加藤ジャンプの徒然ジャンプ

文筆家・加藤ジャンプの日記 〜コの字酒場探検家、ポテトサラダ探求家、09年からお客さん参加型『即興小説』やっています。 kato_jump115*ybb.ne.jp(*を@に変えて送信ください) ノンフィクションライター白石新のお問い合わせもこちらへどうぞ。

ごくごく最近の加藤ジャンプ:
*週刊朝日書評ページ『最後の読書』書きました
*dancyu東京特集で『立ち飲み番付』書きました
*dancyu 酒場特集で『きたやま』さんのことを書きました。
*テレビ東京系『二軒目どうする?』に出演しました〜
*HAILMARY magazineで毎月『終着駅でギムレットを』連載中
*ウェブ漫画「今夜は『コの字』で」を集英社インターナショナルHPで連載中(原作担当)http://www.shueisha-int.co.jp/
*dancyu中華特集で『味坊』さんのことを書きました。
*新潮社「考える人」で折り紙サークルについて書きました。数学の話デス。
*ALBAのノンフィクション、町工場で復活した伝説のクラブ屋について書いてます
*ALBAのノンフィクション、障害者ゴルフについて書いてます
*すみだ水族館「夜のスズムシ〜すみだ虫聴き〜」クリエイティブやりました。
*文化放送”くにまるジャパン”でコの字酒場のことをおしゃべりしました!
*すみだ水族館イベント「ウミガメQ」企画クリエイティブやってます。
*J-WAVE "GOLD RUSH"でコの字酒場のことをお話させていただきました!
*Free & Easy 7月号でもてなし料理を作ってます。パエリアとパスタ。そのレシピと使った調理器具が渋谷の東急ハンズでコーナー展開中です。
*dancyu7月号「記憶に残る名居酒屋」でコの字酒場の三四郎を紹介させていただきました。
*週刊現代5/11・18ゴールデンウィーク合併号『竹中直人さんインタビュー』素敵。この一言につきます。
*アルバ4月11日号『地図に載っていないゴルフ場 〜五島列島・小値賀島、浜崎鼻ゴルフ場の人々〜』
 五島列島にある島に島民自らが作ったゴルフ場があります。それはただのゴルフ場ではありません。自立のシンボルなんです。
*すみだ水族館 「すみだ水族館があなたの夢をかなえます〜ペンギン研究員〜』クリエイティブをやらせていただいてます。
*dancyu『日本一のレシピ』〜最強のポテトサラダを作る〜再掲載 見逃した方、ぜひ。むせかえるポテトサラダ実験の涙のレポートです
*Free & Easy 6月号 男のもてなし三ツ星料理 もてなし料理3品、作ってスタイリングして書きました。

2005年10月

 ポーランド大使館で開かれたトマス・スタンコ(トランペット)のライブに行ってきた。
 プロモーションのためのライブということで、来ている人は関係者がほとんどのようだ。
 会場は背広、背広、背広。
 まずは長めのMCをプロモーター氏が一席。氏が袖へ引き込むと、主役のスタンコとピアノのスキンヘッド2名、坊主頭のパーカッション1名にベースがスポーツ刈り(?)、という短髪カルテットがぺこりと一礼。おもむろに演奏を始める。
 
 ジャズだ。すごく。
 でも、なんだか違和感。
 彼らの髪型のせいではない。

 ほぼ最後列(といっても20列目くらい)だったから会場が見渡せる。全員着席。頭が揺れるような様子もないのだ。やっぱり私財を投じてチケットを買って来た観客が集まるライブとは違うのかもしれないね。
 
 でもそれだけじゃないな。この違和感は。

 音楽が大変ジャズなのだ。つまりジャズだねえ、っていう感じの。
 つまり、僕には、すごく印象深いと言うことはなく、心地よく流れていく感じ。見回すと、ライブも中盤にさしかかったころには船をこぐシルエットがそこかしこに見られた。オーディエンスが乗らないからか、演奏に引き込まれないからか、あージャズ、という時間が過ぎていった。
 
 ライブが終わって、自身もミュージシャンで、同業のかっこいい先輩がかつて
「ジャズはいつのまにかただのBGMになっちまった」と嘆いていたのを思い出す。

 ただ、ぼくはBGMがあると集中できないのだが、今日は、BGMが集中力を高めてくれたのか、今書いているものの構想がとてもはっきり練られてしまった。
 音楽に何かを求めたり、音楽が何かを変えるなんてぼくは思わない。
 けれど、効用ってのはあるのかな、なんてことを思った。でも、たとえば温泉ってそのときは気持ちいいけど、また、同じお湯につかりに来ることってよほどの温泉好きしかやらないと思う。今日のライブは、ちょっとそうした温泉につかったような気持ち。
 湯あたりは、もちろんしなかったけれど。

また、人に嫌な思いをさせてしまった。
合理性とか、そんなことの前に重んじないといけない感情があるのはわかっているのに。
何してんだろうなあ。
雨もずっと降り止まない。

仕事で、あるクリエイターにインタビューをしたのです。
想像以上に刺激のある人物で、ぼくはすっかり感化されてしまいました。
先の選挙では民主党のキャンペーンを手伝っていたそうです。前代表の人柄を大変に評価していました。まじめ、信頼できる人である、と語ってくれました。
ゆえに選挙では無理矢理シンプルなことは言わなかった。この複雑な世界、それこそが政治の本質だから、単純化するのは違う、と信念を持って接していたんでしょうね。
それが、改革&郵政民営化、をキーワードで超シンプルに選挙を戦った自民党に敗れてしまった。まじめなほうが損するのかしら。

とまれ
「変えたものを維持する」
というのと
「やみくもに変える」
ということは違いますよね。今、さけばれる「改革」というのは後者のような気がし
ます。
大事な気がするのは、
改革は「点」ではなく「線」だという感覚。
だとすると、憲法なんて、この国の史上最高の改革だったんだから、それを維持
しなくちゃなあ、って。
変えたがる、変えれば善、っていう流れはよくないです。そのどさくさでいろいろ起こるし。

長い雨のせいでしょうか、そんなことを考えます。ま、やまない雨はない。そう思うことにしましょうか。

昨日、横浜サムズアップにて渋さ知らズのライブ。
この箱は毎年、友達がラッパを吹くのでなじみなだし、昔っから映画といえば、関内か、この箱が入ってる相鉄ムービルで見てたから場所的にはとても懐かしい感じがします。でも南極物語やETを見たムービルじゃあないんだよなあ、なんて昨日は思ったな。どうでもいいけど。

さて、8時過ぎ、始まった。告白しますと、初めてなのです。どきどき。


ぶっつづけ2時間。ぼくは、酒も飲まずにくねくね踊りまくってしまった。椅子なんていらねーぜ。
かっこよかった。酔いどれ感がたまらんです。 歌ものも、プログレみたいなギターの曲も、大合唱のユニゾンも、まいった、まいった。
(ただ、メンバーの幾人かの方の健康状態が気になります)


さっき目覚め、まだ興奮さめやらぬ。
しかも、朝になってもまだ耳がワーンとしている。
わーん。お仕事困ったな。インタビュー聞こえるかしら?
でも、ま、いいか。わーん。

今日はポーグスでも聴こうっと。月曜なんて関係ねーぜ!ぜ!

家に置いてある鉢植えの勢いがない。
触れると、ぱらりと葉が落ちるようになってきた。


写真家の星野道夫が書いた「旅をする木」。アラスカを拠点に写真を取り続け、カムチャッカで不慮の事故により亡くなったカメラマンのエッセー集だ。
これをさっき読み終えたところ。
池沢夏樹が寄せた文庫の解説(これが、いい。ぼくがいつか死んだら、こういうことをぼくの本に書いてもらえたらと思うよ)が言うように、カメラマンが過ごしたすばらしい時間。ただそれだけを書いた本である。
表題作は、トウヒという木の種が、周り回って育っていくエピソードだけれど、こういうものを読んでいると、ロハスなんて言葉が、なんだかただ金儲けの道具に思えてきてしまう。
照れ隠しというか、飲み屋なんかで、脈絡にもよるけれど、「ぼくは俗物」なんてよく言ってきた。
でも、この本を読んだら、生き物はとりあえずすべからく俗物で、だからこそ誇りを胸にできるように、がんばったりするのかなあ、なんて思ったりして。
禅寺で一週間体験修行みたいなことをやって家に帰り、それまで掃除機も触ったことのない人が朝から雑巾がけしてしまう、みたいな心境。いや、禅寺の修行みたいな辛さはみじんもないんだけどね、この本は。


例の鉢植えを実家の庭に植え直そうと考えている。
風呂にも入らないで野営なんて、ぼくはあんまり好きじゃないけど、かっこいいなと思う人がいて、「その人だったらこうするかな」なんて思ってやる。つまりは真似だけど、いいものを真似るのはわりといいことだと思うのよ。

ごきげんよう、に高木美保が出ている。

竜の子キャラっぽい顔。

↑このページのトップヘ