいところだけど…
そこまでやらなくなった俺たちも少し大人になったのかなあ、
なんて帰りのタクシーの中で思った

打ち合わせ前にお昼を食べようと思って駅前のコーヒー屋へ。
携帯を忘れてきたのに気づき、一旦帰宅。
電車に乗る前にキオスク(コンビニの小さいやつ)で麦茶を買って
ホームで電車を待っていて、ないことに気づく。
時間がないので、そのまま乗車。
地下鉄のホームで、「千代田線が止まっています」とのアナウンスを耳にして
あわてて2階上にあがって駅員さんに「この電車動いてないんですか?」
尋ねると「ここは有楽町線ですよ。時間通り動いています」
などなど
今日は一日メロメロであります

昨日は銀座のソニーさんで
ムーンライダーズの武川雅寛さんに取材

先日は鈴木慶一さんに取材させていただき、
今回は武川さん!

背の高い武川さんのバイオリンは、
演奏を傍らで聴いたら
きっとシャワーのようなんだろうねえ





9f5bd7a0.jpg仕事の道具、というのを言い訳に
あとからあとから欲しくなる万年筆
気づいたら、結構な本数あるけど、
最近はコレばかり

このごろ、ようやく
「ぬめぬめ」となってきた
開高さんが書いてた感じってこんなんかな…
なんてことを思うと、
大人の男に近づいたなあ、なんて思うのだ

で、ぬめぬめと書いてると、
気がついたら
9月になっていた
夏も終わりです

↑このページのトップヘ