加藤ジャンプの徒然ジャンプ

文筆家・加藤ジャンプの日記 〜コの字酒場探検家、ポテトサラダ探求家、09年からお客さん参加型『即興小説』やっています。 kato_jump115*ybb.ne.jp(*を@に変えて送信ください) ノンフィクションライター白石新のお問い合わせもこちらへどうぞ。

ごくごく最近の加藤ジャンプ:
*週刊朝日書評ページ『最後の読書』書きました
*dancyu東京特集で『立ち飲み番付』書きました
*dancyu 酒場特集で『きたやま』さんのことを書きました。
*テレビ東京系『二軒目どうする?』に出演しました〜
*HAILMARY magazineで毎月『終着駅でギムレットを』連載中
*ウェブ漫画「今夜は『コの字』で」を集英社インターナショナルHPで連載中(原作担当)http://www.shueisha-int.co.jp/
*dancyu中華特集で『味坊』さんのことを書きました。
*新潮社「考える人」で折り紙サークルについて書きました。数学の話デス。
*ALBAのノンフィクション、町工場で復活した伝説のクラブ屋について書いてます
*ALBAのノンフィクション、障害者ゴルフについて書いてます
*すみだ水族館「夜のスズムシ〜すみだ虫聴き〜」クリエイティブやりました。
*文化放送”くにまるジャパン”でコの字酒場のことをおしゃべりしました!
*すみだ水族館イベント「ウミガメQ」企画クリエイティブやってます。
*J-WAVE "GOLD RUSH"でコの字酒場のことをお話させていただきました!
*Free & Easy 7月号でもてなし料理を作ってます。パエリアとパスタ。そのレシピと使った調理器具が渋谷の東急ハンズでコーナー展開中です。
*dancyu7月号「記憶に残る名居酒屋」でコの字酒場の三四郎を紹介させていただきました。
*週刊現代5/11・18ゴールデンウィーク合併号『竹中直人さんインタビュー』素敵。この一言につきます。
*アルバ4月11日号『地図に載っていないゴルフ場 〜五島列島・小値賀島、浜崎鼻ゴルフ場の人々〜』
 五島列島にある島に島民自らが作ったゴルフ場があります。それはただのゴルフ場ではありません。自立のシンボルなんです。
*すみだ水族館 「すみだ水族館があなたの夢をかなえます〜ペンギン研究員〜』クリエイティブをやらせていただいてます。
*dancyu『日本一のレシピ』〜最強のポテトサラダを作る〜再掲載 見逃した方、ぜひ。むせかえるポテトサラダ実験の涙のレポートです
*Free & Easy 6月号 男のもてなし三ツ星料理 もてなし料理3品、作ってスタイリングして書きました。

2005年12月

 明かりというのは大事で。
 クリスマスプレゼントに、イサム・ノグチのakariをもらった。スタンドと丸いペンダント。
 早速つけかえてみる。
 気持ちいい。和紙のシェードに白熱灯は、提灯を思わせる。
 ぼくの家は築年数が30年を越え、随分と底冷えがする。その部屋が随分あったかくなった気がする。
 太陽に代わるものをずっと探しつづけてきたのが蛍光灯の歴史なら、これは、いい陰をつくる逆算の光を探した結果かもしれません。冬休みは谷崎潤一郎でも読んでみましょうか。もちろんakariの光で。

 17日の夜、代官山unitでspecial othersのワンマンライブ。
 ワンマンは初ってことで、こりゃあいかなきゃね。
 数ヶ月前にインタビューをさせてもらったのだが、とんでもないことが起きておりました。
 あのね、やっぱり、のっている人たちってのは、その何かあるな、と思うんですけど、そういうものがね、昨日はステージに登場した瞬間から、ドゴーンときました。
 
 生意気言うようですが、あきらかに、日本は底上げがされていると思うのです。こういう歌ものじゃないバンドがイキイキと演奏できる環境、それにオーディエンスのリアクション。

 すばらしかった。言葉はいらんなあ。とにかく、今彼らの音楽を聴いたほうがいいです。

 アンコールも、2曲。DJの方の引っ張り方もナイスで、ほんとうに一体感があってよかった。
 こういう人たちの音楽はずっと聴いていきたいね。しかも地元だし。横浜いいなあ。
 
 ただ一点気になった。一人、観客でリュックしょった男が、セカンドセットになるときに人を押しのけていった。素面で外見はどっちかっていうとおとなしいんだけどね。頼むから、ちゃんとしよう。いい音楽聴くんだったら、気分よく聴こうぜ。頼むよ。

 現在ちょっと興奮気味。
 NHKの「みんなのうた」を見た。
 グラスホッパー物語、という歌をやるという。歌い手のところに「高見のっぽ」とある。
 高見にのっぽ、きたら、そりゃあ、あのノッポさんでしょう。
 固唾をのんで画面(14インチテレビデオ)を凝視。
 はじまった。セピアがかった色調の人形アニメ。バッタの紳士が切り株の上で踊りだす。バッタの紳士というと、「みつばちマーヤ」のフィリップ(声は波平の永井一郎、余談)を思い出す。と人形のバッタはおもむろに人間に変わった。
 やっぱりノッポさん!
 久しぶりだなあ。長い手足でダンスをする。歌の調子はなんていうかシャンソン入った浅草オペラというか、どこかで聴いた感じのマイナー調。哀愁。
 難点は、やっぱりノッポさんだけに唄わないで子供が唄うこと。だが、これは日本語のせいなのかしら、子供のコーラスは圧倒的にインドーヨーロピアン系の言語のほうが美しい気がします。だから、なんとなくいやだなあ、と思っていたら。ノッポさん、やっぱり最終回で喋ってから徹子の部屋でもペラペラ喋ってたし…唄いだしのだ。
 うまい!
 ほんとにいいの。
 歌詞は、バッタの紳士が、若いころはやんちゃして外の世界へ旅したよ、今はこのバッタ家代々の地から出ないけれど、君たち孫たちは大いに冒険するがいい。この世界は君らのものさ、みたいな。
 歌詞もくすぐるし、少しビブラートのかかる、灰田勝彦っぽいかしら、ノッポさんの唄い方。あまく切なく、ちょっと酔いどれ感があって。途中、語りが多く、ようするにミュージカルなのね。ものすごい短いんだけど。みんなのうた、って見た後でみんなのうたで唄うもののような気がするから、はっきりいって長台詞多用のこの一曲はルール無視なんだけど、それも構わないって思わせます。
 
 ぼくらがおじいさんになったとき、こんなふうに思われたらいいよなあ、なんて思ったけれど。日々の自分の仕事、みんなの印象に残せるかしら。できるかな?できるよね。

 
※ちなみに、今月のみんなのうたの「クロ」という歌。アニメはおーなり由子さん。これが泣ける。号泣。遊佐未森っていう人はこういう歌を唄うんだね。

e472413f.jpg アスパラとツナのスープ

 朝起きたら寒い。あったかい汁がのみたい。冷蔵庫をあける。タマネギのみ。缶詰を探す。アスパラとツナ缶はある。
 ローエミッションでいきたいから、缶詰の汁まで使いたい。ほほほ、いいこと思いついた。
 食ったらしかもうまかった。自画自賛。
 所要時間すべての行程で10分。
 
 材料(4人前・)

 アスラパラ缶 1(4号缶;トマトの缶詰とかあるでしょ、あれと同じ)
 ツナ缶 2
 タマネギ 大きめ1個
 水 3カップくらい
 鶏ガラスープの素 適量
 塩 適量
 あらびきコショー 適量
 
 
 1 タマネギを切る。
 2 熱した鍋にツナ缶を油ごとあけて、炒める。
 3 1のタマネギを入れてさらに炒める
 4 たまねぎが半分くらいしんなりしたら、アスパラ缶の汁を鍋に注ぐ。
 5 水かお湯を鍋に足し入れる(これで鍋一杯くらいになるように)
 5 鶏ガラスープを適量いれる
 6 アスパラを長いようなら切って鍋に
 7 一煮立ちしたら味を見て、あとは塩・コショーを入れてととのえる。
 
※写真失敗。携帯フォトはこんなもんかしら

↑このページのトップヘ