加藤ジャンプの徒然ジャンプ

文筆家・加藤ジャンプの日記 〜コの字酒場探検家、ポテトサラダ探求家、09年からお客さん参加型『即興小説』やっています。 kato_jump115*ybb.ne.jp(*を@に変えて送信ください) ノンフィクションライター白石新のお問い合わせもこちらへどうぞ。

ごくごく最近の加藤ジャンプ:
*週刊朝日書評ページ『最後の読書』書きました
*dancyu東京特集で『立ち飲み番付』書きました
*dancyu 酒場特集で『きたやま』さんのことを書きました。
*テレビ東京系『二軒目どうする?』に出演しました〜
*HAILMARY magazineで毎月『終着駅でギムレットを』連載中
*ウェブ漫画「今夜は『コの字』で」を集英社インターナショナルHPで連載中(原作担当)http://www.shueisha-int.co.jp/
*dancyu中華特集で『味坊』さんのことを書きました。
*新潮社「考える人」で折り紙サークルについて書きました。数学の話デス。
*ALBAのノンフィクション、町工場で復活した伝説のクラブ屋について書いてます
*ALBAのノンフィクション、障害者ゴルフについて書いてます
*すみだ水族館「夜のスズムシ〜すみだ虫聴き〜」クリエイティブやりました。
*文化放送”くにまるジャパン”でコの字酒場のことをおしゃべりしました!
*すみだ水族館イベント「ウミガメQ」企画クリエイティブやってます。
*J-WAVE "GOLD RUSH"でコの字酒場のことをお話させていただきました!
*Free & Easy 7月号でもてなし料理を作ってます。パエリアとパスタ。そのレシピと使った調理器具が渋谷の東急ハンズでコーナー展開中です。
*dancyu7月号「記憶に残る名居酒屋」でコの字酒場の三四郎を紹介させていただきました。
*週刊現代5/11・18ゴールデンウィーク合併号『竹中直人さんインタビュー』素敵。この一言につきます。
*アルバ4月11日号『地図に載っていないゴルフ場 〜五島列島・小値賀島、浜崎鼻ゴルフ場の人々〜』
 五島列島にある島に島民自らが作ったゴルフ場があります。それはただのゴルフ場ではありません。自立のシンボルなんです。
*すみだ水族館 「すみだ水族館があなたの夢をかなえます〜ペンギン研究員〜』クリエイティブをやらせていただいてます。
*dancyu『日本一のレシピ』〜最強のポテトサラダを作る〜再掲載 見逃した方、ぜひ。むせかえるポテトサラダ実験の涙のレポートです
*Free & Easy 6月号 男のもてなし三ツ星料理 もてなし料理3品、作ってスタイリングして書きました。

先日、友だちのOさんと子安で待ち合わせまして、
市民酒場諸星さんに久方ぶりにうかがいました。
六時半にはもはやほぼ満席だったんですが、
粋な二人組が「おう、俺達もう出るからぁ」と
席をあけてくれました。涙。いい酒場にはこういう粋ってもんが生きている。この出来事だけで二合は飲めます。
入っていったら
「ジャンプさん!」
と声をかけてくださる人が。なんと目の前に先日、敬愛する倉嶋紀和子師匠の講座に漫談ゲストで出たときに受講なさってたユーコさんじゃないですか!なにこれ、即効合流。
いいですなあ、酒って。わいわいと飲みつつ、ユーコさんのことをずっと「サチコ」と呼びつづけた、まったく知らない隣のおじさん(歯は少なめ)も一緒に酔った、
文月や五日もけっこう常の夜には似てないぜ、ってな
七夕の二日前の夜でした。

こないだのdancyu酒場号にて、大塚のお店「きたやま」さんのことを書かせていただきました。
このお店はですね……実は……ということは記事に書いてます。
なんていうんでしょうか、
私はここへうかがうたびにですね、ちょっと成長したような気持になるんですよ。それで、つぎはもうちょっと良いおじさんになって来たいなあとか。お酒って、人によっては無闇に気が大きくなっちゃったりして、あんまりそういうところは僕はないんですが、それでも、でれーっとしたり、いろいろ、「やっちゃったなぁ……」なんて思ってしまうことも多々あったりするんですが、
この店については、そういう思いしたことありません。断言。
すいすいと飲んで、すとんと寝る。
天国です。だから長居しないで、さくっと帰る。
なんて書いてるうちに、もう行きたくなってきた。どこでもドアあったら、日参してんだけどなあ。
写真は大橋仁さんが撮ってくださいました。最高です、言うまでもないけど。



先日、週刊朝日の『最後の読書』というコラムを書かせていただきました。書評ページのなかにある、死ぬ前に何を読むか、というテーマの書評/エッセーです。
私はというと、魔法使いに弟子入りする少年の話しです。ドイツの話しですが、はじめて知ったのは、中学の頃、だいたい今から30年ちょっと前、親父の持ってた文藝春秋のなかで、丸谷才一さんがオモシロイと語っていたのを読んで、「これ読むべ」と思って読んだのが最初の出会いでありました。
あ、「クラバート」という本です。
本にまつわることを書くのは、ほんとうに楽しい、
ああ、俺、本が好きだなあ、なんてコレを書いていて
ひじょーに感慨深うございました。
顔写真入りで、
友人が
「故人感がすごい!」
と激賞してくれました。これからもしぶとく生きる所存です。


あの大漢和辞典の大修館書店で「辞書のほん」というフリーマガジンが発行されていたんですが、毎号辞書にまつわる掌編小説が掲載されていました。それをまとめた『小辞譚』というアンソロジーが発売されまして、不肖ジャンプも一編書いております。書き下ろしでございます。僕以外は、ほんとうに錚々たる方々が書いてまして、
私のはうな丼にくっついてきた漬け物みたいな感じで読んでいただけたら幸いです。漬け物案外おいしいよ。
ちょこっと内容にふれますと、まあ、女子が主人公でして、
独り語りであります。
仲良くしていただいている或るデザイナーの方が読後に
「ジャンプ、カミングアウトしたのかと思った」
と言っておられました。違います。これフィクションですから。
私としては人様の目にふれるフィクションはこれが初めてでして、
デビュー作なのであります。初孫?みたいな感じです。
なにとぞご贔屓に〜



発売中のdancyuはバーの特集です。巻頭のバー、ベンフッディックの鹿山さんのことを書きました。バーのことを書くために山や沼や畑にも行きました、 一杯のカクテルの美味しさの理由を知りたくて。写真は、大橋仁さん!カクテルを作るのも人間、飲むのも人間、そしてもちろん、もろもろを楽しめるのは人間 だからこそ…と大橋さんの写真に背中を押されて書いたような気がします。ぜひぜひよろしくお願いします!#ヌマさんありがとうございます#大橋さん車中トーク最高

04)

明日、川崎よみうりカルチャーで古典酒場の倉嶋紀和子師匠の講座にお邪魔いたします。ワタシの担当はたぶん漫談です。こちらから↓
http://www.ync.ne.jp/kawasaki/center.html
体験講座というかっこうで見ることもできるそうです。
倉嶋師匠を生でご覧になりたい方はこちらからぜひぜひ!

発売中のヘイルメリーマガジンHailMary magazine 、終点のバーでギムレットばっかり呑む酔狂な連載です。よろしくお願いいたします。
image


image1

発売中のdancyuはお寿司の特集。週に一度は寿司の夢を見る僕は、金沢で回転寿司メカのルポを書いております。たぶん、回転寿司は、新たなフェーズに入ってます、はい。よろしくお願いいたしますし!
#寿司 #dancyu #金子山

多摩地域の情報・カルチャーを発信する雑誌『たま・らび』の新年発売号で、吉野寿さんら凄まじい酒豪のかたがたのなかで、僭越ながら巻頭とコラムを書かせていただきました。年明けに、多摩と都心部の大型書店に並ぶみたいです。
酒場はいいなあ、多摩はやっぱり根無し草みたいなぼくにとって、ふるさとの一つなんだよなあと思いながら書きました。なんて言ってるうちに、いますぐ国立行って飲みたい気分です。
なにとぞよろしくお願いいたします!

頂きものの狸だんご。おいしゅうございます。小生が食べると若干共食い感がありますが。みたらしにビールって、なかなかよろしいんですが、こやつは、大きさも絶妙で、ああとまらない。image

ものすごく久しぶりにブログ更新いたします、はい。

発売から日が経っちゃいましたが、今出てるdancyu 10月号即ち「肉」号で「愛農高校養豚部物語」書きました。日本中でヨダレをたらして欲しがられてる豚肉の話です。この豚、伊賀の山奥にある日本で一校だ けの全寮制農業高校が育ててまして、もうコレが、ああ……くわしくは、でもって是非是非本誌でよろしくお願いいたします!

ちなみに、FBとインスタはしょっちゅう更新しておりますです〜

00)

大変、ひさかたぶりの更新で恐縮です……
さてさて、
今晩、9時58分から放送のテレビ東京『イチゲンさん』にて、はんつ遠藤さん倉嶋紀和子さんという素晴らしい飲み手の皆様にくわえ、案内役の末席をつとめさせていただいております。

ジャニーズの皆様が交代でMCをなさっているこの番組、今晩のMCはTOKIOの松岡昌宏さんでして、ゲストは石倉三郎さん、鈴木砂羽さん、そして博多大吉さんを京成線沿線の某店へご案内させていただきました!
いやあしかし、皆様のすてきなこと、すてきこと。
松岡さんのかっこよさっていったら……!酒を呑む姿を掛け軸にして眺めていたいですよ、もう。
石倉三郎さんの男のたたずまいと色気、鈴木砂羽さんの美しさに息を飲み、博多大吉さんの何気ない仕草と……もう案内役をおおせつかったはずが、小生絶好調に酩酊状態(相変わらず顔色には変化がないのですが、もうすっかりいい気持ちでふわふわふわりんこ状態)になっておりましたが、なんとか必死に意識をたもった次第です。とりあえず、ものすごく楽しそうな顔してうつっていると思います。どうぞご覧下さいませ!!!

ちなみに、今夜は世界卓球の中継があるので、それが長引くと放送時間が変更になることもあるみたいです。よろしくお願いいたします。

本日NHKラジオ第一『午後のまりやーじゅ』に出演させていただきます。
もちろんコの字酒場のことをおしゃべりさせていただきます、恐縮です。
時間は13時40分頃から、14時55分くらいまで、
生放送です。
山田まりやさん、風見しんごさん、そして道谷眞平アナウンサーという
おしゃべりの達人の皆さんに囲まれ、
不肖ジャンプ、力のかぎりコの字酒場愛を開陳してまいります。
あいにくの
荒天ですが、午後は晴れそうですし、
コの字酒場へ虹の橋がかかるようなお話ができたらなァ、などと思ったりしております。
ゆるゆるっとがむばります。
よかったら聞いてくださいませ。 
 

「東京」をテーマにしたハイパーローカルカルチャー誌
「TO magazine」
のウェブ版で連載はじまりました。オシャな雑誌です。
テーマは「副業メシ」です。
副業で美味しいものを提供している個人店を観察します。
写真にはあたくしもちらほらうつりこんでおります。
太っても奇麗なままと言われている小生の手もばっちり箸をにぎってます。
本業・副業ってなんんだろう、家族って、仕事ってなんてことも食べながら考える、そんな連載です。よかったら!! 
こちらからどうぞ!
TO magazine 副業メシ

 

ムックや雑誌を手にとってこんなに切なくなったのはひさしぶりです。日本のモダニズム建築を網羅している体裁ですが、
この本は、なにより失われつつあるオークラへの哀切きわまるラブレター。
30年前、僕が中学時代を過ごしたインドネシアのジョグジャカルタには、当時町一番のホテルがありました。すばらしい建築物であることは、中身空っぽの中学生にもつたわってきました。
何度目かに訪れた時、皿の裏にOkuraのプリントがあるのを知りました。戦後賠償で建てたホテルで、開業からしばらくは全面的にOkuraがバックアップしていた、と聞きました。今、そのホテルは経営も変わったようだし、大分建物にも手をくわえてしまったようですが、とりあえず、現存しているようです。簡単には壊さない、わけです。
さてさて、どうして、本家は失われてしまうのでしょうか。
某企業のCEOに話しを聞くために、朝食をご一緒した時、ロビーでレッチリのメンバーに偶然出くわし、もうCEOなんてどうでもいいから着いていきたい、と思ったのもオークラ。
背広を着て初めて自分のお金で呑んだ「ホテルのバー」(いつまでたってもホテルのバーってのは特別なところなんですよねえ)もオークラ。
なのに、どうしてだろう。
CASA BRUTUSのムック。『日本が世界に誇るモダニズム建築』。素晴らしい写真とテキストです。(あ、僕は全然かかわってない単なる読者です、念のため
(笑)。)
http://magazineworld.jp/books/paper/5028/ 

こんにちは、加藤ジャンプです。
告知です。
今発売中の週刊新潮で
白石新名義で
五島列島の小値賀島のことを特別読物として書きました。
いいところなんです、小値賀島。
よかったらお読みくださいませ。

 

パンツのストックがなくなってしまい、干してあるドーベルマンワイフのパンツを拝借しかけたライター加藤ジャンプです。

ひきつづきパンツです。
職質されて、うっかりノーパンだったりしたら言い逃れができなさそう…
それゆえノーパンは避けたい。
新調しようとAmazonで検索しました。パンツで検索したら32万件もヒット。
ページを繰っていると、どういう場面で使うのかわからないようなマニアックな商品が出てきました。
そこで検索ワードをトランクスに変更。
それでも2万件もヒットしました。
2万枚。トランクスの海で溺れそうです。どうせ溺れるならパンティーの濁流のほうがずっといい。
とにかくネット上は手に負えないほどパンツだらけなので、これはお店で買うほうがいいな、と 思ったのですが、ここでふと思う。
「世のアラフォー男性はどこでパンツを買っているのか?」 
 下着にこそお金をかけるのがオシャレ…みたいなことを仄聞したことがありますが、
よくわかりません。かの坂口安吾先生も見えない裏地にこだわるなんてバカだという旨のことを書かれています(ちょっとニュアンス違ってたかもしれませんが…)。

とりあえず、とスーパーの下着をあつかっている売り場へむかいました。
生まれてからずっと股間には天然素材でとおしてきました。執着しているのはそのくらいで、あとは安価かつ心地よければなおよし。
お買い得マークのついた一枚のパンツを手にとったのですが……
世界のどこかで誰かが搾取されている感じビンビン伝わってきてしまったのです。
だめだ。これ買うのやめようーー
下着売り場でパンツをにぎってサイコメトリー状態になっている私に、
「なにかお探しですか?」
と聞いてきた店員さん。ぼくは世界のことを考えていたんです。

 

20枚くらい持っていたパンツが一気に寿命をむかえてしまい、風呂上がりに当惑しているライターの加藤ジャンプです。

人生風通しよく、が僕の座右の銘ですから、はいているのはトランクスです。スースーしてないとダメです。ボクサータイプもためしたことがありますが、鏡に写った自分はガードルはいたおばちゃんにしか見えませんでした。万万が一、何かの時に、ベストの自分をプレゼンしたいので、やはりトランクスを常用しております。
トランクスというのは大雑把に言うと4つくらいのパーツでできてます。これが寿命をむかえると見事にパーツごとにバラバラになるのです。最初はスリットみたいに、横が裂けてきます。ミッキー・ロークがボクシングで着用して村上里佳子がきゃあきゃあ騒いでいたあのセクシートランクスみたいです。そのあとは、左右の尻パーツ、股間などの糸がほつれ、最終的には、アダモちゃんの腰蓑というか、鯉のぼりの吹き流しを着ているようなものです。この状態でズボンをはいたら、地肌がくっつきかねない、最早下着としての機能はほとんど放棄した状態です。
そんなことになる前に手を打てばいいんですが、寿命ギリギリのパンツの生地の風合い、みなさんは知ってますよね? それはガーゼを越えたシルキータッチ。一人の男の人生が生み出す究極の肌触り。なにものにも代え難い、極め付きの心地よさなのであります。ゆえに、暖簾みたいに成り下がるまで使いつづけてしまうのです。そんなところに暖簾を掛けておいても、
「まだ、やってる?」
なんて入ってくる人もいませんし、これは寿命と諦めて、新調しようとAmazonを見てたら、疲れてしまいこれを書いているわけです。
ちなみに、僕はエコおじちゃんなので、寿命をむかえたパンツで靴を磨いたら、ものすごく奇麗に仕上がりました。
 

いよいよ明日10日から集英社インターナショナルさんのHPで不肖ジャンプが原作を担当した漫画「今夜は『コの字』で」がはじまります〜。コの字酒場愛満載です。是非に!!http://shueisha-int.co.jp/konoji/index.htm

こんにちは、花粉症でマスクをかけるとオバチャンにしか見えないライター加藤ジャンプです。

花粉症にやられています。酒を飲むとさらに鼻水が出ます。「ナゼ鼻水が更に出るのに酒飲むの?」と聞かれることもありますが、花粉症の鼻水なんてなまじ止めようとしてもダメな気がします。私は鼻水を出し切って鼻水ダムを枯渇させるつもりで酒を呑んでますので、大丈夫です。

さて、春ははじまりの季節ですが、なんと私原作のマンガが3月10日からはじまります。 もちろんテーマはコの字酒場です。タイトルは『今夜は『コの字』で』。
描いてくださるのは土山しげる先生です。幸せです。集英社インターナショナルさんのHPで月1の連載です。

登場するコの字酒場は拙著『コの字酒場はワンダーランド』に登場した神楽坂のしょうちゃんです。どうか皆様、ぜひぜひぜひ!!!!

 

↑このページのトップヘ