加藤ジャンプの徒然ジャンプ

文筆家・加藤ジャンプの日記 〜コの字酒場探検家、ポテトサラダ探求家、09年からお客さん参加型『即興小説』やっています。 kato_jump115*ybb.ne.jp(*を@に変えて送信ください) ノンフィクションライター白石新のお問い合わせもこちらへどうぞ。

ごくごく最近の加藤ジャンプ:
*週刊朝日書評ページ『最後の読書』書きました
*dancyu東京特集で『立ち飲み番付』書きました
*dancyu 酒場特集で『きたやま』さんのことを書きました。
*テレビ東京系『二軒目どうする?』に出演しました〜
*HAILMARY magazineで毎月『終着駅でギムレットを』連載中
*ウェブ漫画「今夜は『コの字』で」を集英社インターナショナルHPで連載中(原作担当)http://www.shueisha-int.co.jp/
*dancyu中華特集で『味坊』さんのことを書きました。
*新潮社「考える人」で折り紙サークルについて書きました。数学の話デス。
*ALBAのノンフィクション、町工場で復活した伝説のクラブ屋について書いてます
*ALBAのノンフィクション、障害者ゴルフについて書いてます
*すみだ水族館「夜のスズムシ〜すみだ虫聴き〜」クリエイティブやりました。
*文化放送”くにまるジャパン”でコの字酒場のことをおしゃべりしました!
*すみだ水族館イベント「ウミガメQ」企画クリエイティブやってます。
*J-WAVE "GOLD RUSH"でコの字酒場のことをお話させていただきました!
*Free & Easy 7月号でもてなし料理を作ってます。パエリアとパスタ。そのレシピと使った調理器具が渋谷の東急ハンズでコーナー展開中です。
*dancyu7月号「記憶に残る名居酒屋」でコの字酒場の三四郎を紹介させていただきました。
*週刊現代5/11・18ゴールデンウィーク合併号『竹中直人さんインタビュー』素敵。この一言につきます。
*アルバ4月11日号『地図に載っていないゴルフ場 〜五島列島・小値賀島、浜崎鼻ゴルフ場の人々〜』
 五島列島にある島に島民自らが作ったゴルフ場があります。それはただのゴルフ場ではありません。自立のシンボルなんです。
*すみだ水族館 「すみだ水族館があなたの夢をかなえます〜ペンギン研究員〜』クリエイティブをやらせていただいてます。
*dancyu『日本一のレシピ』〜最強のポテトサラダを作る〜再掲載 見逃した方、ぜひ。むせかえるポテトサラダ実験の涙のレポートです
*Free & Easy 6月号 男のもてなし三ツ星料理 もてなし料理3品、作ってスタイリングして書きました。

2008年02月

 最近「講談」がいいのです。
 おかげさまで、たくさん原稿を書かせていただいていて、いきおい、朝をむかえることも少なくない。
 で、毎週土曜の夜から日曜の朝にかけて仕事をしていますと、このごろは習慣になっていて、5時15分になると、ピタッと筆が止まる…。ま、筆じゃなくてキーボードたたく指なんですけどね。
 何がはじまるかといいますと「日本の話芸」の時間なのです。
 先日は「神崎与五郎詫証文」というお話でして。忠臣蔵大好きな私、ちなみに俺的フェイバリット四十七士は岡野金右衛門と赤垣源三が2トップ。棟梁の娘から図面をもらう岡野。留守の兄の紋付と杯をかわす赤垣…。ああ、かっこいい。で、本日は神崎与五郎、四十七士の中でも抜きん出たハンサム侍の話です。
 さておき、こりゃあ見逃せない、ならぬ聞き逃すわけにはいきますまい。
 
 いやあ泣いた、泣いた。
 ふっとモニターを見たら「かんざきいいい」と3回書かれていました。力入ってたんですなあ。kanzakiii。iをぎゅうっとね。
 

眠い!
ガッツ!

c4544643.jpgおかげさまで忙しい毎日です。

今、角瓶のお仕事をさせていただいてます。
サントリーさんのクオータリーという雑誌でインタビューをしております。
どなたに…というのは今しばらくお楽しみにお待ちくださいませ。
とにかくカッコいい方達です。

で、今晩は一段落というか、ちょっと眠るために今一杯やっちゃいました。
少しだけ寝てまた書きますです。

あー、しみるなあ。

e9a35800.jpg今日の晩飯

上から

*エリンギのバター醤油で焼いたもの

*大根をたいて、ひき肉と油揚の昆布出汁あんをかけたの

*アボカドとゆでほうれん草と栗のサラダ

と、まあ毎日おかずの写真をのせているが、黄色い灯りの下ではどれも同じような色になってしまいます。
ちょっと欲が出てきたりして…。ちゃんとライト使おうかしら…。
気になりだすととまらない。

あ、もちろん
ちゃんと原稿も書いてます。はい。



3c7ac542.jpg年明け、書かせていただいたSTUDIO VOICEが届く。
今の仕事の根っこになった時代のエピソードを書いた。学生時代から読んでいた雑誌に初めて書かせて頂いたこともあって、読み返してちょっと気が引きしまる。

さてさて、本日も風邪にこりて外食せず。
2品。
手前が

「里芋と鶏の梅肉煮」
 里芋と鶏を鶏の出汁と醤油とお酒と砂糖で煮て、そこへ梅肉どぼん。隠し味、バルサミコ。醤油は少し多いくらいがキリッとしていいかも。

奥が

「ブタと牛蒡のニンニク醤油炒め」
 ブタこまとささがきした牛蒡をごま油で炒め酒をそそいで…
 昆布茶とガーリックパウダーをふって、炒め煮にする
 炒まったら、ブタと牛蒡はあげて
 残った汁に醤油をたして煮詰めて汁気を少しとばして。隠し味にほんの少し豆板醤。
 このタレをかけて、卵の黄身をのっけたらできあがり。

やるなあ。なかなかうまかったのでした。

なんて悦に入っていると、お仕事の依頼のお電話。
かっこいい大人の男の方へのインタビュー。
激しくテンションが高まる。
亡父に報告せにゃあ。
今日は、ふつふつと気合いが入る一日なのでありました。
飯も食ったし、今夜もがんばって仕事ですわ。
 

24b44f76.jpg久しぶりに料理

小柱と厚揚げを出汁で煮て
そいつに山芋をかけました。
出汁は、こぶとお酒
山芋はごま油と山椒をちょっと加え、煮汁も少しかける。

あとは、いさき、金目、はまちを切りましてお刺身。
最後は軽くづけにして、そこへ山芋の残ったのをかけて、ずるずるっと。

******

そういえば、今日スーパーで、料理用に紙パックのでっかい酒を買おうと、レジに並びました。
箱の酒、白鹿なんとか。
で、レジの人が…
「すみませんが、年齢を確認できるものお持ちですか?」
うきゃきゃきゃあああ。
manageできない喜びにクネクネ。
しかし、なぜに?
風邪で長いこと酒なしでむくみへって、脂っ気もなくなり若返ったのか。
ともあれ
後ろに並んでたお兄ちゃんに
「こいつ喜んでるよ…」とさとられないように、つとめて平静を装う午後なのでした。

↑このページのトップヘ