加藤ジャンプの徒然ジャンプ

文筆家・加藤ジャンプの日記 〜コの字酒場探検家、ポテトサラダ探求家、09年からお客さん参加型『即興小説』やっています。 kato_jump115*ybb.ne.jp(*を@に変えて送信ください) ノンフィクションライター白石新のお問い合わせもこちらへどうぞ。

ごくごく最近の加藤ジャンプ:
*週刊朝日書評ページ『最後の読書』書きました
*dancyu東京特集で『立ち飲み番付』書きました
*dancyu 酒場特集で『きたやま』さんのことを書きました。
*テレビ東京系『二軒目どうする?』に出演しました〜
*HAILMARY magazineで毎月『終着駅でギムレットを』連載中
*ウェブ漫画「今夜は『コの字』で」を集英社インターナショナルHPで連載中(原作担当)http://www.shueisha-int.co.jp/
*dancyu中華特集で『味坊』さんのことを書きました。
*新潮社「考える人」で折り紙サークルについて書きました。数学の話デス。
*ALBAのノンフィクション、町工場で復活した伝説のクラブ屋について書いてます
*ALBAのノンフィクション、障害者ゴルフについて書いてます
*すみだ水族館「夜のスズムシ〜すみだ虫聴き〜」クリエイティブやりました。
*文化放送”くにまるジャパン”でコの字酒場のことをおしゃべりしました!
*すみだ水族館イベント「ウミガメQ」企画クリエイティブやってます。
*J-WAVE "GOLD RUSH"でコの字酒場のことをお話させていただきました!
*Free & Easy 7月号でもてなし料理を作ってます。パエリアとパスタ。そのレシピと使った調理器具が渋谷の東急ハンズでコーナー展開中です。
*dancyu7月号「記憶に残る名居酒屋」でコの字酒場の三四郎を紹介させていただきました。
*週刊現代5/11・18ゴールデンウィーク合併号『竹中直人さんインタビュー』素敵。この一言につきます。
*アルバ4月11日号『地図に載っていないゴルフ場 〜五島列島・小値賀島、浜崎鼻ゴルフ場の人々〜』
 五島列島にある島に島民自らが作ったゴルフ場があります。それはただのゴルフ場ではありません。自立のシンボルなんです。
*すみだ水族館 「すみだ水族館があなたの夢をかなえます〜ペンギン研究員〜』クリエイティブをやらせていただいてます。
*dancyu『日本一のレシピ』〜最強のポテトサラダを作る〜再掲載 見逃した方、ぜひ。むせかえるポテトサラダ実験の涙のレポートです
*Free & Easy 6月号 男のもてなし三ツ星料理 もてなし料理3品、作ってスタイリングして書きました。

2006年05月

ジョグジャカルタで大地震があったというニュース。
20年前に3年間家族で暮らしていた。
すでに4000人も亡くなったという。


のどかで、気楽でいい人がたくさんいた。
音信なんてないけれど、のんびりやっているんだろうなと思っていた。
20年たてば随分変わったのだろうけれど。
今でも東京でばたばたやっていると、あそこには、あそこの暮らしがあるんだろうなあ、なんて考えるとホッとした。
その町がめちゃくちゃになってしまった。
なんかできることはないか。とにかく、寄付でも何でもいいからしなくては。急がなくては。

右手の薬指の具合が悪い。
皮はボロボロ、かゆくてかゆくて。そのうえ、爪はボコボコになり、どんどん付け根がそげてくる。
こりゃあ病気だ。
健康診断で行った病院でちょっと聞いてみたけれど、
「さあ…」
健康診断ってのは、何を診断してんのかねえ。
とまれ、明日は皮膚科にでも行ってみますかね。

下北沢の駅からてくてくと7分ばかり歩きます。
茶沢通りをずっとまっすぐ。何もなくなってきて不安になってくると
マッドマンなんて不思議なお店が向かって左側にあらわれ、もう少し先に梅が丘通りと茶沢通りが交わった交差点。その十字路のちょっと手前にその店はあります。
Tambourinタンブラン。

極端なのは何でも実は意外に成り立ちやすい。演技でも文章でも主義でも主張でも。
加減というのが実は難しい。

ひるがえってタンブラン。
国産のワインとおいしい料理が食べられるお店。
偶然、前を通りがかったら店主の女性と目があいまして。
なんか楽しそうだから入っちゃおうかしらん。
という出会いがはじまり。
ここがその加減が実にいい。
賑やか過ぎず、元気過ぎず、お洒落過ぎず、味も洋すぎず和すぎず…
越えない良さがたくさん満ちているお店でして。

先日久しぶりに行ったらやはりうまくて、書かずいられなくなってしまいました。
二人で2杯ずつは好きなものを飲んで、5品食べて5千円かかりません。
ラブリー。

ふと考えた。お店の名前はタンブラン。これってフランスの楽器ですよね。タンバリンのこともいうけれど、それ以前からある太鼓の名前がそう。
で、思い出した。ビゼーのファランド−ル。あれ、タンブランを使っているけれど、ほんとうによくアンコールで演奏されますよね。
この店はまさに、アンコールしたくなるお店であります。ちゃんちゃん。
絶賛してしまったな。

教科書にたくさんの間違いがあったというんで、文科省が緊急調査をしているというニュースを見た。
ひらがなが「ひらなが」、遺志継ぐが「意思継ぐ」…。
ひらなが、って小学校にいたなあ。
しかも今年のセンター試験じゃ、教科書のグラフの説明が誤っていたせいで、教科書通りの回答をした学生がペケをもらったというし。
本なんて作っていると、誤植なんかがむやみに気になる。
そもそも、内容が間違っているっていうのは話にならない。
でも、つい10年前くらいまでは、教科書でルビが間違ってるとか、グラフの凡例が間違ってるなんて考えられなかったと思うんだけれど。
だいたい、教科書なんて全部間違ってる!くらいのロックロールな発言も、基本的に教科書が正確でないと成り立たないしさ。もう少し、しっかりしたいな、大人は。
つうことで、次回も誤植ゼロを目指します。とりあえず。

どういうわけか、現在すべての仕事が宙ぶらりんとなっています。
曲がりなりにもモノを作っているので、仕上がらないとどうにもカタルシスが得られない。

そんなすっきりしない中、打ち合わせの最中に、ちらっとテレビを見たら…
ナイナイがマンションの広告をしています。
彼らは好き。
だけれど、しっくりこない。腑に落ちない。
なぜって
スターのギャラは高い。→広告費アップ→マンションの設備にかける費用ダウン?
なんだか住みたいと思えないな。しかも浦和美園って家族向けなのに、ナイナイって…。
よくわからんです。

かけなくちゃいけないところに金をかけない、そういうことが多すぎる。どうもそんなことが仕事の上でもひっかかることが多い。マンションのCMに納得がいかないのもそういうことなんでしょうか。
いいものも広告しなきゃ売れないし、広告に不必要に重心を置くのもおかしなこと。
バランス、バランス。ま、他人様の振り見て我が振りを直すってのが先決なんですが。
今日は、反省ばかりです。
雨のせいでありましょうか…。

昨日切った髪の毛を気にしながら仕事へ。
汐留のテレビ局で待ち合わせ。

ケビン・クローンさん。
FM横浜のDJを皮切りに「ここが変だよ日本人」での舌鋒鋭さでブレークした方にインタビュー。

しかし、汐留という町は寂しいところ。
アンパンマンの着ぐるみが、一人ではしゃいでいるのが印象深い、雨の人口都市でのインタビューでした。
内容は、FREE & EASYの次号巻頭コラムで、どうぞ。

先日オープンしたイケア。ザウスの跡にできた、と友人から聞いて「家具、全部流れていっちゃうじゃん?」ととりあえず言っておきました。
さておき。

南船橋の駅は、いきなり黒山の人だかり。
帰りの切符を買う人の行列で外へ出ることすら困難。
なんとか外へ出ますと、眼前に青と黄色の巨大な建物。あーイケアだわ。

大昔、舶来品大好きな従兄の家には、外国の製品についての雑誌やらカタログやらがたくさんありました。其の中に、ちょっと気の利いたワゴンの写真が出ていて、それがイケアというスウェーデンの通販で買いました、とあったのがイケア原体験。
かっこいいものなんだと思っていたら、中学校の時に見た映画の台詞に
「あんたと結婚したら部屋中イケアなんていう暮らしになってしまうわ!」と、お洒落な主人公が叫ぶシーンがありまして。ほかのエッセーなんかでも、こういう扱いが多くて、そういうもんなのか、なんてちょっとしたコペルニクスもありました。

でもやっぱり見たいもんね。いいもんだったら欲しいもんね。

しかし、イケアは遠くにありにけり。船橋。ただでさえ遠いのに、入館するまでに30分以上並びました。いろんな部屋が作ってありまして、それぞれがイケアの家具でトータルに仕上げてあるわけです。
ほほお、っと。
で、この店のシステムは、部屋ごとのコーディネートを見せておいて、あとは倉庫から自分でゲットしなはれ、と。そんなわけで、掛け時計やら木製のブラインドやら、チロチロッとメモ。このメモ用の鉛筆がイケアロゴ入りで愛らしい。そのへんは流石なのであります。

のろのろと倉庫へと進みつつ、そこかしこにワゴンがあるのに気づく。見れば蛇、蛇、蛇。ワゴン一杯に緑の蛇がいます。何故?不可解な気持ちをかかえつつ、倉庫へ。
道中にもワゴンが一杯。そこにも、タコや蜘蛛などの禍々しいスタイルの生き物のぬいぐるみ。グリフォンの庭。

で、倉庫に到着。ここはなかなか圧巻。「あたし、こういうとこでずっと働いてたー」という明るい声が背後から聞こえ、少し切なくなりながら物色。しかし、取り付ける窓枠の大きさが今ひとつ記憶になく、本日は断念。小物のみ購入。入館から3時間。外はとっぷり日が暮れておりました。

しかし、意外とイケア袋を下げた人を見かけません。みんな配送にしたのかしら。というか、ショーケースのベッドリネンとかグチャグチャだったけど、そういうときの下品さ、ってすごく嫌。グリフォンの館の一番の下手物は実はそういう類いの人間のほうかしら、なんてね。
とまれ、次回はちゃんと窓枠をはかってから木製ブラインドを買おうと思います。

全身ギャップなんて絶対嫌だけど、どっかに上手にユニクロやら無印やら着ているのは、賢い消費者なんですものね。

↑このページのトップヘ