加藤ジャンプの徒然ジャンプ

文筆家・加藤ジャンプの日記 〜コの字酒場探検家、ポテトサラダ探求家、09年からお客さん参加型『即興小説』やっています。 kato_jump115*ybb.ne.jp(*を@に変えて送信ください) ノンフィクションライター白石新のお問い合わせもこちらへどうぞ。

ごくごく最近の加藤ジャンプ:
*週刊朝日書評ページ『最後の読書』書きました
*dancyu東京特集で『立ち飲み番付』書きました
*dancyu 酒場特集で『きたやま』さんのことを書きました。
*テレビ東京系『二軒目どうする?』に出演しました〜
*HAILMARY magazineで毎月『終着駅でギムレットを』連載中
*ウェブ漫画「今夜は『コの字』で」を集英社インターナショナルHPで連載中(原作担当)http://www.shueisha-int.co.jp/
*dancyu中華特集で『味坊』さんのことを書きました。
*新潮社「考える人」で折り紙サークルについて書きました。数学の話デス。
*ALBAのノンフィクション、町工場で復活した伝説のクラブ屋について書いてます
*ALBAのノンフィクション、障害者ゴルフについて書いてます
*すみだ水族館「夜のスズムシ〜すみだ虫聴き〜」クリエイティブやりました。
*文化放送”くにまるジャパン”でコの字酒場のことをおしゃべりしました!
*すみだ水族館イベント「ウミガメQ」企画クリエイティブやってます。
*J-WAVE "GOLD RUSH"でコの字酒場のことをお話させていただきました!
*Free & Easy 7月号でもてなし料理を作ってます。パエリアとパスタ。そのレシピと使った調理器具が渋谷の東急ハンズでコーナー展開中です。
*dancyu7月号「記憶に残る名居酒屋」でコの字酒場の三四郎を紹介させていただきました。
*週刊現代5/11・18ゴールデンウィーク合併号『竹中直人さんインタビュー』素敵。この一言につきます。
*アルバ4月11日号『地図に載っていないゴルフ場 〜五島列島・小値賀島、浜崎鼻ゴルフ場の人々〜』
 五島列島にある島に島民自らが作ったゴルフ場があります。それはただのゴルフ場ではありません。自立のシンボルなんです。
*すみだ水族館 「すみだ水族館があなたの夢をかなえます〜ペンギン研究員〜』クリエイティブをやらせていただいてます。
*dancyu『日本一のレシピ』〜最強のポテトサラダを作る〜再掲載 見逃した方、ぜひ。むせかえるポテトサラダ実験の涙のレポートです
*Free & Easy 6月号 男のもてなし三ツ星料理 もてなし料理3品、作ってスタイリングして書きました。

2007年10月

962061a5.jpg今日はベビーカーで3度ももやもやした。

デパートで、
ベビーカーで後ろから突っ込んでこられた。
結構な勢いでやられたので、
痛い。
2人づれで、ぺらぺらおしゃべりに夢中で、脇見しながらベビーカーを押しているからいかんのだ。
謝りもしない。

その後電車に乗ったら、
降りてくる年寄りにぶつかっているベビーカーがいた。
バランスを崩して、老婆は転びそうになっていた。
降りる人を待つのはルール。子連れも何も例外はないだろう。

またまたその後、エレベーターに乗ったら、
またしても降りる人を無視して、
どんどんペピーカーで乗り込んでくるのがいる。
赤ん坊を抱いている奥さんが降りようとしたのだが、
これをはねとばすいきおい。

ちなみに3度とも流行のマクラーレン。
おしゃれなお母さんたちなのになー。

子どもを育てるのはいろいろ大変なことが多いだろうし、
子どもは好きなほうだから、大事にしたいんだが‥。

気遣いはもとめるだけじゃダメだよね。

********************

で、ちょっと憂さ晴らししたく‥
写真は、福井県で作っている「雲丹醤油(うにひしお)」。
先日買って、今日、帰宅後に念願の開封。
キュウリのいいのを売っていたのでそれをつけて食べたら実にうまい!
素麺につけてもいける。

毎日、小さいけれど悲喜こもごも。



昨日、
この秋になって、はじめてシャツが長袖になった。

気がつけば、コーヒー屋で注文するのも、これまでのアイスからホットに。

ポストには、郵便局から「年賀はがき予約」のお知らせ。


今年も終盤。
急がなくちゃ。
っていう気分になってきた。

近所の書店を久しぶりに、じっくりのぞいた。
間口は一間半くらいの、ほんとうに小さな店だが、一応岩波文庫なんかもちゃんと置いていた店だ。
もう40年くらいは営業しているらしい。
子どもの頃は本屋というと、この店に行っていて、僕の中では「書肆」というとここだった。
「ドラえもん」も「坊ちゃん」も、小学生の頃は
なんでも大概ここで買っていた。
今でも、目的があって行くことはたまにある。
ただ、今日はあてもなく渉猟。
そうしたら、岩波文庫の棚がなくなっていた。
町の小さな書店は、どこも漫画屋になっていく。

ちくま文庫の棚になぜか2冊だけ岩波文庫があったので、
そのうちの一冊「日本の酒」を買うことにした。
会計の時、
「デトロイト・メタル・シティ」の新刊はまだかと店員さんに尋ねてしまった。
まだだそうだ。
この漫画が出たら、この店で買ってやろう。
それで、漫画じゃない本も1冊は一緒に買ってやろう。


昨日、王子にある北とぴあというホールで催された
オペレッタ「微笑みの国」を見に行った。

オーストリアハンガリーの貴族と中国の皇太子が恋をして、
結局文化の違い(というか貴族の娘がはっきり言って無理解な奴なのだ)で別れていく話。
まあ、ストーリーはともかく
皇太子の妹役の針生美智子という人が、
少女のように小さいのにたくましく奇麗な声でびびった。逸材だなあ。


それにしても、やっぱり日本語って音がしゃらしゃらしてて、こういう音楽には微妙。
主演のイ・ヒョン(ものすごく歌がうまくて恰幅のいい船越英一郎さんという雰囲気)が見せ場で日本語を使わないとこがあるんだけど、
やっぱりそこが、最高でした。
いろんなとこで言ってきたけど、やっぱり
言語によって、人間の楽器としての音は違うんだよねー。

台詞は日本語、歌はそのままってわけにはいかないものかな。

fabeabb3.jpg昼過ぎ、番号通知不可能、という文字が携帯に。
国際電話はみんなこんなふうに出るんだけど、
出たら
「もしもーしフィリピンからかけてまぁす」
と、どっかのお店からのお誘いのような間違い電話だった。
どうでもいいが随分エクスペンシブな間違え方だ。

************

神田うのの打ち掛けもどきを見ていたら、紀香がすごく素敵に思えてきた。
世界は相対的なのだ。

************

the sucker's kissという本を読んだ。イギリスの上方人情話。作者はアラン・パーカー‥って小さな恋のメロディーとかバグシーマローンとかのあの人。プロだなあ。
ていうか誰か翻訳させてください。

************

脳内なんとかをやってみたらこんなふうになった。
どう遊ぶか悩んでるのか?遊び気分の不真面目さが真ん中にあるこを悩んでいるのか?
悩ましい


↑このページのトップヘ