加藤ジャンプの徒然ジャンプ(白石新もよろしくおねがいします)

ライター・加藤ジャンプと白石新の日記 〜コの字酒場探検家、ポテトサラダ探求家、09年からお客さん参加型『即興小説』やっています。 kato_jump115@ybb.ne.jp

ごくごく最近の加藤ジャンプ:
*ウェブ漫画「今夜は『コの字』で」を集英社インターナショナルHPで連載中(原作担当)http://www.shueisha-int.co.jp/
*dancyu中華特集で『味坊』さんのことを書きました。
*新潮社「考える人」で折り紙サークルについて書きました。数学の話デス。
*ALBAのノンフィクション、町工場で復活した伝説のクラブ屋について書いてます
*ALBAのノンフィクション、障害者ゴルフについて書いてます
*すみだ水族館「夜のスズムシ〜すみだ虫聴き〜」クリエイティブやりました。
*文化放送”くにまるジャパン”でコの字酒場のことをおしゃべりしました!
*すみだ水族館イベント「ウミガメQ」企画クリエイティブやってます。
*J-WAVE "GOLD RUSH"でコの字酒場のことをお話させていただきました!
*Free & Easy 7月号でもてなし料理を作ってます。パエリアとパスタ。そのレシピと使った調理器具が渋谷の東急ハンズでコーナー展開中です。
*dancyu7月号「記憶に残る名居酒屋」でコの字酒場の三四郎を紹介させていただきました。
*週刊現代5/11・18ゴールデンウィーク合併号『竹中直人さんインタビュー』素敵。この一言につきます。
*アルバ4月11日号『地図に載っていないゴルフ場 〜五島列島・小値賀島、浜崎鼻ゴルフ場の人々〜』
 五島列島にある島に島民自らが作ったゴルフ場があります。それはただのゴルフ場ではありません。自立のシンボルなんです。
*すみだ水族館 「すみだ水族館があなたの夢をかなえます〜ペンギン研究員〜』クリエイティブをやらせていただいてます。
*dancyu『日本一のレシピ』〜最強のポテトサラダを作る〜再掲載 見逃した方、ぜひ。むせかえるポテトサラダ実験の涙のレポートです
*Free & Easy 6月号 男のもてなし三ツ星料理 もてなし料理3品、作ってスタイリングして書きました。

テレビ東京『イチゲンさん』出演します〜

大変、ひさかたぶりの更新で恐縮です……
さてさて、
今晩、9時58分から放送のテレビ東京『イチゲンさん』にて、はんつ遠藤さん倉嶋紀和子さんという素晴らしい飲み手の皆様にくわえ、案内役の末席をつとめさせていただいております。

ジャニーズの皆様が交代でMCをなさっているこの番組、今晩のMCはTOKIOの松岡昌宏さんでして、ゲストは石倉三郎さん、鈴木砂羽さん、そして博多大吉さんを京成線沿線の某店へご案内させていただきました!
いやあしかし、皆様のすてきなこと、すてきこと。
松岡さんのかっこよさっていったら……!酒を呑む姿を掛け軸にして眺めていたいですよ、もう。
石倉三郎さんの男のたたずまいと色気、鈴木砂羽さんの美しさに息を飲み、博多大吉さんの何気ない仕草と……もう案内役をおおせつかったはずが、小生絶好調に酩酊状態(相変わらず顔色には変化がないのですが、もうすっかりいい気持ちでふわふわふわりんこ状態)になっておりましたが、なんとか必死に意識をたもった次第です。とりあえず、ものすごく楽しそうな顔してうつっていると思います。どうぞご覧下さいませ!!!

ちなみに、今夜は世界卓球の中継があるので、それが長引くと放送時間が変更になることもあるみたいです。よろしくお願いいたします。

本日NHKラジオ第一『午後のまりやーじゅ』出演

本日NHKラジオ第一『午後のまりやーじゅ』に出演させていただきます。
もちろんコの字酒場のことをおしゃべりさせていただきます、恐縮です。
時間は13時40分頃から、14時55分くらいまで、
生放送です。
山田まりやさん、風見しんごさん、そして道谷眞平アナウンサーという
おしゃべりの達人の皆さんに囲まれ、
不肖ジャンプ、力のかぎりコの字酒場愛を開陳してまいります。
あいにくの
荒天ですが、午後は晴れそうですし、
コの字酒場へ虹の橋がかかるようなお話ができたらなァ、などと思ったりしております。
ゆるゆるっとがむばります。
よかったら聞いてくださいませ。 
 

副業メシ 連載はじまりました

「東京」をテーマにしたハイパーローカルカルチャー誌
「TO magazine」
のウェブ版で連載はじまりました。オシャな雑誌です。
テーマは「副業メシ」です。
副業で美味しいものを提供している個人店を観察します。
写真にはあたくしもちらほらうつりこんでおります。
太っても奇麗なままと言われている小生の手もばっちり箸をにぎってます。
本業・副業ってなんんだろう、家族って、仕事ってなんてことも食べながら考える、そんな連載です。よかったら!! 
こちらからどうぞ!
TO magazine 副業メシ

 

オークラのこと〜CASA BRUTUSのムック『日本が世界に誇るモダニズム建築』〜

ムックや雑誌を手にとってこんなに切なくなったのはひさしぶりです。日本のモダニズム建築を網羅している体裁ですが、
この本は、なにより失われつつあるオークラへの哀切きわまるラブレター。
30年前、僕が中学時代を過ごしたインドネシアのジョグジャカルタには、当時町一番のホテルがありました。すばらしい建築物であることは、中身空っぽの中学生にもつたわってきました。
何度目かに訪れた時、皿の裏にOkuraのプリントがあるのを知りました。戦後賠償で建てたホテルで、開業からしばらくは全面的にOkuraがバックアップしていた、と聞きました。今、そのホテルは経営も変わったようだし、大分建物にも手をくわえてしまったようですが、とりあえず、現存しているようです。簡単には壊さない、わけです。
さてさて、どうして、本家は失われてしまうのでしょうか。
某企業のCEOに話しを聞くために、朝食をご一緒した時、ロビーでレッチリのメンバーに偶然出くわし、もうCEOなんてどうでもいいから着いていきたい、と思ったのもオークラ。
背広を着て初めて自分のお金で呑んだ「ホテルのバー」(いつまでたってもホテルのバーってのは特別なところなんですよねえ)もオークラ。
なのに、どうしてだろう。
CASA BRUTUSのムック。『日本が世界に誇るモダニズム建築』。素晴らしい写真とテキストです。(あ、僕は全然かかわってない単なる読者です、念のため
(笑)。)
http://magazineworld.jp/books/paper/5028/ 

告知 週刊新潮「小値賀島」

こんにちは、加藤ジャンプです。
告知です。
今発売中の週刊新潮で
白石新名義で
五島列島の小値賀島のことを特別読物として書きました。
いいところなんです、小値賀島。
よかったらお読みくださいませ。

 

パンツ漂流

パンツのストックがなくなってしまい、干してあるドーベルマンワイフのパンツを拝借しかけたライター加藤ジャンプです。

ひきつづきパンツです。
職質されて、うっかりノーパンだったりしたら言い逃れができなさそう…
それゆえノーパンは避けたい。
新調しようとAmazonで検索しました。パンツで検索したら32万件もヒット。
ページを繰っていると、どういう場面で使うのかわからないようなマニアックな商品が出てきました。
そこで検索ワードをトランクスに変更。
それでも2万件もヒットしました。
2万枚。トランクスの海で溺れそうです。どうせ溺れるならパンティーの濁流のほうがずっといい。
とにかくネット上は手に負えないほどパンツだらけなので、これはお店で買うほうがいいな、と 思ったのですが、ここでふと思う。
「世のアラフォー男性はどこでパンツを買っているのか?」 
 下着にこそお金をかけるのがオシャレ…みたいなことを仄聞したことがありますが、
よくわかりません。かの坂口安吾先生も見えない裏地にこだわるなんてバカだという旨のことを書かれています(ちょっとニュアンス違ってたかもしれませんが…)。

とりあえず、とスーパーの下着をあつかっている売り場へむかいました。
生まれてからずっと股間には天然素材でとおしてきました。執着しているのはそのくらいで、あとは安価かつ心地よければなおよし。
お買い得マークのついた一枚のパンツを手にとったのですが……
世界のどこかで誰かが搾取されている感じビンビン伝わってきてしまったのです。
だめだ。これ買うのやめようーー
下着売り場でパンツをにぎってサイコメトリー状態になっている私に、
「なにかお探しですか?」
と聞いてきた店員さん。ぼくは世界のことを考えていたんです。

 

パンツ崩壊

20枚くらい持っていたパンツが一気に寿命をむかえてしまい、風呂上がりに当惑しているライターの加藤ジャンプです。

人生風通しよく、が僕の座右の銘ですから、はいているのはトランクスです。スースーしてないとダメです。ボクサータイプもためしたことがありますが、鏡に写った自分はガードルはいたおばちゃんにしか見えませんでした。万万が一、何かの時に、ベストの自分をプレゼンしたいので、やはりトランクスを常用しております。
トランクスというのは大雑把に言うと4つくらいのパーツでできてます。これが寿命をむかえると見事にパーツごとにバラバラになるのです。最初はスリットみたいに、横が裂けてきます。ミッキー・ロークがボクシングで着用して村上里佳子がきゃあきゃあ騒いでいたあのセクシートランクスみたいです。そのあとは、左右の尻パーツ、股間などの糸がほつれ、最終的には、アダモちゃんの腰蓑というか、鯉のぼりの吹き流しを着ているようなものです。この状態でズボンをはいたら、地肌がくっつきかねない、最早下着としての機能はほとんど放棄した状態です。
そんなことになる前に手を打てばいいんですが、寿命ギリギリのパンツの生地の風合い、みなさんは知ってますよね? それはガーゼを越えたシルキータッチ。一人の男の人生が生み出す究極の肌触り。なにものにも代え難い、極め付きの心地よさなのであります。ゆえに、暖簾みたいに成り下がるまで使いつづけてしまうのです。そんなところに暖簾を掛けておいても、
「まだ、やってる?」
なんて入ってくる人もいませんし、これは寿命と諦めて、新調しようとAmazonを見てたら、疲れてしまいこれを書いているわけです。
ちなみに、僕はエコおじちゃんなので、寿命をむかえたパンツで靴を磨いたら、ものすごく奇麗に仕上がりました。
 

明日から

いよいよ明日10日から集英社インターナショナルさんのHPで不肖ジャンプが原作を担当した漫画「今夜は『コの字』で」がはじまります〜。コの字酒場愛満載です。是非に!!http://shueisha-int.co.jp/konoji/index.htm

マンガはじめます

こんにちは、花粉症でマスクをかけるとオバチャンにしか見えないライター加藤ジャンプです。

花粉症にやられています。酒を飲むとさらに鼻水が出ます。「ナゼ鼻水が更に出るのに酒飲むの?」と聞かれることもありますが、花粉症の鼻水なんてなまじ止めようとしてもダメな気がします。私は鼻水を出し切って鼻水ダムを枯渇させるつもりで酒を呑んでますので、大丈夫です。

さて、春ははじまりの季節ですが、なんと私原作のマンガが3月10日からはじまります。 もちろんテーマはコの字酒場です。タイトルは『今夜は『コの字』で』。
描いてくださるのは土山しげる先生です。幸せです。集英社インターナショナルさんのHPで月1の連載です。

登場するコの字酒場は拙著『コの字酒場はワンダーランド』に登場した神楽坂のしょうちゃんです。どうか皆様、ぜひぜひぜひ!!!!

 

週刊新潮

おつかれさまです。
加藤ジャンプじゃなく白石新です。
今出ている
週刊新潮の『ゴルフ場2015年問題』を書きました。
ゴルフ場ってゴルフをやらない人にも意外なメリットがあるんです……

http://www.shinchosha.co.jp/shukanshincho/newest/

マニア☆まにある

おはようございます。
土曜日の23時にBS日テレさんの
『中川翔子のマニア☆マニアル』
という番組に出させて頂きました。
中川翔子さんと乾杯させていただけたこと
一生忘れません。お美しゅうございました。

そしてご覧頂いたみなさまありがとうございました。

http://www.bs4.jp/manimani/onair/48.html

いやはや、自分が酒を飲む姿を画面で見るのってものすごく緊張しますね。
一方、番組内でしばしば写る私の背中の緊張感のなさ……小生の人生の軽さを感じた次第です。
それにしてもテレビは素敵です。
Amazonのランキングで拙著が
一晩で 45万位くらいアップしておりました。
地核から一気にチョモランマの麓あたりまで飛び出した気分です。
さて、今夜もコの字酒場へまいります。
錦糸町あたり、いっちゃおうかな〜 

キラキラネーム

先週書いたキラキラネームの記事、こちらで紹介されていますです。http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article…

週刊新潮の白石新

本名で書きました。キラキラネームについての読み物です。ノンフィクションライター白石新です。http://www.shinchosha.co.jp/shukanshincho/

手帳新調

こんにちは、今日も見た目主婦のライター加藤ジャンプです。

今年の手帳がとどきました。「渋いね能率手帳」と言われそうな地味な見た目ですが、 エゲレスからはるばるやってくるこの手帳、10数年これです。忘れてしまいたい数年分をのぞいて保管してあります。といっても恥ずかしいので読み返しません。
この手帳、見開き一周間タイプで日付は今年の11月24日からはいっています。 
というわけで今日から使用開始です。去年の手帳にすでに書き込んだ年末の予定を書き写します……と思ったら、大して書き写すことありませんでした。あんまり家に居過ぎて見た目無職が固定化すると困ります。どうかみなさん是非是非かまってください。 

image


さて、ここ何ヶ月か、この手帳に「歩」というマークが書き込まれています。「詰め将棋をした日マーク」ではありません。詰め将棋好きですけど。ウォーキングをした、の意味です。今日も「歩」マークを書き入れるべく朝から河原を歩いていました。すると携帯がぶるぶる。早朝からいいお知らせかしらと胸躍らせると、
『目覚ましが鳴りっ放しだ、コレどうやって止めるのだ?』
旨のドーベルマンワイフからの叱咤メールでした。
今日はマッサージとかケーキとかサービスすることにします。勤労感謝の日ですし。

ではよい休日を。 

初体験

こんにちは、見た目不審者ですが今まで一度も職質をうけたことは無いライター・加藤ジャンプです。

近所の河原の木が大変なことになっていました。
ゴミ袋だらけじゃないか、人間は最低だ、と憤慨していたところ、

写真

よく見たらサギの群れでした。
6、7年前、世田谷は代沢の緑道で花見をしていました。高野豆腐を弁当箱からつまみあげたと同時に一羽のシラサギが一メートルくらい離れたところに舞い降りました。舞い散る桜のなかにシラサギ一羽。すてきと思った瞬間、シラサギが大量にうんちをしました。ここ数年、私のなかのシラサギのイメージはこのシーンで固定されていました。 今日さらにゴミ袋のイメージも追加されました。

さて、昨晩ですが風邪をひいた息子と妻を残して赤羽に飲みに行っていました。こう書くと完全に人でなしの所業ですが、仕事でした。生まれてはじめて「ガイド」をやりました。旅サイトが「その道のエキスパートがガイドをする」というツアーをはじめるというのにのっかったわけです。私の場合、その道はコの字酒場なわけです。そこで参加者の皆さんをお連れしたのは赤羽のダブルコの字カウンターの名店まるます家さん。ひとしきり熱弁をふるったんですが、後半は
「その帽子どこで買ったんですか」
「『コの字酒場はワンダーランド』は初版何部刷ったんですか」
「その時計はいつごろのものですか」
などコの字酒場とはまったく関係のない質問が明後日方向から矢継ぎ早に飛んで来たりして、芸人さん気分で冷や汗かきながら過ごしました。得難い経験でありました。

さてお仕事にもどりましょう 

ごめんね青春!

こんにちは、今日も見た目無職のライター加藤ジャンプです。

散歩中近所でこんな看板を見つけました。
写真

こんなにまで市民生活に食い込む役所の仕事ぶりにまず仰天しました。が、なにより私はすきあらばウケたいタイプなので、この看板を見て、かえって落ち葉の上を歩いてスベる誘惑にかられてしまいました。秋はバナナの皮じゃなく落ち葉が狙い目ですね。

散歩して机に戻るなりネットサーフィンしてしまいました。
『ごめんね青春!』というドラマ内の台詞が話題になってますね。
「それは無理。あたし堀越だから」と登場人物の一人が言って勉強を教えることを断るというくだりです。DVD化する際は、
「あたしクロマティ高校だから」なんて吹き替えるんでしょうか。わくわくします。

さてお仕事にもどりましょう。 

VERY

こんにちは、今日も見た目無職のライター・加藤ジャンプです。

さっきフツーに地声でこどもと話していたら周囲から
「しむけんの声っぽい」
と言われました。できれば懐もしむけんさんにあやかりたい。

その後、喫茶店で女性誌を読みました。
VERYという雑誌です。いつも新鮮な驚きをあたえてくれるので隅々まで愛読しています。今月のラインナップも興奮しました。

まずはこのページ。
写真

パイタン持ち歩いているなんて素敵、と思ってしまいました。
そしてほかにも……
”ママのための知的セクシー指南”は、
お家でもエロくなろうというガイド。「高い所にあるモノを取ろうとしたヨメのしまった尻がセクシーだと思いました」みたいなダンナのコメントがありました。なんか中学生が若い女性教師に欲情するような初々しさ。たまりません。
”タワママには必要だった「夜のおうち社交服」”
というのにも心底仰天しました。タワーマンション暮らしのママ達は、夜な夜なお部屋に集まるんだそうです。その時に着るのが「夜のおうち社交服」で、要するにパジャマなのです。パジャマってことはノーブラなのか? そんなことが気になりました。
さてお仕事にもどりましょう。

 

もう空か…

image

早くコレの時間来ないかな

まだ朝5時ですが…
image

モノ好きの観察(1) 種子鋏

写真
 はじめて鋏を使ったのは、果たしていくつの時だったのか、記憶がない。幼稚園も保育園も通わされなかったので、いちばん古い工作の記憶といったら、小学館の学習雑誌の付録を家のコタツで作ったことかもしれない。『よいこ』という雑誌の付録だったのではないだろうか。それから、テレビで5つの乗り物が合体するアニメを見て、欲しくなって、ボール紙でそれを模したものを作った記憶もある。

「上手だねえ」

 と亡父から褒められたが、アレは今思うと、高価な超合金というダイキャスト製の玩具は買ってあげないよ、というメッセージだったのではないだろうか。

 うまれて初めて紙でフィギュアをフルスクラッチしたわけだが、その時に使った鋏が、最も古い鋏の記憶である。それが大正十五年生まれの父親が若い頃から使っていたという博多鋏で、持ち手のところが子どもには明らかに大き過ぎた。もう少し小さいのを所望したら、

「これが一番切れるんだ」

 と一蹴された。今思い返すと、いかにも鍛冶屋がトンカチで叩いて作った感じがする鋏だった。それにしても、この鋏が実に使いにくかった。それで思い出すことが一つ。キングカズだ。

 サッカーの三浦知良のシザーズ・フェイントという技は、ボールの位置はそのままに、両足を交互に跨いで相手を幻惑するものだ。すなわち両の足を鋏の刃に見立てている。これをやるには、O脚がいいそうで、実際キングカズの脚はO脚なんだ、といつか解説しているものを読んだ。シザーズは英語でscissorsだが、これは普通の鋏のことである。日本語なら、鋏の格好の刃物はなんでも鋏だが、英語は違ってsnipsとかshearsと分類されている。後者は刃が全体に小さいもので、ケーブル切り用の鋏などがそれだ。だからといって、カズの妙技をスニップス・フェイントなどと呼ぶことはない。スニップスでは短足過ぎてあんな技は不可能である。

 さて、このシザーズフェイントと同じ現象が、父から与えられた鋏を使うと発生した。鋏の真ん中、二つの部品を留めるかしめの部分がゆるんでいて、すかすかなのである。紙を切ろうにも二枚の刃が紙を跨いでしまって切れない。父にいうと

「馬鹿と鋏は使いようなんだ」

 と無茶なことを言われた気がする。まったくスパルタなところのない父であったが、こういう時はいい加減で、結果的に随分なしごきである。

 さて、それでもまあ、なんとか工作をしてきたが、小学校に入ったら、お道具箱というのが用意されていて、指を入れるところが黄色のプラスチックでできてる鋏を与えられた。刃先が丸くなっている学童用というやつで、ずっと使っていたが、いつの間にかなくなった。

 それから何丁も使ってきたが、どれもしっくりこない。それで例の博多鋏が妙に懐かしくなり買おうと思ったら、なかなか見当たらない。むきになって、鋏の本なんかを買ったら博多鋏にそっくりなのがある。種子島の鋏がそれだった。

 親父が博多鋏を使っていたなら、私は種子島を使ってやろう。人と違うものを使いたがる性分なのである。

 そもそも日本に昔からあった鋏は、和鋏とか握り鋏と呼ばれる、全体が一つの鉄の板でできた指を入れる環の無いものであった。裁縫箱に入っている糸切り鋏のカタチである。鋏の歴史としては、こっちが古く、紀元前1000年頃にギリシャでできたものが発掘されている。これが六世紀頃渡来した。舌切り雀の因業ババアが雀を虐待したのも、あの二枚の刃がバネ状につながってトングみたいな構造のあれだ。けれども太宰治の「お伽草紙」の舌切り雀は舌を引っこ抜いただけなので、鋏は使っていない。

 一方で、刃と指環が一つの部品になって、それを一カ所で留める格好の鋏は中国を通じて、西洋から伝わった。だからかつて鋏とはもっぱら裁縫箱のアレで、指環のあるものは唐鋏と呼ばれていたのである。その唐鋏の元祖が博多鋏である。

 十六世紀に鉄砲が伝わったのが種子島で、これがやがて彼の地での鋏の製造につながる。さんざん鉄砲や刀を作らせていたのに、明治になったら御法度になった。それで職人たちは鋏や包丁作りに専念した。それが種子鋏で、今でも製造がつづいている。ロケット打ち上げの傍らで、鋏が人の手で作られているのである。

 それで種子島にある池波製作所という会社に連絡をして送ってもらった。これが、まさしく鉄の塊のような鋏で、博多鋏より無骨でエッジが角ばっている。特筆すべきは指環の先がくるっと丸くなっているところである。ミナジリと呼ばれるもので、アールヌーボーっぽい意匠だ。それと知らぬ人が見たら西洋の特殊な鋏のようにも見える。実際に切ってみると、これがまあよく切れる。ところが、最近は工作もしないし、封書もほとんどもらわないので、鋏の出番が激減している。ただ、あまりに美しいので、これまで引き出しにしまい込むものと思っていた鋏を、焼き物の筆立てに突っ込んで机上に出しっ放しにしている。見るたびに、ちょっと緊張感をおぼえるのは、刃物の存在感ゆえか、あるいはあの博多鋏を無理矢理使わせた父親を思い出すから、なのかもしれない。

  • ライブドアブログ