加藤ジャンプの徒然ジャンプ

文筆家・加藤ジャンプの日記 〜コの字酒場探検家、ポテトサラダ探求家、09年からお客さん参加型『即興小説』やっています。 kato_jump115*ybb.ne.jp(*を@に変えて送信ください) ノンフィクションライター白石新のお問い合わせもこちらへどうぞ。

ごくごく最近の加藤ジャンプ:
*週刊朝日書評ページ『最後の読書』書きました
*dancyu東京特集で『立ち飲み番付』書きました
*dancyu 酒場特集で『きたやま』さんのことを書きました。
*テレビ東京系『二軒目どうする?』に出演しました〜
*HAILMARY magazineで毎月『終着駅でギムレットを』連載中
*ウェブ漫画「今夜は『コの字』で」を集英社インターナショナルHPで連載中(原作担当)http://www.shueisha-int.co.jp/
*dancyu中華特集で『味坊』さんのことを書きました。
*新潮社「考える人」で折り紙サークルについて書きました。数学の話デス。
*ALBAのノンフィクション、町工場で復活した伝説のクラブ屋について書いてます
*ALBAのノンフィクション、障害者ゴルフについて書いてます
*すみだ水族館「夜のスズムシ〜すみだ虫聴き〜」クリエイティブやりました。
*文化放送”くにまるジャパン”でコの字酒場のことをおしゃべりしました!
*すみだ水族館イベント「ウミガメQ」企画クリエイティブやってます。
*J-WAVE "GOLD RUSH"でコの字酒場のことをお話させていただきました!
*Free & Easy 7月号でもてなし料理を作ってます。パエリアとパスタ。そのレシピと使った調理器具が渋谷の東急ハンズでコーナー展開中です。
*dancyu7月号「記憶に残る名居酒屋」でコの字酒場の三四郎を紹介させていただきました。
*週刊現代5/11・18ゴールデンウィーク合併号『竹中直人さんインタビュー』素敵。この一言につきます。
*アルバ4月11日号『地図に載っていないゴルフ場 〜五島列島・小値賀島、浜崎鼻ゴルフ場の人々〜』
 五島列島にある島に島民自らが作ったゴルフ場があります。それはただのゴルフ場ではありません。自立のシンボルなんです。
*すみだ水族館 「すみだ水族館があなたの夢をかなえます〜ペンギン研究員〜』クリエイティブをやらせていただいてます。
*dancyu『日本一のレシピ』〜最強のポテトサラダを作る〜再掲載 見逃した方、ぜひ。むせかえるポテトサラダ実験の涙のレポートです
*Free & Easy 6月号 男のもてなし三ツ星料理 もてなし料理3品、作ってスタイリングして書きました。

2006年01月

bce53447.jpg日曜に日本民芸館に行ってきた。
駒場東大前からてくてくと東大の産業ナントカの方へ歩いていくと7分くらいのところ。このあたりは立派な家も多いし、なんだか目黒のくせに気温が少し低く感じる。
はたして今日で何度めか、ここへ来るのは。
まず建物がよろしい。幅の広い玄関を入ると、ポーチは大谷石。夏に行くとひんやりして気持ちいい。
正面には大きな階段。黒光りしてまたよろしい。踊り場から左右にわかれ、ポーチ上に大きな吹き抜け構成している。闇雲にガラス張りにして開放感を声高に言う建築家がいるけれど、そういうのとは違う。
床から柱からどれも気持ちのいいものばかり。
肝心の展示は、今回は茶碗なんかが多くて、芋煮のせたい、茶漬けに使いたい、わさび漬け入れたい…なんていう気持ちで見て回る。愉快。
土産に、充実しているここの売店で蕎麦猪口一つ。墨と青の縞。家に帰ってから茶を入れて飲む。
贅沢な一日。

遅まきながら映画「ALWAYS 三丁目の夕日」を見ました。
渋谷の映画館ではあったけれど、おかしな若いのは全然見当たらず。当然と言えば当然。

オープニングですでに落涙。
売れない作家。気が小さいのにプライドが高くて、腕力はからっきしで、女性の前でふにゃふにゃ。そして、その作家の家に居候する少年。彼が自由帳につづった創作を、級友がつづきをせがむ。
感情移入は否応なしに高まり、ぼくは、2時間強のうち1時間は泣いていたでしょうか。
上野駅の群衆シーンで若干違和感を覚えたのですが、そんなことは瑣末。ノスタルジーに対する反感やら、善人を描くために過去を舞台にしたあざとさ、といった見方もあるかと思います。
知るか!
ノスタルジー最高。善人最高。
善人といっても、この映画に出てくる人は、お金なんかどうでもいい、なんて思っていません。上昇志向もあるし、豊かな暮らしをもとめる気持ちも、人並み以上にあります。
ただ、銭ゲバじゃない。
愛情いっぱい。最高。

今回は関係者の方にいただいたチケットで見てしまいました。自腹でもう一回見ます。そのくらいいいです。

82c5150d.jpg 早く寝たので早起き。といっても限度がありますよね。
 老人力がついてきたのか、むやみに早起きです。最近。
 で、原稿書いてたら煮詰まって…
 煮詰まるで思い出した。この前、コレを食べて写真まで撮ってあったのを

 ハヤシライスは発案者のハヤシさんにちなんだ名前というのは、よくクイズなんかに出ますが。
 僕はずっと「林」さんと思っていました。ところが、「早矢仕」さんだったのですね。この早矢仕有的(はやしゆうてき)さんが丸善の創業者で、この人に因んでハヤシライスなんだそうです。しかし、早矢仕さんって絶対100均のハンコには無いよ。
 とまれ、当然のごとく、ハヤシライスは丸善で食べられる。元祖だもの。
 で、丸善好きな僕ですが、これ食べたことがなくて。先日の打ち合わせの際、満を持してオーダー。何故か、店員さんと遭遇するたびにくしゃみが出たり、こぼしたり、席を間違えたりとすれ違いばかりで、果たして無事にありつけるのかと心配していましたが、ちゃんと食べることができました。
 頼んだのはハヤシとカレーの半々のもの。それがこの写真です。阿修羅男爵。
 まずはカレーを食べました。生意気を言うようですが、カレーはさして驚きのあるモノじゃなかったです。ハヤシを食べようと思ったくせに、先にカレーに手をつけるのも何なんですが。
 だから一気にダウンしてました。ハヤシに対する期待。ところが… 
 ぱくり…
 あーれー。オイシイんです。そもそも僕はハヤシライスって、半端に甘くてつまらないものと思っていたんですが、これは不見識でありました。おいしい。
 そして、あにはからんや、カレーとの汽水域部分がまたいい。ちょいと辛みがあって、香りがブレンドされ、これはグッとくる。カレーまんまはさえないが、これはカレーと混じるといいじゃないの。
 また食べようと思います。
 
 だけど、今度はハヤシのみのを注文します。カレーは僕んちのでいいや。
 
 後日、父に聞いてみたら、昔はこんなじゃなかったそうです。元祖なのに、変えちゃったのかよ。

9de2da38.jpg 坂の町、横浜は雪が降るときわめて危険な町になります。
 ぼくの家の周りも、尾道級に入り組んでいて、タクシーには乗車拒否されるくらい。札幌冬季五輪の大倉山シャンツェって、お隣りの大倉山にあるんだとばかり思っていたくらい、このあたりは急坂に恵まれてます。ああトワエモア。雪が降ってなくても、年中、虹と雪のバラードを唄いながらよく家に帰るぼく。
 で、金曜日の夜は飲んで帰り、目が覚めたらこの景色。朝刊を取ろうと思ったら、ズボッ。
 サンダルはぬげ、雪にもろに素足。そしてパジャマの裾はびっちょびちょ。雪国って大変なんだろうなあ。
 こういう日は出ないに限ります。
 いつもおばちゃん扱いされているぼくですが、ここでこそ本領発揮。独り住まいにはおよぞ不似合いな巨大冷蔵庫の中には、これまた一人暮らしとは思えない大量の食料品が常備されています。今日これを使わないでどうするの。
 友人たちに囲まれ、熱いスープとつまみと酒。贅沢でした。

 
 
 

301b1304.jpg 本日、丸の内丸善本店にて打ち合わせ。 
 あそこの一番上の階は文具や雑貨が充実していて、いつもよけいなものを買ってしまいます。
 そして、またしても彼らを購入。 
 チェコからはるばるやってきた人形です。
 左の犬君は、巧い具合に右手があがっている。ヨッ。買ってくかい?みたいな。
 右のてんとう虫は「買わないと運悪くなるよ」とニコニコしながら言ってるような気がします。
 そんな会話が脳内で繰り広げられ、ぼくは迷わずレジへ。
 すでに我が家にはこの手の人形が4人います。後輩2人を加え、ついに6人。早いとこサッカーチームにしたい。
 しかし長生きしたら、こういうものは一体いくつ増えるのでしょうか?かわいいからいいんですけね。
 実は今、原稿が進まず、彼らを眺めながら書いています。夜は更ける。いや明ける。彼ら寝ている間に書いてくれないかしらん…

 目が覚めてしまったからこちらをアップ。寝たときはどうしようもなかった頭痛がひいてきた。よかった。
 
 さて、またしても会ってみたいとかねがね思っていた方にインタビューする機会に恵まれました。
 三国清三さん。
 説明するまでもないが、フレンチのシェフ。今回は雑誌FREE & EASYの巻頭コラムに登場していただいので、ぜひぜひお読みください。(月末発売です。で、今日インタビュー…)
 朗らかで饒舌。明るくて、どこか外国の人と話しているような、そんな印象深い人でした。大切な言葉は雑誌に書いておりますが、ちょっと書ききれないことを…
 インタビュー冒頭で、何気なく、「ホリエモンさんどうなるのかな」とぼそり一言。
 時代の寵児、異端児、革命児。つまりフレンチの壁を破ってきたスーパーシェフ。その人の口からホリエモンさんの話が出てきたのが不思議でした。経済界の革命児であり、ある意味異端児でスーパー経営者であるホリエモンさん。
 2人のスターは似ているのかもしれません。が、ある意味まったく違っています。過去を敬いながら、それを土台に新しいものを作ってきたシェフ。
 一方、新しいビジネスを展開するホリエモンさん。かつて記者会見で、法が未整備ならそこをつく。そうしないと新しい法もできませんから、というような発言をしていました。本来、法って守るべきはその精神。書いてないけどまずいかなあ、ということはしないもののような気がします。
 迫力は両者に共通しますが、さて、どちらのスタイルが素敵なのかしら?
 そんなぼくはライブドアでブログを書いて、三国さんのレストランで食事もしたいと思う。まあ小人物なわけですが。

 週末、昨年作った本がテレビで紹介されたらしい。そうしたらネット書店のランキングで100万代から三桁上位まで上昇。発売当初、まったく黙殺されていたから驚愕。
 テレビおそるべし。
 以前、自分の本が出たときにラジオに出たけれど、そのときはさしたる反応はなかったから、あらためてテレビのすごさ、考えてしまう。
 そうするとビジネスに長けた人が、こぞってメディアを支配したいと思うのは、やっぱり当然の流れなのかしら。そう思っていたらテレビでホリエモンが記者会見している。風説の流布。夜、取材先からの帰りに乗っていた電車で「るふ、って読めないね」と言いあう乗客がいた。実質的な識字率みたいなものって、どんどん低くなっているのかもしれない。それもまたテレビの影響があるのかしら?

 少し混乱してきたので頭を冷やしに外に出よう。せっかく今日は珍しく早起き。ためこんでしまった資源ゴミを出しにてくてくと出かけると、道が濡れている。冬の朝はまだまだ真っ暗で、ひっそりしていい雰囲気。見慣れた横浜の住宅街もパリのアパルトマンでゴミ出し気分。しかし、資源ゴミという言葉は独特。資源なのにゴミ。言い難い物悲しさ。売れずに捨てられる本もまた、資源ゴミなのかしら、なんて思う。

9dbc9074.jpg 今日は夕方から雨がぽつりぽつりと降ってきて。
 雨だし、ビデオを借りた。
 ゆっくり映画を楽しむときは、お酒もいいけどお茶もいい。
 とうぜん好きな茶碗にいれる。これは笠間の大川弘明さんという方のもの。
 表面に椿が彫ってあって、色は渋いグリーン。口当たりといい手触りといい、これがまた買ったときから馴染んでしまって、大好きな茶碗なのである。
 で、この茶碗でお茶を飲みながらみた映画は大概面白い。
 それは今日も同じ。
 モンスターズインクは今更だけど評判に違わぬ面白さ。
 こんなの作ったら、次に作るの大変だろうなと、お茶を飲みながら思う。それはこういう茶碗を作るのだって同じだろうね。ただ、こういうものはつづけて同じものを作るということもしなくてはいけないし、また別な苦労があるんだろうな。それにしても2年ほど前に買ったんだけれど、なんで1組しか買わなかったのか、とお客が大勢来たときはきまって思う。笠間は近いけどしょっちゅう行けるほど近くはないし。それに、今でもこの茶碗を大川さんが作っているかどうかもわからない。
 
 夕方の雨のせいで、またコンビニでビニール傘を買ってしまった。こういものはどんどん増えるのにね。
 とりとめないなあ。
 
 
 

 随分とさぼってしまって…
 2週間近く、ブログ書いてません。
 で、久々にトップページを見たら… 
 本文が何も出てこない!
 なんで?
 誰か教えてください!

1b89a498.jpg 友達に、イサム・ノグチのアカリ、どのタイプ?との問いかけ多く。
 これです。
 赤いのは今しか買えないよう。ほっとする灯りですよ。
 

30f2d4dd.jpg あけましておめでとうございます。
 年末は、新しい友達や古い友達とも会えてよかった。
 明けて新年、今年はなんとかしたい仕事があり、それに集中…できればいいけれど、なかなかはかどりません。まあ、ちょいちょいっといくよりは、頭かきかき、髪の毛ぐしゃぐしゃっていう状況も悪くないんですが。とにかく、これは形にしないと、なのです。がんばります!
 その仕事の資料がほしくてちょっと本屋に行きました。
 ついでにちょっとしたお店があったので、入りました。
 そこでこの茶碗に会ってしまって…。
 昨年も別なお店でこの人の作ったこの器を見たことがありました。そのときは我慢。村田森さんという作家の方は、名前がなんとなく似ていて。年は一つ上の人で、なんだか同級生のような気がしてました。手に取って、しっくりきて。去年も欲しくてたまらなかったのですが我慢しました。
 で、やっぱり欲しかったなあと、かねがね思っていたら、突然、再会したわけです。目玉が飛び出るほどの値段というわけじゃないし、まあ年初からがんばってるしなあ、なんて言い訳しいしい買いました。2度も会うんだから、これは縁ですもの。待たせたねえ。
 もう朝ですが、こいつに番茶をいれて飲んでます。気分、気分。また一行はかどりそうです。
 
 昨年と概ね似たような調子ですね。
 とまれ、お世話になったみなさま、今年もよろしくお願いいたします。

↑このページのトップヘ