加藤ジャンプの徒然ジャンプ

文筆家・加藤ジャンプの日記 〜コの字酒場探検家、ポテトサラダ探求家、09年からお客さん参加型『即興小説』やっています。 kato_jump115*ybb.ne.jp(*を@に変えて送信ください) ノンフィクションライター白石新のお問い合わせもこちらへどうぞ。

ごくごく最近の加藤ジャンプ:
*週刊朝日書評ページ『最後の読書』書きました
*dancyu東京特集で『立ち飲み番付』書きました
*dancyu 酒場特集で『きたやま』さんのことを書きました。
*テレビ東京系『二軒目どうする?』に出演しました〜
*HAILMARY magazineで毎月『終着駅でギムレットを』連載中
*ウェブ漫画「今夜は『コの字』で」を集英社インターナショナルHPで連載中(原作担当)http://www.shueisha-int.co.jp/
*dancyu中華特集で『味坊』さんのことを書きました。
*新潮社「考える人」で折り紙サークルについて書きました。数学の話デス。
*ALBAのノンフィクション、町工場で復活した伝説のクラブ屋について書いてます
*ALBAのノンフィクション、障害者ゴルフについて書いてます
*すみだ水族館「夜のスズムシ〜すみだ虫聴き〜」クリエイティブやりました。
*文化放送”くにまるジャパン”でコの字酒場のことをおしゃべりしました!
*すみだ水族館イベント「ウミガメQ」企画クリエイティブやってます。
*J-WAVE "GOLD RUSH"でコの字酒場のことをお話させていただきました!
*Free & Easy 7月号でもてなし料理を作ってます。パエリアとパスタ。そのレシピと使った調理器具が渋谷の東急ハンズでコーナー展開中です。
*dancyu7月号「記憶に残る名居酒屋」でコの字酒場の三四郎を紹介させていただきました。
*週刊現代5/11・18ゴールデンウィーク合併号『竹中直人さんインタビュー』素敵。この一言につきます。
*アルバ4月11日号『地図に載っていないゴルフ場 〜五島列島・小値賀島、浜崎鼻ゴルフ場の人々〜』
 五島列島にある島に島民自らが作ったゴルフ場があります。それはただのゴルフ場ではありません。自立のシンボルなんです。
*すみだ水族館 「すみだ水族館があなたの夢をかなえます〜ペンギン研究員〜』クリエイティブをやらせていただいてます。
*dancyu『日本一のレシピ』〜最強のポテトサラダを作る〜再掲載 見逃した方、ぜひ。むせかえるポテトサラダ実験の涙のレポートです
*Free & Easy 6月号 男のもてなし三ツ星料理 もてなし料理3品、作ってスタイリングして書きました。

2005年07月

 蝶が増えていないか?
 今年、私が暮らす横浜市の家の周りで目にする蝶の数がばかに多い。実際、九州などに生息していた南方系の蝶が関東でも見られるようになっているというし、IPCC(気候変動に関する政府間パネル)によると、今の温暖化のペース(90年に比べて2100年には6度近い気温上昇)でいけば、南方の風土病の代名詞のようなマラリアの流行危険地域に関西が入るという。温暖化だ。
 そんなことを感じていたら、知床半島が世界遺産に登録されるというニュースを聞いた。国内で3つ目の自然遺産。観光には好影響、近くで漁業などに従事する人たちにとっては、(彼らにとっての)害獣駆除などはできなくなるだろう。地域の住民にとっては複雑だ。とまれ、自然保護自体は悪いことではない。ただ、賢くやることは難しい。
 知床のように世界遺産に登録されていなくても、現状維持ではたらず、原状に回復しなければまずいほどに環境は悪化してしまっていることに気づかないと。巨大な蝶がいる住宅街の生態系は明らかに大きく変わっているのだ。
 どこかの星の住人たちが、地球を「世界遺産」に登録していたら、それは文字通り「遺産」としてなのかもしれない。そうはさせない。明日は土曜日。とりあえずはペットボトルをちゃんと分別してゴミ出しだ。
 
 

アスベストのニュースを聞いた。

クボタという会社の工場の近隣住民が、工場で扱っていたアスベストが原因とみられる中皮腫で亡くなっている。クボタは見舞金を払うという。
ぼくらは学校で年中アスベストに触れていた。アルコールランプでビーカーを熱するとき三脚の上にのせていた金網。あれの真ん中の白いのがアスベスト。平気で素手でさわっていた。もちろんマスクなどしていない。誰もが吸い込んでいてもおかしくない。当時は学校の壁の材料としてもアスベストは使われていた。87年、壁の方が問題となって、理科室のあの金網も姿を消した。とはいえ、当時学校に通っていたらすでにアスベストに囲まれていたことに変わりはない。しかも、アスベストは自然には分解されにくいという。発ガン物質であるアスベストの潜伏期間は20年から50年。
知らない間に体内に蓄積し、忘れた頃に発症する。

同じ日に友人のこどもが円周率を3としか覚えていなかったり、やけに簡単になってしまったカリキュラムのために結構苦労したという話を聞いた。
病気、教育、宗教…。同じ次元では語れないけれど、じわじわと僕らを苦しめるものはたくさんある。

ca8a862b.JPG日曜日、横浜のHMVで、あるバンドのインストアライブを聴きました。バンドはspecial others。メンバー全員26歳で同じ高校の同級生です。インストメインでちょこっと歌がからみます。6月にメジャーデビューしたばかり。
今月これからインタビューをするんで、ちょっと聴いておこうと思って行ったのですが…。
正直、取材対象をほめるのってどうかと思いますが、ほめるよ僕は。地元の一緒だしね。つうか、いいんです。横浜の鶴見と港北の出身で、もう言うまでもなく洋楽漬けのTVK育ちでしょう。そんな雰囲気を感じさせる、ジャズやらファンクやらロックやら混ざり合っていて、ちょっと危なっかしいくらいのインプロビゼーションの応酬がたまりません。いちおしはアルバムのタイトルトラックDR. JOHN。曲の終わり近く、hello, helloという連呼にこめられたメッセージは聴き手の解釈次第だろうけれど、切なくたくましく、それでいてファンキー。ただし、CDは大音量で聴きましょう。彼らの真骨頂はライブ。ちんまい音でCDを聴いても実力は実感できません。そして、まだライブは女性客が多いらしい。女性は先見性ありますなあ。男のみなさん。負けてられないですよ。行きましょうフジロック。彼ら出演しますから。

ごちそう

週末はごちそうなのです。
土曜は友人を招きました。いろいろ作りましたのでそのレシピ。まあ、行き当たりばったりの無手勝流なので、覚えてる範囲で。お酒には合うと思いますが、まあ手前味噌です。
さて、今回は6品。暑い日がつづきましたので、元気が出そうなものを考えました。
材料はすべて4人前です。といっても大食い4人前です。それぞれ友達の感想を引用しましたが、若干脚色はしています。
?豆腐のぐちゃぐちゃくん
絹ごし豆腐一丁
オクラ(ネットに入った1袋)
青さ(青のり。生か乾燥を戻したもの)
タレ:醤油、酢、バルサミコ、ごま、タマネギのおろしたもの
これは簡単。豆腐と5ミリ程度に切ったオクラと青さと、醤油、酢、バルサミコ、ごま、タマネギのおろしたものを混ぜて作ったタレを混ぜます。よく冷やして。夏の白和えって感じです。おかまの友達が小指を立ててしまうほど美味しいって言ってくれました。
?まぐろのスーパーさっぱり
まぐろ1サク
キュウリ2本
セロリ1本

タレ:かぼす汁、醤油、酢、オリーブオイル、ケッパー
まぐろはブツ切り、キュウリセロリは1センチ角くらいに切って、上の調味料を1:1:1:1の分量で混ぜます。ほかに粒マスタードを入れてもうまいです。なんちゃってマリネですな。マグロ似の友達が泣きながら食べてました。
?かぼちゃとひき肉のインド的出会い
かぼちゃ2分の1個
豚ひき肉250グラム
固形スープか鶏ガラスープ
醤油
味醂
コショウ
カレー粉

かぼちゃをカレー風味で煮ます。まずはひき肉を鍋でいためます。炒めたら、今度はかぼちゃを適当な大きさにしてひたひた程度のお湯をいれます。かぼちゃは固い方を鍋の底、黄色い実のほうは上向きに。固形スープを入れて少し煮えてきたらあとは上の調味料を適当に入れてください。あくとりはまめに。それさえすれば大丈夫。うまいです。それから、最後にごま油をちょいと入れてもおいしくなりますよ。インドの人が喜んでました。
?レモンがしみる冷しゃぶ
豚肉しゃぶしゃぶ用500グラム
水菜
お酒
レモン
みりん
醤油
コショウ

パプリカ
水菜をよく洗って、4センチくらいの長さに切る。水気を切って皿にしきます。お湯をはった鍋にお酒を少々。煮立ったらしゃぶしゃぶしてください。とりあげて、ザルでよく湯を切ったら、水菜の上に山盛りにしましょう。そこへ、上の調味料をまぜたタレをぶっかけましょう。パプリカは最後にふってもいいです。赤くてかわいいですから。ハンガリー時代の親友も大好物です。
?サワラのマヨソース
サワラ切り身2切れ
タマネギ1個
マヨネーズ
ウスターソース
粒マスタード
バルサミコ
サワラの切り身を3センチくらいの幅できりわけたら、フライパンで炒めます。いたまったらお皿にとりあげます。タマネギをみじん切りにして同じフライパンで炒めましょう。透明になったら上の調味料を、そうですねえ、だいたいマヨネーズを5にウスターソースとバルサミコが1ずつで3がマスタードくらいの割合ですかなあ…で炒めたたまねぎとまぜて炒めてソースを仕上げます。それを皿のさわらにかけて出来上がり。西洋風もいいじゃねえか、と言いながら銚子に住んでる漁師の友達も平らげてくれました。
?キノコきのこ
まいたけ
しめじ
長ネギ
醤油
ごま
味醂
がらスープ
これは簡単にできて、冷めてもおいしいおつまみです。はっきり言ってきのこなら何でもいいです。適当な大きさに切ってごま油で炒めます。しんなりしてきたらガラスープをほんの少しいれて、フタをして蒸します。ネギも一緒に。てきとうなところでお皿にあげて、上の調味料をまぜたものを結構多めにかけましょう。冷やしてもいいです。まあ、おいしい。おかっぱでドラマーの友達の好物です。
以上6品。だまされたと思っておためしくださいませ!

4fd6f3f8.JPG金曜日はハマりものの日です。
さて、写真をごらんください。コレ、チェコの小さい人形です。コレが最後の一個と思って買っているうちに4兄弟になってしまいました…。
木製で四肢はヒモ。色も鮮やかで実に丁寧に作られています。最近はいろんなお店で売っていまして、よかったら一度見てやってください。誰がどう見ても手作りで、同じ種類でも顔が一つ一つ違います。大雑把な人が作ったのは目があちゃこちゃ向いていたり、几帳面な人が作ったのは口元が笑顔なのに緊張感があったり…と勝手な想像をするのも一つの楽しみです。うちのは割といい顔のをそろえているなと自負していますが、まあ、親馬鹿みたいなものですな。さて、こういう話をしていて思い出すのが、ぼくのアイドル河井寛次郎。陶芸家の彼が「有名は無名に勝てない」と語っておられます。しびれる一言です。何についてもそうだろうなと思うのですが、ともずれば、誰が作ったからいいと思ってしまったりとか、誰が言ったから信じてしまったりとか、「誰」の部分ばかりに気を取られること多いですよね。
今日、有名な占い師の女性が出ているテレビ番組を見ていて、そんなことを思いました。

aad1b611.JPG今日はノスタルジアの木曜日。
そこで、古い本をご紹介します。自宅の本棚を整理していたら、「歌えグルッぺ」という歌集(ロマンチックな言葉だなあ)が目につきました。これ学校の音楽の副読本で、小学四年生のときくばられたものです。それまでにも「歌はともだち」という副読本をもらっていたのですが、こちらのほうがコンパクトでありながら曲数も多い。譜面もついていてなかなか使い手のある本です。
頗る良書ではありますが問題が一つありました。グルッぺって…。小学生には意味がわかりません。ドイツ語で仲間だとかそんなニュアンスの言葉だと知ったのは大学生になってからのこと。
さらにこのグルッぺ、外来語に関する不親切さはその内容についても徹底されていました。いわく「ポーレチケ」いわく「レロンレロンシンタ」いわく…。曲名、歌詞問わず、何のてらいもなく、こうしたカタカナが出没します。学校の音楽といえば、春の小川が「さらさら行くよ」なんて余計な世話をやいている暇があるなら、ポーレチケの意味を教えてください文科省などと思うのですが…。しかし、グルッぺという言葉の意味などわからずとも、わあわあ楽しくみんなで歌っていられるのは素敵なこと。とりあえず、歌を歌うくらいの軽い結びつきでいいから、もう少し、というか、誰もがもう一度グルッぺになれればな、と思ったりしながら、ロンドンのテロのニュースを見て思いました。

↑このページのトップヘ