加藤ジャンプの徒然ジャンプ

文筆家・加藤ジャンプの日記 〜コの字酒場探検家、ポテトサラダ探求家、09年からお客さん参加型『即興小説』やっています。 kato_jump115*ybb.ne.jp(*を@に変えて送信ください) ノンフィクションライター白石新のお問い合わせもこちらへどうぞ。

ごくごく最近の加藤ジャンプ:
*週刊朝日書評ページ『最後の読書』書きました
*dancyu東京特集で『立ち飲み番付』書きました
*dancyu 酒場特集で『きたやま』さんのことを書きました。
*テレビ東京系『二軒目どうする?』に出演しました〜
*HAILMARY magazineで毎月『終着駅でギムレットを』連載中
*ウェブ漫画「今夜は『コの字』で」を集英社インターナショナルHPで連載中(原作担当)http://www.shueisha-int.co.jp/
*dancyu中華特集で『味坊』さんのことを書きました。
*新潮社「考える人」で折り紙サークルについて書きました。数学の話デス。
*ALBAのノンフィクション、町工場で復活した伝説のクラブ屋について書いてます
*ALBAのノンフィクション、障害者ゴルフについて書いてます
*すみだ水族館「夜のスズムシ〜すみだ虫聴き〜」クリエイティブやりました。
*文化放送”くにまるジャパン”でコの字酒場のことをおしゃべりしました!
*すみだ水族館イベント「ウミガメQ」企画クリエイティブやってます。
*J-WAVE "GOLD RUSH"でコの字酒場のことをお話させていただきました!
*Free & Easy 7月号でもてなし料理を作ってます。パエリアとパスタ。そのレシピと使った調理器具が渋谷の東急ハンズでコーナー展開中です。
*dancyu7月号「記憶に残る名居酒屋」でコの字酒場の三四郎を紹介させていただきました。
*週刊現代5/11・18ゴールデンウィーク合併号『竹中直人さんインタビュー』素敵。この一言につきます。
*アルバ4月11日号『地図に載っていないゴルフ場 〜五島列島・小値賀島、浜崎鼻ゴルフ場の人々〜』
 五島列島にある島に島民自らが作ったゴルフ場があります。それはただのゴルフ場ではありません。自立のシンボルなんです。
*すみだ水族館 「すみだ水族館があなたの夢をかなえます〜ペンギン研究員〜』クリエイティブをやらせていただいてます。
*dancyu『日本一のレシピ』〜最強のポテトサラダを作る〜再掲載 見逃した方、ぜひ。むせかえるポテトサラダ実験の涙のレポートです
*Free & Easy 6月号 男のもてなし三ツ星料理 もてなし料理3品、作ってスタイリングして書きました。

2006年02月

こうの史代という漫画家の「夕凪の街桜の国」。
いろんなところで話題になっていましたが、こんなに薄い本かとまずは本屋でびっくり。なにしろ全部で106ページしかありません。ぺらぺらなのです。
つまり短編なのでして、1部の夕凪の街は35ページで終わってしまいます。桜の国は2部構成になっていて、話はつらなっていきます。

ぼくは風化させないぞ、とか結構言ってるつもりです。戦争について。でも、それを経験してきた人たちの中では風化なんて絶対にしません。彼らの中で戦争はずっとつづいているのです。つまり、痛みはずっとつづいているというか。そして、ぼくら子供達にもずっとつづいている。それを知ったら、ずいぶんといろんなことをきちんと考えられるはずでしょう。

一時間で読めます。そして大げさに言うと一生の読後感を得られる…いや、忘れたら、また時々読めばいい。一時間だから。何世紀になったって、戦後は終わらない。そういうことを思いました。

4ae007a5.jpg午前中、遅い朝飯を食べながらニュースを見ていました。
雨だし、取材行きたくないな。だって、ぼく頭チリチリになっちゃうから、きゃー。みたいな、いくばくかのメランコリーの中、釜飯をもそもそ食べながら、テレビを見ていたわけです。すると、
ちょいと小粋な話題。
福岡の運転試験場で講習ビデオを流したところ、冒頭の数秒、アダルトビデオの画像が流れたというんですよ。まいっちんぐ。館内はどよめいた、なんて報道も臨場感。そりゃどよめきます。
真相は、担当者が、私物のビデオにダビングしてしまったため。頭っから被せて録画できていなかったらしい。結構なお年の方だったようだけれど、すがすがしいくらい迂闊。
そういえば、昔はあきちゃったビデオの処分ってみんなどうしてたかしら?友達にあげる?推理小説借りると、なんか毒がくっついてそうな気がするってあるますよね?それと同じで嫌よね。
普通に捨てるにしても、万が一俺のごみをカラスが漁って、ビニール袋の外に出てしまって、それを近所のシリアルママみたいなババアが拾って、やだ、あの家のひと…とか噂になったらいやだわ、みたいに心配。それで、捨てるときにわざわざ関係ないテレビの画像被せてから捨てたりしたなあ、みたいなノスタルジーにひたってしまいました。青春はノイローゼでしたなあ。ビバ、みうらじゅん先生!とまあ、今日は楽しい気分で一日が始まり、原稿も思いのほか進むのでした。

※写真は朝飯。夏気分な茶碗たちなのであります。

本年最高、ていうか、今年はまだ10ヶ月もありますけど、まあ、いまんところ最高の問題作に出会ってしまいました。
『熟女炎上』という歌を聴いたことがありますか?
明け方、天気予報と一緒にいろんなプロモを流している番組ってありますよね。あの手の番組は、基本的に無法地帯で。朝という時間帯、しかも天気予報ということをまったく無視した、ゴスな歌とか平気で流しているんですけど、これはきわめつけ。
「群馬県 雪 最高8度」
なんていうテロップと一緒に現れた
『熟女炎上』の文字。思わず音読。
「ジュクジョエンジョー」
ライム?ヒップホップ?でもやっぱり中年女性の情念の歌かしら?と思ったところ、思ったとおり。いきなり黒い着物姿の女性が現れて、ネチネチと唄いあげる。まんま激ストレートにメラメラ燃えたぎる色恋の歌なのです。
さびはこんな感じでして…
「ジュクジョエンジョー、たとえ誹られ、冷笑われても わたしもやしつくします」

「女」と書いて「ひと」と読むのが演歌の世界。もちろん「冷笑われても」っていうところは「わらわれても」と唄います。そして秀逸なのは
「もえつきます」じゃなくて「もやしつくします」。「もえつきます」じゃ勝手に燃え尽きて灰になりそう。ところが「もやしつくします」となった途端、一人じゃ灰にならねえぜ、お前も一緒に真っ黒け、という恐怖のマニフェストになるのです。大人の女はこえーということを存分に教えてくれるのです。最高!あ、もちろん、「女」じゃなくて「おんな」。
内田明里という方が唄っているのだけれど、着物は黒一色、そして半襟は赤。で、襦袢とか着てないっていうか、やたら薄っぺたい着物姿。子供のころ、路傍に捨てられていたエロ本をこっそり見てしまったときのような、なんていうか、泥の河っていうか、とにかくいけない感じがします。
しかしなあ、エロかっこいい路線は、演歌にも浸透してきたのでしょうかねえ?あ、エロかっこいいなんて言ってる人には、誹られなんて読めないか。やっぱり演歌は大人の世界なのです。

d5b8e18f.jpg今日は一日家にいる。
晩ご飯を作ろう。

ピリ辛マグロ

材料
マグロぶつきり1パック200グラムくらい
ラー油
XO醤 
豆板醤
タマネギ 半分
ネギ2分の1本
(材料は2人前)


ラー油大さじ1XO醤油大さじ2
豆板醤大さじ2
をボウルにまぜて、マグロとからめて5分おく。

タマネギいちょう切り、ネギは短冊に切って、熱したフライパンにサラダ油を入れて、ネギ類を先に炒める。

しんなりしたら、1のマグロをたれごといれる。マグロの表面が白くなってきたら、お酒を適量。アルコールをとばしてしばらく炒めつづけたらデキアガリ。

ビールに最高。これを熱々のご飯にのせるとまたおいしい。

金曜日の夜。我が家で4人で食事の約束。急いで東京から横浜の自宅へ。急ごう。乗るのは新幹線。
週末をひかえた新幹線は、お土産を持ったお父さんらしき人が多い。単身赴任か、出張の帰りか。一駅しか乗らないが、「帰郷」の雰囲気が味わえてよろしい。
さて、この日は中華ナイトを標榜していたので、こんな具合になりました。全部4人前(まあまあ小食な大人4人)。


ヤンタオフー

厚揚げと豚肉の煮込み
厚揚げ 2
豚(あんまり脂身のないもの)200
タマネギ 1
干し椎茸
オイスターソース
香酢
醤油

ガラスープ

いちょう切りのタマネギをごま油でざっと炒める。
厚揚げは8等分。豚肉も一緒に入れてガラスープで煮る。煮立ちはじめたらオイスターソースをドボドボ。香酢ドボ。醤油は少々。また煮立ったたらお酒。弱火で煮てできあがり。ほししいたけ入れるの忘れた。食べてくれたみんな、すみません!ほんとうは、はじめに戻し汁とガラスープで煮始める。そのほうがおいしいのよ。


スーラーXO牛肉
牛肉 しゃぶしゃぶぐらい薄切り 400
キュウリ1本
ラー油
醤油
XO醤
豆板醤

牛肉をお湯でさっと湯通し。レアぐらいでよろしい。お湯はすてない。
ボールには醤油少々(涙ひとつぶぅ)XO醤ドバドバ(大さじ2くらい?)ラー油ダラダラ(大さじ3くらい?)豆板醤(小さじ1くらい?)しっかりまぜる。
湯通ししてザルで水切りした牛肉をボウルのタレにからめる。しっかりからめる。
キュウリはピーラーでたて方向に薄切り。一緒に食べるとナイス。


マグロとエリンギのスイートサワー
マグロぶつきり刺身用200
エリンギ大 1
香酢
バルサミコ酢
みりん

フライパンでエリンギを炒める。火が通ったら。マグロも入れて火をとめて余熱でレアに炒める。もう一度強火でバルサミコ酢、香酢、みりんを一気に入れてだっと火が通ったらおしまい。酢豚のマグロ版


胡麻入り中華水炊き
 材料
鶏水炊き用400
白菜4分の1(ネギ2本)
ガラスープあるいは2のゆで汁
すりごまたっぷり
コショウ

タレ↓
テンメンジャン
サンバル(あるいは豆板醤)
みりん

ガラスープか2のゆで汁に鶏を入れてその上に白菜でフタをするようにいれて煮る。白菜がしんなりしてきたら、スリ胡麻をたっぷり。さらに粒コショウをばらばらと。

テンメンジャン、サンバル(豆板醤にしたときは塩がきいているので気をつける)をぐりぐりと混ぜて、みりんで溶く感じでタレを作る。甘辛ダレをつけて食べる鍋。胡麻を入れるのは京都のお住まいのライターの方の鍋にインスパイア(笑)されました。ありがとうございます。

2a55a3bc.jpg「叫び」。ムンクのほかの絵なんて知らなくても、この絵を知らない人はいないだろう。
だいたいムンクって何人?いつごろの人?女?男?
そんなもんである。
ぼくもそんなもんである。
だが、この絵がオスロの美術館から盗まれたニュースも、それを取り戻したというニュースも記憶にあった。
この本は、そのムンクの「叫び」の盗難から奪還、それをめぐるスコットランドヤードの特命刑事の囮捜査の顛末を描いたもの。
事件そのものの描写はもちろん、ひいては美術をめぐる裏のビジネス、スコットランドヤードの組織(つぶされそうな特命係なんて小説だけに登場するものじゃないのだ!)まで描かれ、読み続けるばかり。
面白い。
登場する人物がまた魅力的で。主人公のスコットランドヤードの刑事。
写真も出ているんだが、とてもとても、そんな仕事をしているようには思えないほど牧歌的な相貌。
こういう人がきれるんである。
原文の言い回しが透けてるような翻訳がときおり鼻につくけれど、まあいい。とにかく、つまらないミステリーを読んでる時間なんかない。これを読む。
ただし、美術館の警備員は夜勤の眠気覚ましには読まないように。夢中になって、目玉の展示物の1つや2つ盗まれても気付かないといけないから(いまいちな翻訳風に結んでみた)。

↑このページのトップヘ