加藤ジャンプの徒然ジャンプ

文筆家・加藤ジャンプの日記 〜コの字酒場探検家、ポテトサラダ探求家、09年からお客さん参加型『即興小説』やっています。 kato_jump115*ybb.ne.jp(*を@に変えて送信ください) ノンフィクションライター白石新のお問い合わせもこちらへどうぞ。

ごくごく最近の加藤ジャンプ:
*週刊朝日書評ページ『最後の読書』書きました
*dancyu東京特集で『立ち飲み番付』書きました
*dancyu 酒場特集で『きたやま』さんのことを書きました。
*テレビ東京系『二軒目どうする?』に出演しました〜
*HAILMARY magazineで毎月『終着駅でギムレットを』連載中
*ウェブ漫画「今夜は『コの字』で」を集英社インターナショナルHPで連載中(原作担当)http://www.shueisha-int.co.jp/
*dancyu中華特集で『味坊』さんのことを書きました。
*新潮社「考える人」で折り紙サークルについて書きました。数学の話デス。
*ALBAのノンフィクション、町工場で復活した伝説のクラブ屋について書いてます
*ALBAのノンフィクション、障害者ゴルフについて書いてます
*すみだ水族館「夜のスズムシ〜すみだ虫聴き〜」クリエイティブやりました。
*文化放送”くにまるジャパン”でコの字酒場のことをおしゃべりしました!
*すみだ水族館イベント「ウミガメQ」企画クリエイティブやってます。
*J-WAVE "GOLD RUSH"でコの字酒場のことをお話させていただきました!
*Free & Easy 7月号でもてなし料理を作ってます。パエリアとパスタ。そのレシピと使った調理器具が渋谷の東急ハンズでコーナー展開中です。
*dancyu7月号「記憶に残る名居酒屋」でコの字酒場の三四郎を紹介させていただきました。
*週刊現代5/11・18ゴールデンウィーク合併号『竹中直人さんインタビュー』素敵。この一言につきます。
*アルバ4月11日号『地図に載っていないゴルフ場 〜五島列島・小値賀島、浜崎鼻ゴルフ場の人々〜』
 五島列島にある島に島民自らが作ったゴルフ場があります。それはただのゴルフ場ではありません。自立のシンボルなんです。
*すみだ水族館 「すみだ水族館があなたの夢をかなえます〜ペンギン研究員〜』クリエイティブをやらせていただいてます。
*dancyu『日本一のレシピ』〜最強のポテトサラダを作る〜再掲載 見逃した方、ぜひ。むせかえるポテトサラダ実験の涙のレポートです
*Free & Easy 6月号 男のもてなし三ツ星料理 もてなし料理3品、作ってスタイリングして書きました。

2005年11月

447e3922.jpg 法竹という超シンプルな尺八?とにかく、ただ竹に穴を開けただけの笛をひたすら吹きまくるCD。ずいぶん前に、伯父が「武満徹みたいだぞ」と言っていたのはコレかしら、と思い、タワレコで発見してすぐに買ってしまった。
 いきなり、ヒョー、ヒョー。そしてはてしなくヒョーヒョー。なんだかトリップしてきた。でもそれって、恐らくこの音楽のまっとうな聴きかただろう。
 この前聴いたトランペットがいかにつまらないか、愕然としてしまった。
 スリリングな即興なんて、まあ、よく使う言い回しだけれど、とにかく、ヒョーヒョーからいきなり、ムヒョヒョロオオなんて具合に調子が変わるたびに、ぼくはビクビクしてしまった。緊張感のある演奏っていうのもいかにも陳腐だけれど、ほんとに真夜中、1人で聴く虚無僧ミュージックは、耳はもちろん、口も目も毛穴も何かの穴も、みんな開きっぱなしにさせる。人口に膾炙するようなところは全然ないんだろうけれど、これはどんな人にも印象を残すもんではあると、ぼくは思いますのよ。
 とにかく法竹1本で当然伴奏はなしだから、無音の瞬間はいくらでもあるんだけど、そこに音がするような気がしちゃうというか、誰かいるような気がするというか。
 大好きだった大江戸捜査網には虚無僧は年中出てたけれど、こんなにかっこいい音楽は演奏してなかったなあ。でも、大江戸捜査網は絶対、あのテーマ、金管バリバリが最高なんだけどね。おっと余談。海童道宗祖(演奏者)への道はものすごく遥かなり

3c2c15c4.jpg 朝になっちゃった。
 コーヒーを飲もうと思ったら、きらしちゃった。
 まいったなあ。こりゃあ、もう寝ろということかねえ。

そういえば、この前デパートに行ったら、会員限定割引というのをやっている。
 しめしめ、と、前からほしかったカップ&ソーサーを買う。ロイヤルコペンハーゲンの白いの。5組しか在庫がなくて、配送手配。早く来ないかな。
 それまでに、おいしいコーヒーを買っておくか。
少しふんぱつしとこうかな。

(左はじがコーヒーの容れ物。お茶の類いはこういう瓶にいれておきます)

先週の金曜日、fishmans presents "the long season revue" というライブに行く。
フロントマンが亡くなってしまったバンドのライブというと、最近はクイーンがやっていたけれど、なんだか同窓会っぽいのは入り込みずらいかなあ、なんて少し思いながら行った。ちなみにチケットは全然買えなくて、ヤフオクやら何やら使ってようやく入手。歌舞伎なみの値段になっちまったが、まあしゃあないさ。
時間ぎりぎりで到着。満杯。
若い子がいっぱいいる。
なんだかんだいって、僕は彼らを愛聴するようになって日が浅い。大きな顔はできないが、妙な感じの若いのがいたら嫌だななんてことも思ってた。
 心配は杞憂だったのかしら。類は友を呼ぶというか、やっぱりおっさんの周りはおっさんが集まりやすい。いつの間にか、ぼくの周りには、ぼくと同じように1人で来ているおっさんが多くなっていた。

一曲目。go go around this world。
 ホイッスル一声、で引き込まれるこの曲。今回はそのホイッスルがなかった。少し象徴的。考え過ぎな。
でも、来てよかった。ほんとにね。
左となりの30代半ば風の人も、そのむこうの白髪の人も、右となりのでっかい人30代も、のってたなあ。ぼくもへっぽこ踊り、そして歌っていい気分さ。若い人たちも気持ちよさそう。ああ、音楽ってこういうもんだよな。
途中で、ちんぴらみたいな顔した男とそれにくっついた女の子の2人組がゴリゴリ移動して腹が立ったけれど、俺はこの日は怒らないことにした。そのくらいいい気分だったよ。
 

またやってくれないかなあ。今度は欣ちゃんがずっと唄うのはだめかな。
 さておき、俺も、歩き出そうよ、っと。

 仕事で夕陽評論家の油井昌由樹氏にあった。
 中学生のときに買った「男の文房具」とかいう本に出ていたのが初めての出会い。ぼくはこの本に出ていた人達にすごく憧れていて、幸運なことにもうすでに何人かにお会いすることが叶っている。本自体はずっと大事にしていたけれど、東南アジアの国でなくしてしまった。もったいない。
 そして油井さんである。 
 インタビューの場所は、彼のお店であるsportstrain。ぼくは前から行きたくてしかたなかったけれど、ようやく、満を持してというには、随分長い準備期間を置いて(かれこれ20年だ!)行くことになった。
 お店の奥へとおずおずと入ると、油井さんがいる。長髪、たばこをうまそうにくゆらしている。黄色っぽいツイードのジャケツを白いタートルネックにはおっている。
 渋い!
 縁なしのメガネをかけた油井さんが、「ヨッ」という感じで片手をあげてくれた。編集者に紹介されてインタビュー。男とジャケットスタイルというテーマ。その内容はこの先は来月発売のfree&easyを読んでいただけたら、と。宣伝じゃないけれど。
 とまれ、油井さんは、やっぱり「さすが」と思わせる先輩(ぼくは年上の尊敬する血縁のない人は先輩と呼ぶことにしています)だった。紙数もあるし、書ききれないことがいっぱいある。そのままぼくが着服してしまうのはあまりにもったいない。だから、これだけは書き残そう。
 話しはジャケットからやがて人生へと展開していた。そのときに言っていた言葉だ。
 「人間は動物だから、目の前の仕事は獲物なんだからちゃんと食べておかないと。獲物はいつ次ぎに出会えるかわからないのだから」
 締めきりから逃げたりしないよ、もう。でも、ほんとにかっこよかった、油井さん。

↑このページのトップヘ